ニーズの意味とは?潜在・顕在ニーズについても解説!

ニーズの意味とは

ニーズの意味とは

ニーズ」とは、マーケティングの場面などで使用されることが多い単語ですが、辞書を引くと以下の意味が記載されています。

ニーズ【Needs】

必要。要求。「消費者−にこたえる」

ニーズとは、マーケティングの場面でよく使用される単語ですがその意味としては、辞書で使用される意味と同様の意味として使用されます。具体的には、商品やサービスに対して顧客が何かを必要としている欲求を指します。

しかし、必要や要求とは何が必要と要求とされているのでしょうか?ニーズの意味を理解した上で使い方も理解しましょう。

ニーズの使い方

ニーズの使い方

ニーズの使い方について具体例を交えて紹介、解説します。例えば以下のような例文があります。

ニーズを使った例文

  • 新規商品はニーズがあるのか
  • 消費者ニーズを満たす新商品を作ろう
  • 顧客ニーズをリスト化しよう
  • 会話から潜在ニーズを掘り起こす

ニーズを使った例文は上記の他にもたくさんありますが、意味をはっきりと理解することで自分自身のシュチュエーションに当てはめることで正しい使い方で使うことができるでしょう。

ニーズの種類

ニーズの意味は「必要・要求」の意味があることは上記で紹介しましたが、ニーズにも種類があること解説します。その種類とは、顕在ニーズと、潜在ニーズです。

ニーズの種類

今回は、育毛剤を例にとり解説します。育毛剤を購入する人の目的は「髪の毛を増やしたい」という自覚している目的があります。それにより商品の購入にまで至ります。この自分で自覚している目的のことを顕在ニーズといいます。

しかし、自分では自覚していないところでは、「モテたい」や「外見に自信を持ちたい」、「やる気をあげる」、「他人の目を気にしたくない」などの購入理由が存在するかもしれません。自覚していないニーズのことを潜在ニーズといいます。

顕在ニーズと、潜在ニーズを分別ししっかりと把握することで企業側はターゲット層を増やせるだけではなく次のアイディアにも繋がる可能性が広がるでしょう。

ニーズの類義語と対義語

ニーズの対義語は「シーズ」で、類義語は「ウォンツ」です。対義語に当たるシーズとは、まだ世に出ていないビジネスとなる可能性のある技術やサービス、商品のことを指します。また、ウォンツとは、消費者が具体的に欲しているサービスや商品を指します。

本質的なニーズを把握する

本質的なニーズを把握する

起業や独立を目指す人にとって顕在・潜在ニーズを把握することは極めて重要であるといえます。本質的なニーズを知ることで展開するサービスや商品の顧客ターゲットを広げるだけではなく、満足度も上げることができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!