「ドミナント戦略」の意味とは?例を交えて解説!

ドミナント戦略とは

ドミナント戦略とは

ドミナント戦略の意味を把握する前に「ドミナント」とはどのような意味であるかを理解しましょう。

ドミナント【dominant】

①最も優勢なもの。支配的なもの。

②⇒属音

出典:大辞林 第三版

コトバンク-ドミナントとは

ドミナント戦略で使われている意味としては①に当たる意味が使われています。地域をある程度の範囲に絞り地域に集中して店舗を出店することで競合である他企業の店舗との差をつけることができ、顧客の獲得に繋がることを目的としているのがドミナント戦略と呼びます。

ドミナント戦略のメリット

メリットとしては、以下の2つをあげることができます。

1.競合との間に大きな差をつけることが可能である

2.物流コストや広告宣伝費を抑えることが可能

1のメリットはとても大きなメリットであるといえます。地域内で店舗ブランドの知名度が上がることで競合との差をつけることができ、顧客の流入を見込むことができない新規参入企業に参入障壁を構築することも可能となります。

2のメリットはある一定地域に複数店舗を出店しているために商品や必要用品を運送する物流コストを抑えることが可能となります。また、地域に複数店舗を持つために自然に何度もターゲット層は目に入るために自然とドミナント出店を行うこと自体が広告宣伝を行うことと同意であるために広告宣伝費を抑えることも可能となります。

ドミナント戦略のデメリット

デメリットとしては、ある一定地域に複数店舗を出店するために地域の環境変化を受けやすいデメリットがあります。自然災害や人為的な環境変化があった際に来店する人数は減少し、被害を受けやすいデメリットがあります。

資本のある大手が参入してきた場合にターゲット層が大手の店舗に分散してしまいダメージを受けやすいデメリットも挙げることができます。

ドミナント戦略の実践例

ドミナント戦略を理解した上で実際にどのような実践例が存在するのかここでは、「セブンイレブン」と「ラッキーピエロ」を例にとり紹介、解説します。

セブンイレブンの場合

セブンイレブン
出典:出店の考え方-セブン-イレブン

セブンイレブンがドミナント戦略を行っていることは有名ですが、実際に地域のニーズに応える形で店舗を出店することで高い集客力を得ています。また、セブンイレブンというネームバリューがあるコンビニエンスストアがドミナント戦略を行うことで高いプロモーション効果も期待することができます。

ラッキーピエロの場合

ラッキーピエロとは、北海道函館市で展開するハンバーガーチェーン店です。函館にあるハンバーガーチェーンで競合を抑えドミナント戦略を成功させ函館で確立した位置を獲得しています。

ラッキーピエロは他と差をつけるためにドミナント戦略だけではなく、オリジナル商品を作成し店舗販売、ネット販売を行うことで販売経路を増やし、ターゲットそうを北海道内だけではなく、全国に広げた30年という歴史を持つドミナント戦略の成功例として挙げることができます。

まとめ

ドミナント戦略の意味とは

ドミナント戦略は、根本的な意味を理解しているだけではなく実際の企業が成功している実践例を交じえて理解することでより理解を深めることができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!