「ロット」の意味とは?生産管理において必須な知識!

ロットとは

ロットの意味とは、辞書で引くといかのような意味として意味されています。

ロット【lot】

  1. 生産の単位としての、同一種類の製品の集まり。「生産一二万台」
  2. 土地の一区画。

出典:大辞林 第三版画

コトバンク-ロットとは

ロットとは、製造業で頻繁に使われる単語です。1つの商品を製造し販売するとなると、利益が少ないだけでなく、マイナスも出てくる可能性があるので同じ商品を大量に製造します。

その際に、各企業ごとに需要と供給のバランスを保つためには、商品をどの程度生産すると利益を出すことができるかを考えます。

その際に「利益が出る生産・出荷個数の最小の単位」の決定をします。このことを「ロット」と言います。製造業は、ロットの管理を行うことで製品に対しての損得を把握するだけではなく、製造した製品の管理も行うことができます。

ロットの使い方

ロットをビジネスシーンで使うには、多くの場合にロットの前後に単語をつけた言葉として使います。ここでは、ロットの使い方を説明します。

製造ロットとしての使い方

製造ロットとは、「同一の条件の元から製造された製品」を意味する言葉です。

例を出すと、上記の図のようなタイヤの生産工場がありタイヤの材料は同一ですが、機械A、機械Bを通すことでタイヤを機械Aから製造された「Aという製造ロットのタイヤ」、機械Bから製造された「Bという製造ロットのタイヤ」と区別することで管理がしやすくなります。

ロット番号としての使い方

ロット番号とは、「生産ごとに各製品につけられる製品を特定するための番号を指す言葉です。ロット番号を設定することで製品の管理を効率化することが可能となります。

ロット管理としての使い方

ロット管理とは、「同一の条件の元から製造された製品の管理」を意味する言葉です。製造業では、多くの製品を扱うために製品を管理する必要があります。ロット番号や、製造ロットなどをつけ管理することを指します。

購入ロットとしての使い方

購入ロットとは、「取引先に販売する際に指定する販売数」のことを指す言葉です。製造ロットは生産に関することであるために、製造側が決定するロットでしたが購入ロットは、取引先と製造側が交渉をして決めることもあります。

最小ロットとしての使い方

最小ロットとは、言葉の通り「製造販売する際の最小の個数」のことを指します。取引先との取引の際に製品Aを100個納品することで利益が生まれる時、最小ロットは100個となります。

しかし、取引先が購入価格をあげることで最小ロットよりも少ない個数で利益が生まれることなるために、製造側が決める場合もあれば取り式先との交渉の末に決める場合もあります。

ロット管理・番号の必要性

ロット管理やロット番号の必要性はいくつもの理由から必要とされていますが、1つの理由として不良品が出た場合にロット管理をしていると把握できるとともにロット番号を設定していることにより回収が行いやすいメリットがあります。

また、製品が食料品や飲料である場合には、不良品の可能性のある製品まで回収することも珍しくありません。

各ロットの意味を理解しよう

「ロット」は製造業において頻繁に使用する言葉です。ロットは取引先との交渉の際にも使用するのでしっかりと意味を理解した上で使用しましょう。また、各ロットの意味を理解し使用することでロット管理を行いやすく業務の効率化をさらに行いやすくなるでしょう。

最新情報をチェックしよう!