「ローンチ」の意味とは?|リリースとの違いは?

ローンチとは

ローンチについての理解を深めることで、社会人になった際に「ローンチ」という単語を聞いても疑問を持たずに会話を理解することができるなど、社会人にとって必要な知識であるといえるでしょう。

ローンチとはビジネス用語として使用されることが多くあります。ここではローンチの意味について紹介します。「ローンチ」とは日本語の意味として「新しいモノを世にだす」という意味として捉えておきましょう。新しいモノとは時には商品である場合、サービス、製品である場合もあります。ローンチの例文を見ることで使い方についても理解を深めましょう。

ローンチの例文

ローンチの例文

ここでは、ローンチの例文について紹介します。ローンチの意味については、上記で説明した通りです。

新しいサービスをローンチする

「新しいサービスをローンチする」は、「新しいサービスを世に出す」と捉えることができます。もう少し分かりやすく書き換えるならば、「新しいサービスを発表した」などと言い換えることができるでしょう。

「ローンチ」についての根本的に理解していれば、どのような文章でもローンチが使われていれば理解することは容易であるといえるでしょう。

IT業界での意味

ベンチャー企業などの企業で多く使われる「ローンチ」ですが、新しいサービスを作り出すIT業界ではより多く使用する頻度は高いといえるでしょう。

また、意味としてはIT業界であれどのような業界であれ同じ意味として使われるといえるでしょう。

ローンチの語源

ローンチは、英語表記で「launch(ラーンチ)」と書きます。英語での”launch”とはロケットが発射されるなどの「発射、打ち上げる」や「発進」、「立ち上げる」、「送り出す」などの意味を含んでいます。

その中でも「立ち上げる」や「送り出す」の意味をピックアップしローンチと日本語のカタカナに単語を変化させIT業界をはじめとするビジネスシーンで使用されるようになりました。

リリースとの違い

リリースはアーティストが新しい新曲を発表する時など「新曲をリリースする」のような使い方をします。ローンチとリリースは同じ意味として使用されることが多く特別違った意味はありません。

企業などでは「ローンチ」を使うことが多く、アーティストなど音楽関係では「リリース」を使うことが多いとだけ把握しておきましょう。企業によってはリリースを使用することもありますがローンチと同意であるので困惑する必要はないといえます。

ローンチの対義語

ローンチの対義語としては、「非公開」を挙げることができるでしょう。またカタカナでの対義語では、「終了する」や「閉ざす」などの意味がある「クローズ」が該当するといえるでしょう。

ローンチを使用した用語

ローンチを使用した用語

ローンチの意味を理解した上で「ローンチ」を用いた用語についてここでは紹介します。ビジネスシーンやニュース、新聞などで出てくる用語であるために意味を理解しておきましょう。

プロダクトローンチ

プロダクトローンチとは、商品の販売前からプロモーションを大きく行い見込み客を集客することで発売時に売り上げを大きくする方法です。

ローンチと直接的に関係がある用語としてプロダクトローンチがあるために、意味を理解しておくと良いといえます。

ローンチパーティー

ローンチパーティーとは、ローンチの意味をそのまま使用し「ローンチしたお祝いのパーティー」のことを指します。ローンチパーティーには、お祝いだけではなくローンチした新製品や新サービスのプロモーションも兼ねていることを把握しておきましょう。

ローンチパッド

ローンチパッドとは、MacOSXLionの機能です。8×8のパッドが配置しており、主に音楽の作成やミックスを行うことができるモノです。

ローンチ自体の意味としてはあまり関係がありませんが、ローンチを使用している用語として理解しておきましょう。

ローンチの用語についても理解しよう

ローンチの用語についても理解しよう

ローンチの意味を理解することで単語や使い方だけではなく、ローンチを用いた用語についても理解を深めることが可能となるでしょう。

起業や独立をする人にとっては使用するときがくる単語「ローンチ」の意味を理解し、起業や独立で新サービス・商品を発表するときに「ローンチ」を使いましょう。

最新情報をチェックしよう!