「カニバリゼーション」の意味とは?対策法も合わせて紹介!

カニバリゼーションとは

カニバリゼーションとは

カニバリゼーションの単語の意味とは「共食い」と訳されます。市場内で同ブランド同士が競合として競争相手になることで効率が悪い経営状態である状態を指す言葉です。このような状態は意図していないカニバリゼーションであるために対策を取る必要があると言えるでしょう。

しかし、カニバリゼーションの中には戦略の一部としてあえて利用する例もあります。同ブランド内のリピート率をあげる戦略として利用される例です。この場合には、同ブランド内にユーザーが興味を絶えず持つような商品展開が必要となります。

カニバリゼーションの問題点と対策法

カニバリゼーションの問題点と対策法

前者のカニバリゼーションの状態では、多くの問題点があります。ここでは、意図していないカニバリゼーションの問題点について紹介します。

差別化の徹底

カニバリゼーションの問題点の1つとして同ブランド内で差別化を徹底できていないために意図せずカニバリゼーションが発生してしまうことがあります。

差別化の徹底ができていないために商品価値に偏りができユーザーを同ブランド内での循環をすることができず他のブランドへの流入を促進してしまう可能性が大きくなるでしょう。

対策法として、商品それぞれにターゲットの決定、市場調査を行うことで既存商品との差別化を図ることが対策法として挙げることができるでしょう。

そうすることで、ブランド内でユーザーを循環することが可能になり、他のブランドへの流入の可能性を低くすることができるといえるでしょう。

競合との競争優位性の低下

意図していないカニバリゼーションの状態になることで競合との競争優位性が低下する可能性があります。

カニバリゼーション状態になることで競合が自社内になり社内でのバランスを考える必要に労力を割く時間や費用がかさむことで本来の目的である他社競合との競争の目的を失う可能性があります。

対策法としては、自社内のカニバリゼーションが発生しているモノを見直すともに、社内の組織を見直す必要があるといえるでしょう。そのようにすることで意図していないカニバリゼーションの発生を抑えることができるといえるでしょう。

カニバリゼーションの事例

カニバリゼーションの事例

ここでは、戦略的にカニバリゼーションを発生させカニバリゼーションを優位的に働かせる事例について紹介します。

低価格なチキン料理を展開するA社は、店舗数を増やし「食べ放題形態で多くの学生などをターゲットとした店舗形態」、「居酒屋形態でつまみを中心としているバル形態」、「ランチなどの主婦層をターゲットに絞りヘルシー料理を中心としている店舗形態」の3種類の店舗形態を展開しています。

ターゲットを分けカニバリゼーションを行うことで同会社のブランド内で戦略的なカニバリゼーションを発生させることで自社の売り上げを維持することを可能にし、競合との差をつけることが可能となった例です。

ポイントとして、戦略的なカニバリゼーションだけではなく一定地域に集中出店させるドミナント戦略との併用があったからこその成功事例であるといえます。

ドミナント戦略との関係性

ドミナント戦略との関係性

カニバリゼーションとは、ある一定地域に集中的に資源を投じることで一定地域内での独占的なシェア率を獲得するドミナント戦略と関わりがあります。

ドミナント戦略をしているフランチャイズなどは、一定地域内に店舗を出店するためにカニバリゼーションが発生することが多くあります。そのためにドミナント戦略とカニバリゼーションは深い関係性にあるといえるでしょう。

意図していないカニバリゼーションを防ごう

意図していないカニバリゼーションを防ごう

カニバリゼーションは戦略的に発生させることで自社内に優位的に働かせることが可能となります。しかし、意図していないカニバリゼーションが発生している場合には注意が必要といえるでしょう。

意図していないカニバリゼーションがすでに発生している場合は、早急に対策法をとり改善するようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!