役職定年制度とは?知っておきべき情報を紹介!

役職定年とは

役職定年とは「企業に属している人が特定の年齢に達し、役職を退任する制度」のことを指します。企業によって役職定年制度を導入している企業とそうではない企業があります。

企業によって役職定年が開始される設定年齢が違います。多くの企業では、55〜60歳の間で役職定年を迎えることが多いと言えるでしょう。企業の中でも社員数の多い大企業が役職定年制度を導入している傾向にあるといえます。

また、役職定年後には現在の役職から外れるために給与面にも大きく関係してくると言えるでしょう。役職定年後の多くの場合は、給与が減額されるなどのデメリットがあります。

現在勤めている企業は役職定年制度を導入しているのか確認してみることで将来のキャリア形成にも関わるために確認してみると良いでしょう。

役職定年制度を導入する背景

役職定年を導入する背景としては、法律の「高齢者等の雇用の安定等に関する法律」に関しているために大きな要因ですが、その他にも企業ごとに狙いがあるでしょう。ここでは、役職定年を導入する企業の背景について紹介します。

組織の改革

役職定年制を導入することで役職を勤め上げる人員を変えることになります。そのために、組織の肥大化や組織の高齢化を防ぐことができるといえます。

また、組織の新陳代謝の促進も期待できるでしょう。次の世代にバトンを受け渡すことで今まで固定化された考えや行動など大た場合には新陳代謝を高めることができるでしょう。

しかし、バトンを受け取った人も組織の新陳代謝の促進を期待された当初の行動や考えを忘れずに行動することが重要であるといえます。

人件費の管理

日本企業の場合は年功序列の特徴がまだ根深くあります。年代が上の役職を勤めている人の賃金は高くなることになります。そこで役職定年制を導入することで企業にとっては、人件費管理の面からみるとメリットがあるために導入することもあります。

役職任期制との違い

役職定年制と似た言葉として、「役職任期制」という言葉があります。役職任期制とは、役職定年制のように特定の年齢に達したら役職を外れる制度ではなく、「元々定められた任期の中で役職を勤め上げる」制度のことを指します。

役職任期制を設けることにより、任期が訪れた際に社員の再任、昇進、降職などが決定されます。役職任期制にもメリット・デメリットがありますが、ここでは、役職定年制のメリット・デメリットについて紹介します。

役職定年制のメリットとデメリット

ここでは、役職定年制を導入する企業側ではなく役職定年制により役職から外れた人が役職定年を受けることによりどのようなメリットやデメリットを得ることになるのかを紹介します。

仕事に対する意欲がなくなる可能性

役職を外れることにより、無役の一般社員として働くことになった場合には、それまで抱えていた企業から大きな仕事を任せられている仕事に対するプレッシャーや責任があればあるほど一般社員としての意欲がなくなる可能性があります。

その他にも企業に対して役職を通し企業に貢献してきたと思うほど役職定年後の仕事に対する意欲は低下すると言えるでしょう。

仕事に対する意欲が低下するのは役職定年を受けた当人だけではなく企業にとってもデメリットであるといえます。

考え方を変えればメリットもある

役職定年によるデメリットは存在しますが、考え方を変えればメリットも得ることができます。役職定年により、新しい環境で仕事ができることは1つのメリットとして挙げることができるでしょう。

さらに1つのメリットとしては、今まで培ってきた知識やノウハウを他に活かすことでしょう。他の部署に移ることになれば他の部署でも活かすことのできる知識は少なからずあるでしょう。

また、自分のことに多く時間を使うことも1つの選択肢としてあるといえます。今ままで培ってきた知識やノウハウを活かし、独立することも選択肢の1つとしてあるのを抑えておきましょう。

役職定年制について理解しよう

役職定年制を理解することで将来のキャリア形成に大きく影響を与えるでしょう。自分が勤務している企業が、役職定年制を導入している企業か確認をしてみることで将来のキャリア形成を整えましょう。

最新情報をチェックしよう!