ランニングコストとは?イニシャルコスト・LCCとの違いも紹介!

ランニングコストとは

ランニングコスト,とは

ここで紹介するランニングコストはビジネスシーンで使用する際のランニングコストについて紹介します。ビジネスシーンで使用する際には、ランニングコストとは、個人や組織が事業やビジネスを運営していく上で必要となる費用を指します。

ランニングコストには、多くのものが該当し、パソコンなどの備品から、人件費、事務所の家賃などもランニングコストに含まれます。

多くの企業では、ランニングコストの支出を抑えるためにそれぞれの対策をとりランニングコストを抑えることで毎月の支出を抑え事業に集中できる環境作りをしています。

しかし、ランニングコストを抑えることだけに焦点をおき最重要である事業に集中できる環境を作り出せることができなければ元も子もないためにバランスが大切であるといえるでしょう。

ランニングコストの略称は「RC」

ランニングコストの略語としては、「running cost」の頭文字をとり「RC」と表記されます。シチュエーションによっては、ランニングコストを”RC”と表記され使用される場合があるので略称が「RC」であることを把握しておきましょう。

ランニングコストを削減するためには

ランニングコストを削減することができれば毎月の支出を抑えることが可能になります。独立や起業したての状況の場合には毎月の支出は少なければ少ない程良いと言えます。

そのために、まずは毎月掛かっている費用を可視化し削減できるものは削減する、また、別のものに置換できる場合には置換することで毎月のランニングコストを抑える努力をしましょう。

イニシャルコストとは

イニシャルコスト,とは

イニシャルコストとは、新たに設備やシステムを導入する際に掛かる費用のことを指します。また、イニシャルコストと呼ばれる由来として、「イニシャル(initial)+コスト(cost)」であることが理由とされています。

基本的に、イニシャルコストは「初期費用」の意味で捉えられることが多いですがシチュエーションによっては、初期費用の他にも「開発費」や、「導入費」と捉えられる場合があるので注意が必要です。

イニシャルコストの略語は「IC」

イニシャルコストの略語としては、「initial cost」の頭文字をとり「IC」と表記されます。ランニングコストと同様にシチュエーションによっては、ICと表記される場合があるので略称が「IC」であることを把握しておきましょう。

ランニングコストとイニシャルコストとの違い

イニシャルコストとは、新たな設備やシステムなどを導入する時にかかる費用であることをここでは紹介しました。事業やビジネスを運営していく上で必要となる費用としての意味を持つランニングコストとは意味が違い対義語の関係にあります。

ライフサイクルコストとは

ライフサイクルコスト,とは

ライフサイクルコストとは、構造物や製品などを、設計から運用、廃棄までの全行程の必要とされる費用のことを指します。

ライフサイクルコストは、(Life Cycle Cost)の頭文字をとり「LCC」と呼ばれることや、「生涯費用」と呼ばれることもあります。

ランニングコストとライフサイクルコストとの違い

ライフサイクルコストとは、初期費用の意味を持つイニシャルコストと運営する際にかかるランニングコストの意味を合わせ持つ費用です。

そのために、ランニングコストはライフサイクルコストの一部として捉えるようにしましょう。また、「イニシャルコスト+ランニングコスト=ライフスタイルコスト」と認識するとイメージしやすいでしょう。

ランニングコストを理解し事業を進めよう

ランニングコストを理解し事業を進めよう

ランニングコストについては、自分の事業を始めるにあたって必須となる知識の一つです。また、ランニングコストだけではなく、イニシャルコストやライフサイクルコストについても合わせて理解しましょう。

最新情報をチェックしよう!