リスケとは?スケジュールに関する用語と合わせて紹介!

リスケとは

リスケ,とは

リスケとは、スケジュールにおいて「決まっていた予定をもう一度調整し、別日や予定していた時間から変更すること」を指します。

ここでは、リスケの類義語や対義語また、スケジュールに関する用語も合わせて紹介します。

金融・銀行の分野の場合

リスケとは、元々金融業界で使用される言葉でした。現在ビジネスシーンで使用される言葉としては意味が少し異なるので把握しておきましょう。

金融業界の場合には、「返済期間や返済額、借り入れ条件の変更を申し込むこと」を指す言葉です。ネガティブなイメージで使用される言葉として使用される言葉として金融業界では使用されます。

リスケの類義語

リスケ,類義語

ここでは、リスケの類義語について紹介します。リスケは取引先や上司に対し使用するのは時によって不快な印象を与えてしまうために上司や取引先で使用しても可能である「スケジュール調整」、「予定変更」について紹介します。

スケジュール調整

スケジュール調整は、意味が相手に伝わりやすい言葉でしょう。社外の人よりは、社内で使用するのが良いでしょう。

使い方としては、「予定していた○日◯時からの打ち合わせの予定ですが、スケジュール調整することは可能でしょうか?」などと使いましょう。例文の中に自分の可能な日時や時間を含めて提案することは相手も日時を決めやすいために含めると尚良いと言えるでしょう。

予定変更

予定変更ははリスケよりも丁寧なイメージとして捉えることができるでしょう。そのために社外や取引先などに使用することができるでしょう。また、予定変更の他にも、「日程変更」としても使用することができます。

リスケの対義語

ここでは、リスケと対義語にあたる「オンスケ」について紹介します。

オンスケ

オンスケとは、「オンスケジュール」の略です。その名の通り意味としては、「予定通り」として意味されます。スケジュール通り物事が進んでいる場合にはオンスケを使用することができるでしょう。

使用する場面としては、進捗状況などを聞かれたときなどに、「オンスケで、◯日に、終了予定です。」などと使用できるでしょう。

スケジュールに関するビジネス用語4選

ここでは、リスケのようにスケジュールに関するビジネス用語について紹介します。スケジュールに関する用語を知ることで自分の意思を相手に伝えることができるでしょう。

しかし、リスケと同じく使用する時や相手を間違えると相手が不快に思うことがあるので注意が必要です。

ペンディング

ペンディングは、「保留」や「先送り」と意味されます。そのためにミーティングなどで「時間が迫ってきているためにこの件はペンディングでお願いします。」などの使い方ができるでしょう。また、表記上では、ペンディングの頭文字の”P”を取り、「P」と表記されることがあります。

ビハインド

ビハインドは、不利な状況を指す言葉ですがスケジュールに関する意味も持ち合わせています。中でも、「ビハインドスケジュール」とは、「予定よりも遅れている状態」を指す言葉です。

例:「進捗状況としては、ビハインド状況です。」

バラす

バラすとは、「キャンセルすること」を指す言葉です。一度仮に決定していたことをキャンセルするときに使用する用語です。映像やテレビの業界用語として使われていましたが、ビジネスシーンでも使用されることが多くあります。

例:「今回取り組んでいる事業は予算カットの為にバラしとなりました。」

キープ

キープは、基本的には「保持する状態」を指す言葉ですがスケジュールに関する意味としては「スケジュールを空けておく」ことを指す言葉として使われます。

例:「◯日◯時は今回の続きを行うのでスケジュールをキープして下さい」

リスケは予定を再調整する意味

リスケとは、「決まっていた予定をもう一度調整し、別日や予定していた時間から変更すること」つまり「予定を再調整すること」の意味です。リスケを使用する際には、時と使用する相手を選び使用するようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!