リモートワークの働き方とは?テレワークとの違いも解説!

リモートワークとは

リモートワーク,とは

「リモートワーク」とは、オフィスではなく、自宅やカフェ、コワーキングスペースなどのオフィス形態などで仕事を行う勤務形態のことを指します。

remote(リモート)の言葉の通り会社から離れた場所で業務を行うことを指すリモートワークは、企業と働く側のメリットの多さから導入している企業が多く存在します。

リモートワークの種類

リモートワークの働き方は、大きく分類して4つのリモートワークに分類することができます。ここでは、4種類について紹介します。

フルタイム型リモートワーク

フルタイム型リモートワークとは、「企業から正規雇用されている従業員が勤務時間全てをリモートワークで働く働き方」のことを指します。

ハイブリッド型リモートワーク

ハイブリッド型リモートワークとは、フルタイム型と同じ「企業から正規に雇用されている従業員が対象でありオフィスで働く日とリモートワークで働いても良い日が企業によって定められている働き方」のことを指します。

アウトソース型リモートワーク

アウトソース型リモートワークとは、「企業から正規雇用されていない従業員がリモートワークで働く働き方」を指します。勤務時間の全てをオフィス外で行うために企業とのコミュニケーションが密に必要となる働き方であると言えるでしょう。

テンポラリー型リモートワーク

テンポラリー型リモートワークとは、「一時的な期間リモートワークで働く働き方」を指します。育児や介護などの一時的に出勤することのできない人などがリモートワークとして働くことが該当します。

テレワークとは

テレワーク,とは

テレワーク」とは、1970年代にアメリカで生まれた働き方であり、リモートワークよりも前から存在している働き方です。1970年代から存在する言葉であるためにリモートワークよりも多くの人に認知されているといえます。実際にテレワークとは、どのような働き方を指す言葉でしょうか。

テレワークの働き方

テレワークの働き方は、「自宅利用型」、「モバイルワーク」、「施設利用型」の3つの働き方が存在します。パソコンやSNSの普及により個人の発信力が大きくなったことによりテレワークによる個人の稼ぎ方は多様化していると言えるでしょう。

また、テレワークには企業から雇用される働き方と、個人で働く働き方があります。上記で解説したようにパソコンやネットの普及により個人で自宅利用型でも働くことが可能となります。

リモートワークとの違い

リモートワークと、テレワークは意味がほとんど同じであるために違いはありませんが、リモート(雇用)する企業がいることで成り立つ働き方であることに対し、テレワークは、雇用する企業がいる場合と個人事業主である個人で働く場合があることが違いとして挙げることができるでしょう。

つまり「テレワークには、個人で働く自営も含まれているのに対し、リモートワークは、企業が従業員に対して働き方を指す言葉であるために個人の自営は含まれていないこと」がリモートワークとテレワークの違いといえます。

リモートワークを行うことでのメリット

メリット,リモートワーク

リモートワークを導入することでどのようなメリットを得ることができるでしょうか。ここでは、企業側からの目線と従業員側からの目線に分けて紹介します。

企業側のメリット

企業側からは、コストの削減や、優秀な人材の確保などリモートワークを導入することでメリットを得ることができます。また、リモートワークを導入していることで企業のブランドイメージアップにも繋がることがあります

リモートワークを導入する場合には、従業員とのコミュニケーションや信頼関係が顔を合わせないからこそ重要であるといえます。

コストの削減

従業員のほとんどをリモートワークにした場合には、オフィス内のデスクや椅子などの備品から光熱費などの費用、オフィスの面積までを縮小することが可能になりコスト削減を期待することができるでしょう。

人材の確保

リモートワークにより、場所に囚われない働き方が可能となります。そのために日本全国からの多様な人材を募集することができます。また、場所に囚われないために人材の確保が容易になることも企業側のメリットとして挙げることができるでしょう。

働く側のメリット

リモートワークを通して働く場合には、通勤がなくなることや育児の予定がある場合にリモートワークで仕事を継続することが可能になることなどのメリットがあります。

しかし、社外で働くためにプライベートとの区切りが曖昧になることがあります。そのような事態を避けるためにオリジナルの工夫を行い仕事に取り組みましょう。

通勤がなくなる

フルタイム型リモートワークの場合には、通勤する必要がなくなるために満員電車などの通勤ストレスからの解放をすることができます。また、通勤がなくなり、自分のペースで仕事をできる面は大きなメリットとして挙げることができるでしょう。

育児などの条件がある中でも働くことができる

リモートワークの中には、テンポラリー型リモートワークもあるために育児や介護などの条件がある人もリモートワークを通して働くことが可能になるといえます。

リモートワークを行うことでのデメリット

デメリット,リモートワーク

リモートワークを導入することでメリットを期待することができるのと同時にデメリットも生じてしまいます。各デメリットの対策法をしっかりと理解しましょう。メリットと同じくここでは、企業側からの目線と従業員側からの目線に分けて紹介します。

企業側のデメリット

企業側のデメリットとしては、従業員とのコミュニケーション不足や情報漏洩のリスクの上昇などのデメリットを挙げることができます。各デメリットごとに対策法をとり従業員が働きやすいリモートワーク環境を築きましょう

コミュニケーションの不足

リモートワークを行うことで従業員とのコミュニケーション不足を挙げることができます。毎日職場で顔を合わせることがなくなるためにコミュニケーション不足による意見交換や情報共有などが容易にできなくなることはデメリットとして挙げることができます。

対策法としては、チャットアプリやスカイプなどのインターネット電話アプリを利用し情報共有や意見交換を行うことが良いと言えるでしょう。職場にいる時よりは確実にコミュニケーションは少なくなるために連絡する時間は企業・リモートワーカーにとって重要な時間となるでしょう。

情報漏洩のリスク

リモートワークを導入することにより、オフィス以外で自社の仕事を従業員が行うことになります。そのために自社の情報が漏洩するリスクが上がってしまうことはデメリットとして挙げることができます。

対策法としては、パーミッション設定やログイン設定の強化など個人の端末のセキュリティを強化する必要があるといえます。

働く側のデメリット

リモートワークを通して働くことで従業員側にもデメリットが生じます。デメリットの対策法をしっかりと理解し快適なリモートワークを行いましょう。

セルフマネジメントが必須

フルタイム型リモートワークの場合には、完全に時間配分を自分で行う必要があります。そのためにセルフマネジメントが必要となるでしょう。リモートワークを行うことで逆に生産性を落としてしまう可能性があります。

対策法としては、自分自身が仕事に対し短期的、長期的の達成目標や時間を決めて業務を遂行するなどのセルフマネジメントを行うことを挙げることができます。

孤独感に襲われる

リモートワークで業務を遂行することにより職場のように同じ空間に同じ方向に向けた仲間がいる空間で仕事をする空間とは遠くなります。そのために”1人”で仕事を行うという孤独感に襲われることがあります。

孤独感に襲われることにより、仕事が手につかず鬱になるケースもあります。対策をしっかり行いリモートワークでの仕事を有意義に行いましょう。

対策法としは、完全に時間を決めるなどのセルフマネジメントはもちろん、コワーキングスペースなどのフリーランサーなどの不特定多数が仕事をしている空間に身をおくことで孤独感に襲われることは少なくなると言えるでしょう。

リモートワークという働き方

リモートワーク

リモートワークという働き方は企業側、従業員側双方に大きなメリットを期待することができる働き方です。働き方に多様性があることが当たり前な現代においてはリモートワークが普通の働き方であるかもしれません。

しかし、リモートワークを行う際には、セルフマネジメントを行い自分をマネジメントしながら仕事に対する必要があるために注意が必要であることを忘れずに行いましょう。

最新情報をチェックしよう!