デジタルサイネージを利用することのメリットとは?

デジタルサイネージを利用することのメリット

メリット,デジタルサイネージ

ここでは、デジタルサイネージを利用することのメリットと合わせてデジタルサイネージを見た人にとってのメリットも紹介します。

デジタルサイネージには、スタンドアローン型をはじめとしたネットワーク配信型、インタラクティブ型の3種類が存在します。それぞれの型についても合わせてメリットを紹介します。

訴求力が高い

アナログのポスターや静止画の広告に比べるとデジタルサイネージは、動画再生をすることができるために顧客への訴求力が高いといえます。

また、デジタルサイネージで表示させる動画内容を場所に合わせたコンテンツにすることで顧客の興味を高めることができより訴求力を高めることができるでしょう。

ポスターよりも作成工程が少ない

アナログとデジタルと比べた時にアナログの場合であると作画をし実際にポスターなどのモノを作るために生産をし掲載する必要があります。

それに比べデジタルであるデジタルサイネージは、動画などの動画編集やシステム環境作りこそ必要ですが、動画編集やシステム環境作りを行った後は動画をデジタルサイネージに読み込むだけで掲載することができるためにアナログと比べると、作成工程が少なく、廃棄するためのゴミも出ないためにエコであるといえるでしょう。

利用者に寄り添った情報発信

デジタルサイネージでは、最新の情報もネットワークを使用した「ネットワーク配信型」では可能です。そのために顧客が求めている情報やニュースをリアルタイムで表示させることができるのは、大きなメリットであるといえるでしょう。

また、デジタルサイネージを利用することで顧客に対する訴求力を高め必要な情報を顧客に掲示することができるのは、デジタルサイネージを利用することで得ることができる大きなメリットであるといえます。

各型のメリット

メリット

スタンドアローン型」の場合には、オフラインで使用するためにネットワークに左右されず安定した情報を発信することができるために、商品のPR動画や飲食店の商品にとってはメリットが大きい種類であるといえるでしょう。

ネットワーク配信型」の場合には、ネットワークを使用した種類であるために最新の情報を届けることが可能です。そのためにバスの運行情報などや、電車の遅延情報、電車内のニュースなどにとってはメリットが大きい種類であるといえるでしょう。

インタラクティブ型」の場合には、利用者が実際にデジタルサイネージにタッチして使用するために飲食店の券売機として使用することで人件費削減などのメリットを得ることができます。また、複合施設などの施設案内においても利用者にとって必要な情報を得ることができるためにメリットを得ることができるといえます。

デジタルサイネージを利用することのデメリット

デメリット,デジタルサイネージ

ここでは、デジタルサイネージについてのデメリットについて紹介します。多くのメリットを持つ反面デメリットもあることを把握しておきましょう。また、ここで紹介するデメリットは各型に共通するデメリットについて紹介します。

電力を必要とする

デジタルサイネージは、電力を必要とするために電力の供給をする場所でないと配置することができない面はデメリットとして挙げることができるでしょう。また、電力を必要とするが故に電気代も嵩むことも把握しておきましょう。

故障する可能性がある

デジタルサイネージは精密機器であるが故に故障する可能性があります。不特定多数の人が見る又は触る場所にデジタルサイネージを配置することで故障する可能性があることを念頭に置いておきましょう。

仮に故障すると修理費用が掛かる他にその期間中にデジタルサイネージを使用した広告を表示させることが不可能になる可能性もあることを把握しておきましょう。

デジタルサイネージの利便性と高い利用価値

デジタルサイネージの利便性と高い利用価値

デジタルサイネージには、電力を必要とする点や故障する可能性がある点などいくつかのデメリットが存在しますがそのデメリットを超えるほどのメリットの大きさがデジタルサイネージには詰まっているといえるでしょう。

また、これから先デジタルサイネージがあらゆる場面で使用されるようになりあらなる進化を遂げるといえるでしょう。

最新情報をチェックしよう!