新しく事業を始めることは「創業」「設立」「起業」?

創業と設立

「創業」と「設立」は普段の生活ないや起業をする際によく耳にする言葉であると言えるでしょう。「創業◯周年」や「会社の設立」などに使用される言葉ですが、それぞれの言葉を区別することはきちんとできているでしょうか。

起業の際には、多くの書類作成の時のためにそれぞれの言葉の意味を理解することは必要なことであるといえます。「創業」と「設立」の言葉の意味の違いについて理解する前にそれぞれの意味について理解しましょう。

創業とは

簡潔に「創業」とは、事業を始めることを指します。事業を始めた時期が法人、個人、組織などの業態に関わらず創業期間にも含まれます。

設立とは

「設立」とは、法人形態で事業を始めることを指します。具体的には、「株式会社」をはじめとした合同会社(有限会社)、一般社団法人、NPO法人、一般財団法人などの法人形態で事業を始めることを言います。

創業と設立の違い

「創業」・「設立」の意味を理解することでそれぞれの意味の違いがはっきりと見えてきます。「創業」の意味には、活動形態に関係なく事業を始めることに対して、「設立」の意味は法人形態をして事業を始めることを指します。このことから、2つの言葉には事業を始める活動形態の状態に違いがあるといえます。

創業日・設立日の決め方

創業と設立の意味が違うことから企業の中には「創業日」と「設立日」に違いがある場合があります。そこでここでは創業日と設立日の決め方について紹介します。はじめに創業日とは、事業を活動形態に関わらずに始めた日のことを指す言葉です。

それに対し設立日とは、会社の設立登記を申請した日のことを指します。創業日とは違い設立日は自分で設立登記を申請を制御できることから自分で決定することができます。

また、設立日のよくある認識の違いとして、登記が完了した日と勘違いすることがあるので注意が必要です。設立日とは、会社設立登記を申請した日であることを把握しておきましょう。

営業年数の数え方

営業年数とは、建設業許可を取得してからの年数を指します。そのことから、営業年数の数え方は建設業許可を取得した年から数えることができます。

社名変更した場合は?

会社の社名変更をした場合には、創業年数や設立年数に変わりはでることはありません。しかし、会社の吸収合併をする場合には吸収合併した会社の創業年数を数えるために給された方の会社の年数を数えるわけではないので注意が必要です。

創業や設立と似た言葉

新しい事業を始める「創業」や「設立」と似た言葉をここでは紹介します。

「起業」

「起業」とは新しく事業を興すことを指します。創業と似たような言葉ですが、創業が過去から現在にかけてを指して呼ぶ言葉であるのに対し、起業は現在から未来にかけてを指して使用する言葉と言えるでしょう。

「開業」

開業」とは、新しく事業を始めることを指す言葉です。事業を始めるという意味では創業や起業と似たような言葉ですが、開業には実際に店舗を持ち飲食店や販売店を新たに始める意味合いが強いといえます。

また、店舗を持ち開業する以外の使い方としては個人が事業を始める際に提出する開業届から、個人で事業を始める際にも「開業」を使用する傾向が多くあります。そのために法人形態として事業を始めることを「設立」個人で事業を始めることを「開業」と使用することが多い傾向です。

「創設」

「創設」とは学校や団体、会社などの組織の中で今まで存在していなかった事業や団体、組織を創り出す時に使用する言葉です。会社の場合には、新たな事業、子会社を創設するなどといった使い方があるといえます。

「創立」

「創立」とは、既存の組織から独立して創り出す創設とは違い、新たに事業や組織を立ち上げることを指します。そのために創立は創設よりも起業や創業などと似ている言葉といえます。

「独立」

「独立」とは、属している組織から解放されることを指す言葉です。独立とは、新しく事業を始めることを指す言葉ではなく、組織の依存から離れ解放されることを指す言葉であることを理解しましょう。

それぞれの意味の違いを理解しよう

新しく事業を始めることは事業を始めた状態や形態によって呼び方が変わります。そのために新しく事業を始める意味を持つ「創業」や「設立」、「起業」をはじめとしたそれに関する言葉の違いも理解しておきましょう。

最新情報をチェックしよう!