クラウドソーシングとは?クラウドソーシングサイトについても解説・紹介!

クラウドソーシングとは

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、もともとアウトソーシングの意味で使用されていました。アウトソーシングとは、自社ではなく特定の人々や組織である外部に外注をし作業をしてもらうことを指します。

しかし、クラウドソーシングとは、特定の人や組織ではなく群衆(crowd)に業務委託(sourcing)することの意味で使用されています。その関係に雇用関係はなく完全に外部委託の関係になります。

また、クラウドソーシングがアウトソーシングと同様に使われるようになった背景としてインターネットの普及が高く関わっています。インターネットが普及したことにより不特定多数にクライアントが案件を募集することが可能になりました。

クラウドソーシングの職種

クラウドソーシングは不特定多数の人に向けクライアントが案件を募集することで始めて仕事が出来上がります。クラウドソーシングの言葉ができた背景にインターネットの普及があるようにクラウドソーシングの職種はインターネットやパソコンを使用した職種が多く見られる傾向があります。

具体的なクラウドソーシングの職種として、ライティング業務やデータ入力、翻訳、サイト開発、動画・画像編集、ロゴの作成など数多くの職種があります。共通点としては、やはりパソコンを使うことが挙げることができます。

中には、写真を撮ることや音声を録ることなどパソコン以外に機器が必要となる職種もあります。元々同じような機器を使用して仕事をしている方はクラウドソーシングの活動も問題なくできるといえるでしょう。

クラウドソーシングの問題点

クラウドソーシングの問題点として挙げることができるのは、仕事に取り掛かるためにスキルが必要であることでしょう。翻訳であれば、その言語を話せる、さらに書き取りができる必要があり、さらに検定や資格なども必要となるでしょう。

また、サイト開発などではプログラミング、ロゴの作成や画像編集ではイラストレーターやフォトショップなどを扱える能力、動画編集では、動画編集能力が必要であるといえるでしょう。また、スキルが必要な案件では、1つの仕事に必要な時間が多くかかるために報酬単価も高い傾向にあります。

しかし、スキルを持ち合わせていない方でもクラウドソーシングでお金を稼ぐことは可能になります。その職種は、データ入力やライティング業務です。

データ入力やライティング業務は、報酬単価は低いものの慣れると多くの案件をこなすことが可能であるといえます。その結果副業としても稼ぐことは可能であるといえるでしょう。

クラウドソーシングサイトとは

実際にクラウドソーシングを行うにあたってはクラウドソーシングサイトを利用すると良いでしょう。クラウドソーシングサイトとは、クラウドソーシングの案件が多く掲載されているサイトになっています。

クラウドソーシングサイトを活用することで自分の足で仕事を受注する労力を省くことができるため非常に便利なサイトであるといえるでしょう。

クラウドソーシングサイト5選

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングについては上記で説明した通りになります。実際にクラウドソーシングを行うに当たってクラウドソーシングサイトを活用することが良いといえるでしょう。ここでは実際にクラウドソーシングサイトを5つ紹介します。

この他にもクラウドソーシングサイトは数多くあります。クラウドソーシングサイトはクライアントとの仲介をしてくれるが故にしっかりとしたサービスがあり安心できることが大切です。多くのクラウドソーシングサイトを比べ自分にあっているクラウドソーシングサイトを決めましょう。

Lancers

おすすめ度:★★★★★

Lancers(ランサーズ)は、2008年に設立された大手のクラウドソーシング サイトになります。案件の種類がカテゴリ化されており案件・仕事が見やすいサイトの作りとなっています。

また、日本最大級のクラウドソーシング サイトであり、その安心感はトップレベルといえるでしょう。案件の内容記事作成から、ツール・webシステムの開発など幅が多くあり、初心者からプロの方まで数多くのランサーとクライアントがいます。

Lancers:https://www.lancers.jp

Crowdworks

おすすめ度:★★★★★

Crowdworks(クラウドワークス)もランサーズと並ぶ日本最大級のクラウドソーシング サイトです。クラウドワークスでは、初めての方に向けた全面無料サポートも実施されており、初心者に優しい印象でしょう。

仕事のカテゴリもランサーズと似ているのが正直なところです。サイトを決める際のポイントとして良いクライアントに出会えるかも非常に大切になります。サイトによってクライアントも変わるので、案件をみて実際に業務をし仕事の行いやすいクライアントを探しましょう。

Crowdworks:https://crowdworks.co.jp/services/crowdworks

Shufti

おすすめ度:★★★★☆

Shufti(シュフティ)は、主婦層に向けた案件が多く掲載されています。主婦層だけではなく男性もワーカーとが可能です。

仕事の内容の傾向としては、主婦の空いた時間に取り組みやすいように初心者でも業務が行いやすいライティング業務や翻訳業務が中心となっています。

主婦の人や初心者の人はshufti から始めてみると良いかもしれません。また、シュフティでは、タグでも仕事を検索することができ仕事を探すのが見やすくそしてわかりやすい仕様になっています。

Shufti:https://app.shufti.jp

ココナラ

おすすめ度:★★☆☆☆

ココナラは知識・スキル・経験を売買することができる画期的なサービスとなっています。サービスの中にはイラストやナレーション、ビジネス相談やダイエット方法など独創的なものが数多くあります。

自分が持っているスキル・知識・経験を売ることができるために自分の強みを存分に活かすことができるでしょう。自分に売るものがない人でもサイトを見てどんなものが売買だれているのかをみるだけでも楽しいサイトとなっています。

ココナラ:https://coconala.com/

Bizseek

おすすめ度:★★☆☆☆

Bizseek(ビズシーク)は、システム開発デザインからライティング業務まで数多くのカテゴリが存在します。しかし、ランサーズやクラウドワークスとカテゴリなどが被っているためにランサーズ・クラウドワークスよりもきぼが小さい印象を受けます。

しかし、ワーカーやクライアント用のガイドや流れの説明が丁寧に記載されており初心者の方にとってはわかりやすいサイトとなっているでしょう。

Bizseek:https://www.bizseek.jp/public/jobs/search/

クラウドソーシングサイトを選ぶ際のポイント

ポイント

クラウドソーシングの仕事でお金を稼ごうと考えている人にとって重要となるのがクラウドソーシングサイトを選ぶことです。しっかりとしたセキュリティやサービスがある方が安心して業務に取り組むことができるでしょう

ここでは、クラウドソーシングサイトを選ぶ際にどのような点に注意して選べば良いかそのポイントを紹介します。

いくつかのサイトで試す

いくつかのクラウドソーシングサイトで実際に案件を受注し業務に取り掛かることが一番自分にあったクラウドソーシングサイトとして選ぶこおtが可能であるといえるでしょう。

実際に業務をしてみないと自分にあっているのかを判断することは難しいといえます。短時間の業務をいくつかのクラウドソーシング サイトで受注し実際に業務を行うことで自分にあったクラウドソーシング サイトを決めることができるでしょう。

1つに決める必要はない

上記では、業務を行うクラウドソーシング サイトを1つに絞る場合の選ぶポイントを紹介しました。しかし、クラウドソーシング の活動をするにあたって1つのサイトに絞る必要はありません。

クラウドソーシングサイトにより特徴があるために職種によりサイトを分ける、クライアントによってサイトを分けるなど自分なりにクラウドソーシングサイトを使い分ける事も可能です。1つのサイトに絞る必要はないといえます。

それぞれのサイトの特徴を自分なりに見つける

クラウドソーシングサイトは「クラウドソーシングサイト5選」で紹介したサイト以外にも数多くあります。

その特徴や扱いやすさを自分なりに試す事や情報を収集するなどして特徴を把握し、自分なりに特徴をまとめましょう。その次に、実際にクラウドソーシングの活動を始めてみると良いスタートが切れるでしょう。

まずは始めてみよう

新しい挑戦

クラウドソーシングの活動を始めてみようと悩んでいる人はまずは始めてみると良いでしょう。業務を始めるまでは家のパソコンで短時間で済みます。副業としては最適な仕事であるといえるでしょう。

また、実際にクラウドソーシングの活動を始める前にクラウドソーシングサイトを比べ実際にどのような仕事や案件が募集されているのかをみるのも重要といえるでしょう。

最新情報をチェックしよう!