パラレルワークとして働く理由とは!?

パラレルワークとは

パラレルワークとは

パラレルワークとは、「2種類以上の仕事を同時間で行う働き方」のことを指す言葉です。また、2種類以上の仕事を本業と副業という考えを持たず全ての仕事を本業として取り組む特徴があります。

また、パラレルアークは、ビジネスとしての仕事だけではなくボランティア活動やNPO活動としての活動、研究、アーティストとしての活動など多方面の活動も含めているために多くの人がパラレルワークとしての働き方を実際にしていることになるでしょう。

ここでは、パラレルワークとはの基本的な情報を始めパラレルワークとしての活動を行うに当たってのメリット・デメリット、パラレルワークとして働く理由を紹介します。

パラレルキャリアとの違い

パラレルキャリアとパラレルワークの違いはほとんどないといえるでしょう。違いと言えばパラレルキャリアは、「同時間軸で複数の仕事を本業として持つという活動」を指す言葉であり、パラレルワークは、「同時間軸で複数の仕事を本業として持つ働き方」を指す言葉であるために少し違いがあると言えますが、同じと考えていいでしょう。

パラレルワークのメリット

メリット,パラレルワーク

ここでは、実際にパラレルワークとしての働き方をすることでどのようなメリットを得ることができるかについて紹介します。

リスクヘッジができる

一つ目はパラレルキャリアと重なる部分ですがリスクの分散ができる点でしょう。複数の仕事を同時間軸で行うために一つのビジネスが落ち込んでいる時にも他の仕事でカバーすることができます。

また、収入を望むことを第一の目的としていない活動も含んでいるためにそこで知り合う新しい人脈にも出会うことができるのも一つのメリットとして挙げることができます。

多く人に出会うことができる

パラレルワークを行うことで出会う人が多くなることになるでしょう。出会う人が多くなることで違う考えを持ったたくさんの人との出会いを果たすことができます。

その中で新しいチャンスを掴み取ることもある可能性もあるといえるでしょう。パラレルワークとしての働き方を行うことで多くの人と出会うことができるのは大きなメリットの一つであると言えます。

マネジメント能力が身に着く

パラレウワークを行うことでマネジメント能力が必要となることはデメリットとして捉えることもできますが、パラレルワークとして働くことで次第にマネジメント能力を身につけることができると考えればメリットとして捉えることができるでしょう。

忙しい毎日の中でセルフマネジメントタイムマネジメント、各仕事のマネジメントを行うことで次第にマネジメント能力が身につくことは大きなメリットとして挙げることができるでしょう。

パラレルワークのデメリット

デメリット,パラレルワーク

ここでは、パラレウワークを行うことでのデメリット・注意点について紹介します。しっかりと対策法を取ることでデメリットもメリットへと変えることができます。対策をしっかりと取りましょう。

会社の就業規則でのトラブル

会社に属すような仕事をパラレルワークの一つとして行なっている場合には、会社の就業規則が存在します。会社就業規則の中には、副業(複業)を行うことを禁止している場合もあります。そのような場合には、パラレルワークとしての働き方をすることはできないので注意が必要です。

対策法としては、パラレルワークとしての働き方を諦め会社に属すか、会社に内緒でパラレルワークとしての働き方をする。(この場合には、大きなリスクを伴うことになります。)会社に属することを辞めパラレルワークとしての働き方に専念する選択肢があります。

継続することの難しさ

パラレルワークとして働く上で重要であり難しいことは「継続すること」であるといえるでしょう。継続することは一見簡単に感じますが難しいと言えます。継続することを続けることができた人にはその先の道が続くでしょう。

パラレルワークとして働く理由

パラレルワークとして働く理由

ここではパラレルワークとして働く理由について紹介します。

大企業でもリストラされる時代

名の知れた大企業に属している場合でもリストラされる時代です。自分の身は自分で守るためにも一つの仕事をするのではなく複数の仕事を同時に行うことでリスクの分散、結果的に自分の身を守ることになると言えます。

自分の力(スキル)が武器になる

自身がスキルなどを持っている場合には、パラレルワークは行いやすい働き方であるといえるでしょう。スキルなどの武器を持っている場合には案件を自分でとる行動に移し案件を獲得することができたら新しい仕事を得ることができたと行っても過言ではありません。自分にスキルなどがないと感じる場合には、スキルを身につけることから始めてみましょう。

収入源が複数になる

パラレルワークとして働く理由の大きな要因の一つともいえることは収入源が複数になることであるといえるでしょう。収入源が一つよりも複数である方が自分自身も安心することができリスクの分散にもなります。

収入源が複数になり結果的に収入の増加を見込めることができる点はパラレルワークとして働く要因の一つとして挙げることができます。

パラレルワークは時代に沿った働き方

パラレルワークは時代に沿った働き方

現在騒がれているコロナウイルスなどの影響でテレワークが多くまた、騒ぎがいつ収束するかも検討がつかないような時代にでも自分のスキルや知識があればパラレルワークとしての働き方として働くことも可能です。

パラレルワークは複数の仕事を本業と捉え仕事を行うのでリスクの分散だけではなく、結果的に収入の増加も見込むことのできる働き方であることをここでは紹介しました。

最新情報をチェックしよう!