英語の必要性は?おすすめの学習方法を紹介

英語は何故必要性があるのか

はてな?

まずは、なぜ英語の必要性について語るのか、英語の重要性などについて解説します。

世界の公用語は英語

英語の必要性・重要性は、英語という言語が世界的に見て公用語であることが最大の理由です。世界の公用語であるということは、外国人と接する際に英語を使えないとコミュニケ―ションが難しいということです。

世界の人口約75億人の内、15億人が英語を話せるといわれています。つまり、世界中の人の5人に1人は英語を話せるということです。世界中にはさまざまな言語がある中で、5人に1人の割合で英語が使用されているというデータは無視できません。

今後、ビジネスやプライベートで外国人と関わっていくとすれば、英語の必要性・重要性がはっきりと見えてくるでしょう。会話は最大のコミュニケーションツールである以上、英語を話せないということは世界中の人たちとのコミュニケーション方法を確保できないということなのです

増加する外国人労働者

そして、外国人との関りがより身近になる要因として「外国人労働者の増加」が挙げられます。日本における外国人労働者の数が増えれば、当然ながら彼らと接する機会も多くなるということです。英語の必要性・重要性もそれに比例して高まります。

日本政府は、外国人労働者の受け入れを拡大するため「出入国管理法」の改正に踏み切りました。これにより、今まで外国人の就労が認められていなかった分野にも外国人労働者の手が入ることになります。ひょっとしたら、あなたの職場にも外国人が多くなるかもしれません。

また、日本各地で外国人観光客が増加し、それに対応するために観光地でも外国人労働者の雇用が拡大しつつあります。このように、日本国内における外国人の数が増えることで、そこに住んでいる日本人にとって英語の必要性・重要性が増加することになるのです

英語が話せることでのメリット

英語で会話する人

次に、英語を話せることのメリットについて解説します。

世界に目を向けることができる

1つ目に「世界に目を向けることができる」ことです。今後、あなたが世界を舞台に活躍したいと考えているのであれば、世界で生きていくために英語は必ず必要になります。

例えば、もし、あなたが今後ビジネスを起こすのであれば、あるいはすでに起業している立場であれば、今後のビジネスを拡大するためには世界に目を向ける必要があるでしょう。それは必然的に外国人との関りが何倍にも増え、同時に英語の必要性・重要性も何倍にもなることを意味しています。

英語というコミュニケーションツールがあれば、今後は世界中の人と関わることができるようになり、今後のビジネスチャンスもその分だけ増加します。ビジネスの世界において、世界に目を向けるための英語の必要性・重要性は非常に大きなものなのです。

職業の選択範囲が広がる

2つ目に「職業の選択範囲が広がる」ことです。英語が使えることによって、就ける仕事や業務の幅が広がります。それはつまり、人生の選択肢が増え、飛躍するチャンスが増えるということでもあるのです。

世の中の仕事の中には、英語のスキルが必須なものがあります。また、基本的な業務には英語は不要でも、海外出張や外国人と関わる業務に就くためにも英語の必要性が考えられます。

あらゆるビジネスの場面において英語の必要性・重要性が問われるわけではありませんが、英語が話せると職業選択の幅や栄転の可能性が大きく広がります。英語を使えるようになることで、生活や人生を大きく変えるきっかけになるかもしれません。

外国人とのコミュニケーションがとれる

3つ目に「外国人とのコミュニケーションがとれる」ことです。外国人の中には日本語で上手に会話できる人もいますが、割合としては少ないです。外国人とのコミュニケーションのためには、英語の存在が欠かせません。

英語が使えないということは、必然的にコミュニケーションをとる相手の選択肢から外国人を除外することになるのです。コミュニケーション相手の選択肢が減少することによって、得られる経験の幅が狭まってしまいます。

英語が使えるようになれば、外国人とのコミュニケーションツールとして活用することができます。国外の話を聞くことができ、同じ日本人からは得ることの難しい知識を身につけることができるでしょう

英語の学習方法

英語の勉強

英語の必要性・重要性について理解できたら、今後、英語を学習したいと感じるかもしれません。そこで、英語を学習する方法について解説します。

単語や文法などを記憶する

まずは基本中の基本である「単語や文法などを記憶する」ことです。中学や高校でやってきたことの復習のように思われるかもしれませんが、単語や文法を身につけておかなければ英語によるコミュニケーションは実践できません。

日本語での会話だって、単語や文法を覚えておかなければ会話の幅は狭まってしまいます。言いたいことをしっかりと表現し、会話の幅を広げるためには、単語や文法という基本の必要性・重要性を理解しなければなりません。

英語の教科書や教材は、書店で数多く販売されています。自分に合った教材を見つけることができれば、効率よく英単語や英文法を学習することができます。地味なことかもしれませんが、ビジネスや日常生活に生かすためにも努力しましょう。

アクセントや発音を聞く

次に「アクセントや発音を聞く」ことです。日本語でもそうですが、単語や会話のアクセントや発音の違いで、表現したい英語をきちんと表現できるかどうかが大きく異なります。

こうした点は書籍などから知識として得ることは可能です。しかし「知識で知っている」ことと「実践できる」ことは全く別物です。知識で知っていても、それを実戦で使えるかどうかはわかりません。

音声教材や外国人との会話によって、アクセントや発音に注意して聞き取ってください。実際に話しているところを聞くことによって、本物の英語でのコミュニケーションに近づけることができます

実際に人と話す

3つ目に「実際に人と話す」ことです。英語学習は書籍や音声教材などで学習することはできても、ビジネスや生活に生かすためにはそうした「知識としての英語」だけでは足りません。

例えばバイオリンを演奏することを想定してください。書籍などで知識をしっかりと得ても、いざ実践しようとしてもなかなか上手く演奏することはできないでしょう。こうしたスキルは実践による練習がものをいいます。

英語も同じです。今後ビジネスなどで英語を使用するのであれば、実践的な英語を身につけなければなりません。そのために実際に他人と英語で会話することによって、英語でのコミュニケーションの経験を積むのです。

好きな映画を英語の吹き替え・字幕で見る

4つ目の方法は「好きな映画を英語の吹き替え・字幕で見る」ことです。今後、映画をレンタルする際には英語吹替や英語字幕に設定して視聴するようにしてください。

映画を英語吹替・英語字幕で視聴することには「生きた英語が身に付く」というメリットがあります。生きた映画を、好きな映画という「楽しみ」を付与して学ぶことによって、飽きずに勉強することができます。

最近では定額で視聴し放題のサービスも数多く登場しており、より手軽に映画に触れることができるようになっています。楽しみながら生きた英語を身につけるために、休日は英語学習のための映画鑑賞に時間を費やしてみてください。

英語のおすすめインプットツール・番組

スマホのアプリ

今後、ビジネスなどの目的で英語を使えるようになりたいのであれば、効果的に英語を学習できるツールを利用することをおすすめします。そこで、おすすめの英語学習インプットツールを3つ紹介します。

Duolingo(無料)

1つ目は「Duolingo」です。これは無料で提供されている言語学習アプリであり、もちろん英語学習にも対応しています。基本無料で利用できるため、試しに英語学習を取り入れたいという人におすすめです。

なぜ、Duolingoは無料で利用できるのかといえば、Duolingoが「世界中の人が無料で学習を受けられるようにする」というミッションを掲げ、Googleなどから出資を受けているからです。

ちなみに英語学習は日本語対応していますが、他の言語は日本語に対応していません。ですが、英語学習により英語を身につければ、Duolingoが提供している英語以外の言語学習にもチャレンジすることができます。

Real英会話(有料)

2つ目は「Real英会話」です。600円で購入できる(2019年4月時点)有料のアプリですが、ロングセラーの人気アプリとなっています。9000件以上で4.7という、非常に高く評価されている英会話アプリです。

この英会話アプリには、日常的に使用するカジュアルな英会話が数多く収録されています。フレーズはカテゴリごとに分類されているので、積極的に学習したいフレーズがあれば集中的に習得できます。

また、アプリ内に収録されていない英会話がある場合は、リクエストすることができます。今後、リクエストした会話が収録されるかどうかはわかりませんが、うまくいけば自分にとって今後役立つであろう英会話を積極的に身につけることができます。

NHK基礎英語

3つ目は「NHK基礎英語」です。これはNHKラジオ講座のラジオ英語であり、聞き逃した放送は、ラジオストリーミングで前週放送した番組を聞くことができます

1日3回の放送は1回あたりの放送時間が15分であり、手軽に学習することができます。講師陣のレベルの高さが評価されており、しっかりとしたカリキュラムが組まれています。

しっかりと英語を学習したい場合には、有料でテキストを購入することができます。テキストはワンコインで購入できるのでお手頃、今日からでも始められる手軽さも、この英語学習のメリットです。

英語のおすすめアウトプットツール

英語の勉強

インプットツールに続いては、効果的な英語学習のためのアウトプットツールを紹介します。

英会話SpeakBuddy(無料)

1つ目は「英会話SpeakBuddy」です。音声認識AI英会話アプリであり、1か月間は無料で利用することができます。2か月目以降は月額1950円で利用することができます。

このアプリの特徴は、自動で学習カリキュラムを作成してくれることです。学習目的や現在の英会話のレベル、学習時間などを入力することで、その人に合った英会話のカリキュラムを自動的に作成してくれます。

採点機能やさまざまな学習モードを駆使することで、楽しく英会話のスキルを磨くことができます。アプリの評価は高く、約2400人から4.4の評価を得ています。

DMM英会話(有料)

2つ目は「DMM英会話」です。ネットコンテンツの大手「DMM」が提供する英語学習サービスであり、1レッスン150円からマンツーマンの英会話学習を受講することができます

DMM英会話の講師陣は、5%という合格率を達成したハイレベルなメンバーがそろっています。ネイティブを含む117か国の講師陣による、高品質な英会話教室を利用することができるのです。

DMM英会話のサービスは、24時間365日いつでも利用することができます。利用者のライフスタイルに合わせて利用できるので、なかなか時間が取れない人でも気軽に英会話を学ぶことができるのです。

HiNative Trek(有料)

3つ目は「HiNative Trek」です。スマホを使って課題を提出し、講師からのフィードバックを受けるという形式の英会話学習です。月額9800円(年間プランだと年間98000円)で利用できます。

英会話教室というと、教室に足を運び、まとまった時間を必要とするのでなかなか実行に移せないという忙しい人も多いでしょう。しかし、課題提出形式の英会話教室であるHiNative Trekは、好きな時間に英語を学ぶことができます。

面倒な予約は不要、リアルタイムの会話が恥ずかしい人でも気軽に利用できます。「1日1英語」を習慣化することで、継続的に英語のレベルを上げられるのです。

英語の必要性は今後さらに高まっていく

地球と世界

ビジネスの世界などにおいて、今後さらに英語の必要性・重要性は高まることでしょう。その中でチャンスをつかみ、人生をより豊かなものにするためには、英語を学習して身につけることが必要です。

ビジネスを起こし拡大しようとする人、外国人との会話や海外旅行を満喫したい人、さまざまな人にとって英語の必要性・重要性の意味は異なります。しかし、世界の公用語と言える英語を身につけることは、あなたの人生にとって必ずプラスになるはずです

最新情報をチェックしよう!