起業家はうつ病のリスクが高い?

起業家とうつ病

起業家とうつ病

起業家は実はうつ病のリスクが高いです。ここでは、起業家とうつ病について詳しく紹介します。うつ病になってしまっては仕事にも取り組むことができなくなってしまうので、しっかりとその関係性を理解し対策を取りましょう。

起業家とは

起業家とは、自分自身で事業を興した人を指します。起業家の他にも起業家精神などと言った言葉をよく耳にするかと思います。

起業家であるためには、起業家精神はもちろん会社の指針となるとても会社にとって重要な役割となります。そのため責任が多くのしかかるのも考えておかなければいけません。

しかし、自分を追い込みすぎるとうつ病や精神疾患などの病になってしまう可能性が高くなります。しっかりとメンタルケアや対策方法を把握しておきましょう。

うつ病とは

うつ病とは、精神的な病気の一種でありその数は近年増加傾向にあります。中でも起業家とうつ病の関係は深いものとなっている事実があります。

目に見えない症状であるために、その症状経過を他人が気づくことはあまりないでしょう。自分自身がしっかりとメンタルケアなどの施策を行うようにしましょう。

時には、自分を追い込むことも大切ですが、少しでも気分転換などに時間を割くようにしましょう。メンタル面は成長します。自分自身でしか解決できない状況を作り出しそれを超え成長し続けることは起業家にとってとても大切であるといえるでしょう。

起業家がうつ病のリスクがある理由

うつ病のリスク

起業家であるが為に頑張りすぎてしまうのは当然のことですが、メンタル面のケアを怠るとうつ病や精神疾患になってしまい仕事どころの話ではなくなってしまいます。

ここでは、起業家がなぜうつ病やせい疾患のリスクが高いのかその原因を5種類紹介します。

多額のお金を扱うため

日常の個人での費用とは桁がいくつも違う額を動かす時もあるかと思います。多額のおかねを動かすことだけではなく、多くの借金も起業家が患ううつ病のリスクのひとつの原因といえるでしょう。

個人では考えることのできない額を無事に融資してもらったとして軌道に乗らなかった場合のことを考えるだけで気が滅入ってしまうかもしれません。

しかし、この場合には行動をする前である為、気合いを入れて行動する他道はないでしょう。この状態で立ち止まっているようではその道を諦めた方が良いかもしれません。

大きな責任があるため

起業家は大きな責任が常に付き纏います。設立直後など全てにおいて不慣れな時などは責任を感じやすくなているでしょう。しかし、有名な起業家もあなたと同じ思いをしてあの高い位置まで登っています。

また、大きな責任を感じすぎるのもよくないでしょう。しっかりと責任をつとめ、やり遂げる計画と分析、自信を持ち行動し続けると自然と責任が適度なものになります。

大きな責任感を感じすぎてしまう対策法としては、積み上げた計画、分析、情報、自信をもち行動し続けるとであるでしょう。

孤独であるため

孤独であることもうつ病の原因のひとつであるでしょう。1人で会社を回すことは珍しい状況ではありません。取りえあず1人で法人化し軌道に乗ったら人を雇い始めようという考えでしょう。

一人であるが故に、孤独を感じやすいかもしれません。しかし、あなた以外にも一人で会社を回している人は日本だけでもたくさんいるでしょう。発達したネット情報を駆使し、イベントやSNSなどで場所に駆けつけ実際に起業家同士で悩みなどを打ち明け会話をしてみると良いかもしれません。

また、別の解決法としては未来の状況をイメージすることです。運動部だった方は一度は行ったことがあると思いますが、イメージトレーニングは非常に有効的な対策法であるといえます。

思っている結果が出ないため

思っている結果が出ないこともうつ病になる原因のひとつであるといえます。計画書と計画分析を駆使し事業を行なっているが思っているような結果がでないことも予測しておかなければいけないでしょう。

起業家であることは未来を計画し、良い結果・悪い結果どちらの状況も把握しておかなくてはいけません。また、悪い状況に関しては、その解決法も導き出しておく必要があります。しかし、時にはギャンブル的な勝負もすることがあるでしょう。それも起業家の腕にかかっているといえます。

失敗したため

失敗したことは非常に気が滅入ってしまいうつ病の始めりとなってしまうかもしれません。しかし、失敗の線引きは特にありません。あなたが失敗と思っていることはもしかしたらそこまで失敗ではないのかもしれません。

また、全ての人が失敗を経験することではないという事を覚えておきましょう。何か物事の挑戦した人ではないと失敗は経験することはできません。挑戦したあなたなら立ち上がり再度挑戦し起業家として活動をすることなどハードルはさほど高くはないでしょう。

落ち込んでいる時間があったら次のことにその時間を割きましょう。失敗を悔やんでいても成功に変わることは絶対にありえません。

起業家のメンタルケア

メンタルケア

起業家がメンタルケアを行うのは非常に大切です。自分の時間を少しでも取るのはとても大切でしょう。ここでは、起業家におすすめのメンタルケア方法を紹介します。

気分転換

気分転換は非常に大切でしょう。何かに行き詰まっているのに無我夢中でそのまま突き進むといい方向に物事が進むことは少ないでしょう。行き詰まり頭がパンクしそうな時には気分転換をし再度仕事に戻ると新しい視点から物事が見えることもあります。

起業家のメンタルをケアする方法として、適度に気分転換をすることは非常に大切であり、怠ってはいけないことでもあるといえるでしょう。起業家(=会社の経営軸)が落ち込んで滅入っていては、周りに良い影響を与えることはないです。

気分転換を行い周りにプラスの雰囲気を与え続けましょう。そうすることで自然と良い会社の環境が作られるでしょう。

不安や恐怖を口に出す

不安や恐怖を口にだすことも非常に有効でしょう。しかし、ボソボソと口出すのではなく土手や周りに迷惑がかからない場所を見つけ大声で不安や恐怖を払うように吐き出しましょう。

すると自然と気持ちがすっきりとします。起業家にとってメンタルケアは必須なものです。自分だけではなく会社のためにも不安や恐怖に打ち勝ちましょう。

行動し続ける

行動し続けることは起業家のメンタルを維持するために非常に大切になります。また、結果メンタルケア方法となるでしょう。

行動し続けることによりこれから先のことに気が張っています。つまり、常に前を見ている状況になるのです。前を向いている状況では、自然に気持ちもポジティブになります。

また、行動し続けることにより自分自身が何が原因で不安や恐怖を抱えていたのかも顕になることでしょう。常に前を見て計画し行動し続けることは起業家にとって非常に大切なマインドであるといえるでしょう。

うつ病を避ける為に出来ること

避ける

うつ病は起業家全員がかかる病ではありません。もちろんうつ病にかからない起業家もたくさんいます。

うつ病とは何かをきちんと理解しうつ病を避けるために出来ることをしっかりと実践すると良いでしょう。また、メンタル面を鍛えることも非常に重要であると言えます。

起業家として生きていると幾度も重い決断や道を示す必要が多くあります。その度に気持ちが滅入ってしまっては周りもついて行こうと言う気持ちにはなりません。毎度毎度滅入ってしまっている人は起業家としては向いていないかもしれません。

相談する

うつ病になる前に相談することを心がけましょう。しかし、自分がうつ病になりそうだと感じることは多くはありません。なので、最近不安や恐怖から逃れることができないなど精神的に抱えすぎていると感じた場合には相談すると良いでしょう。

起業家のための専用の相談施設もあります。うつ病になってから考えようでは遅すぎるのです。うつ病になる前にしっかりと対策を取ることも起業家の責任であるといえるでしょう。

視野を広く持つ

視野を広くもつことも重要でしょう。視野を狭めて考えた故に選択肢が少なくなり結果が悪くなる選択肢だけで考えている場合があります。視野を広くもつことで選択肢も多くなり結果が変わる選択を出来る蚊のせいが格段に上がります。

また、視野を広くもつことで起業家としてあらゆるアンテナを張ることが出来るので視野を広くもつことはうつ病を避ける為ではなく起業家として生きるためにも必須なことであるといえるでしょう。

綿密な計画を練る

綿密な計画を練ることもうつ病を避けるために出来ることでしょう。その理由として計画をすることで自分の進むべき道を可視化することができます。

自分がたどるべき道が可視化しているために心強くまた、指針の役割を果たしてくれるでしょう。しかし、注意したい点として計画書は計画書であるということです。

事業は生き物のように変化し計画とは違う動きをすることも少なくありません。計画書ばかりを頼りにすることだけは避けるようにしましょう。計画書と事業の現在の状況を自身の肌で感じながら事業を進めていくようにしましょう。

起業家として生きるために

起業家といて生きる

起業家として生きるのは簡単なことではありません。メンタル面はもちろん分析や情報収集、マネジメント能力、行動力などいくつもの能力が問われます。

精神的に病んでしまっては元も子もないのです。万が一、病んでしまった場合には時間をかけてでも立ち直ることが最優先といえるでしょう。その経験を糧に、強いメンタル面を手に入れ事業に集中しましょう。

起業家として生きることは、冒険をするのと同じようなものです。一人よりも二人。無防備よりも防具をしっかりと固める。拠点を作るなどのことを考えながら事業を進めましょう。

起業家は明るい未来のために行動している人が大多数でしょう。メンタル面に困ったら一度原点に戻ってみるのも良い選択かもしれません。

最新情報をチェックしよう!