【パソコン初心者必見】タイピングが早くなるコツ!

タイピングが早くなるコツ

タイピングが早くなるには?

タイピングが早くなるコツはどのようなものがあるでしょうか。タイピングは遅いよりも早い方が多くのメリットがあります。また、タイピングのスピードを上げることはさほど難しいものではありません。タイピングを早くするためにコツを習得し、日々タイピングを行い練習しましょう。

指を置く位置を覚える

タイピングが早くなるコツとしてはじめに挙げることできる事柄は、キーボードに置く指を覚えることでしょう。キーボード自体の大きさは大きいものであっても両手で覆える程度の大きさです。

それぞれの指の範囲を決めて10本の指をふんだんに使うようにしましょう。そのようにすることで手や指の無駄な動きを抑えることができその結果タイピングスピードが早くなるといえるでしょう。

誤字を少なくする

誤字を少なくすることはその結果タイピングが早くなることにもつながります。タイピングの正確性を高めるためにはキーボードの位置を完璧に覚えるようにする必要があるでしょう。

しかし、キーボードの位置を完璧に覚えるにはタイピングの練習が必要であるといえるでしょう。タイピングの速さに自信のない人は継続的にタイピングをする習慣をつけるとタイピングが少しずつ早くなると言えます。

ショートカットキーを覚える

タイピングが早くなるにはもちろんタイピングのスピードを上げることも大切ですがそれ以外にもショートカットキーを覚えることで全体的なスピードは確実に上がるでしょう。

普段使用しているパソコンがWindowsかMacであるかでショートカットキーの仕様も変わるので注意が必要です。例として文書うをコピー・貼り付けをするショートカットキーコマンドを紹介します。

windowsの場合は「Ctrl+C」でコピーをし、「Ctrl+V」で貼り付けを行うことができ、Macの場合は、「command+C」でコピーをし、「Command+V」で貼り付けを行うことができます。それ以外のショートカットキーコマンドを覚えることで全体的なスピードを上げることが可能になるでしょう。

ブラインドタッチを習得する

ブラインドタッチとは、別名タッチタイピングとも呼ばれキーボードに書かれている文字を頼りにせずにキーボードの位置を覚え指先の感覚を頼りにタイピングすることを指します。ブラインドタッチを習得するためには指を置く位置を正しい位置におくことや、タイピングの練習を行うことなど努力が必要です。

しかし、ブラインドタッチを習得すると長い文章も苦に感じることなくタイピングすることが可能になります。また、仕事の職種によっては、ブラインドタッチを習得しておいた方が仕事が効率的に進む場合も多くあります。ブラインドタッチは日々の練習から培われるものなので早めの段階から練習を始めましょう。

ひたすらに練習

タイピングは突然早くなることは決してありません。日々の練習を怠らずに行うことで少しずつ早くなります。そこでタイピングが早くなるサポートツールとしてブラウザ上でできるゲームがあります。次の章ではタイピングを早くするためにサポートしてくれるゲームを3種類紹介します。

タイピングを早くするゲーム

タイピングを早くするゲーム

タイピングを早くするためのコツとして練習することを上記で紹介しました。ここでは、実際にタイピングを練習することのできる無料ゲームを紹介します。また、練習方法としてゲームの他にも個人ブログを始めることも良いタイピングの練習となるでしょう

個人ブログは無料で始めることや、日々の日常の記録をすることでのちに振り返りにもなります。また、タイピングが早くなっている実感がでてきたら方向性を決めてブログを運営するのも副業として始めてみるという選択肢も増やすことができます。大事なことは毎日継続して練習することであるといえます。

寿司打

寿司打はブラウザ上で行える無料のゲームになります。コースが3種類ありそれぞれお題として出る文字数が違うのが特徴になります。

寿司打
寿司打:http://typingx0.net/sushida/

また寿司打は、タイピングを早くするツールとして非常におすすめのゲームとなります。自分の中で目標を決めその目標を達成するまで辞めないなどの設定を自分で決めることでタイピングが早くなるでしょう。また、ランキング機能もあり自分のタイピングの速さがどの程度の順位であるかを知ることもできるツールとなります。

Ghost Typing

Ghost Typing
Ghost Typing:http://neutral.x0.com/home/ghost/

ゴーストタイピングの特徴として、フリーラウンジといった時間制限なしのタイピング練習や相手を決めてタイピングの速さを勝負するゴースト機能があることでしょう。

また、時間制限や自分の中での目標を立てタイピングの練習をすることも可能となります。ゴースト機能でタイピング練習を行う場合には、タイピングに慣れている人がランキングの上位にいる為に少し慣れてからゴースト機能で勝負すると良いでしょう。

TYPING TUBE

typing tube
TYPING TUBE:https://typing-tube.net/?locale=Japanese

TYPING TUBEは音楽に合わせてその歌詞をタイピングするツールになります。音楽にのメロディにのせその歌詞をタイピングするので曲調によっては大変難しいものになります。

しかし、ブラインドタッチを習得するにはとても効果的なツールであるといえるでしょう。また曲も多くあり好きな曲で練習できることから馴染みやすく、行いやすいゲームであるといえるでしょう。

タイピングが早くなることで得られるメリット

タイピングが早くなることで得られるメリット

タイピングが早くなることで実際にどのようなメリットが生まれるのでしょうか?ここではタイピングが早くなることで得ることができるメリットについて紹介します。

仕事の効率が上がる

仕事の効率が上がることはタイピングが早くなることで得ることのできるメリットであるといえるでしょう。特に個人ブログの運営やライターとして活動している人などは直に影響が出るといえるでしょう。

5,000文字の記事を執筆するのに1.5時間かかっているのをタイピングのスピードをあげ1時間で執筆できるようにすると仕事の効率が上がるといえるでしょう。ライターなどで活動している人はタイピングのスピードが早いことで収入の大きさにも関わります。これからライターとして活動しようとしている人はタイピングの速さ、正確さをあげるように心がけましょう。

レポートの時間が減る

学生に限りますが、学生のレポート作成でワードなどで文章を打ち込むスピードがタイピングが早くなることでレポートにかける作業時間も減らすことが可能になります。また、授業内でのグループワークなどでの書記などもタイピングが早いことで行うことが可能になるでしょう。

特に大学生になるとレポートの量や文字数は多くなる傾向にあります。大学生になってからタイピングスピードを上げる努力をするよりも必要になる前から練習しておくと必要なときに困らないでしょう。また、レポートが早く終わることで自分に使える時間も増えることもメリットとして挙げることができます。

疲れづらい

タイピングが早くなると疲れづらくなるというのは少し語弊があります。実際は、ブラインドタッチを習得することで疲れづらくなるといえるでしょう。その理由としては、ブラインドタッチをせずに長時間のタイピングを行なっているとスクリーンとキーボードを交互に見ることになり肩に無駄な力が入ってしまい、肩こりの原因になります。

ブラインドタッチを習得することでスクリーンとキーボードを交互に見る必要がなくなりその結果、肩に力が入ることなく肩こりを軽減することが可能になるでしょう。

タイピングスピードをあげよう

タイピングスピードをあげよう

タイピングの早さはタイピングを早くするコツを実践し、継続的に練習すると確実にそのスピードは早くなるでしょう。タイピングスピードを上げることで大切なのは、コツを理解しより多くの時間練習することです。

個人ブログなどを開設し日常を記録するなど毎日タイピングする習慣をつけると自然と体がキーボードの位置を覚えるでしょう。タイピングの早さが上がると多くのメリットを得ることができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!