大人になってからでも遅くない英語マスター法!

仕事上で必要になることがある

仕事上で必要になることがある

今日本にも多くの外国人が働き2020年には東京オリンピックも開催さ仕事上の関係で外国人とコミュニケーションを取らなければいけない機会が多くなる必要が多くある人が多いはずです。

ここでは、大人になってから英語を使う機会が多くなり英語をマスターしたい人に向けてその学習法について紹介します。はじめに大人になってからでも英語でのコミュニケーションは十分にすることが可能になります

完璧を求める必要はない

今の現状でどの程度の英語力が必要であるかを知ることが重要です。仕事の出張で英語でのビジネス英語が必要であるか、アルバイトで英語でのコミュニケーションをすることが必要であるか、ワーキングホリデーなどで海外で働く為に日常会話やビジネス英語以上の英語力を養う必要があるのか、人によってどの程度英語力が必要であるかは変わってきます。

また、どの程度英語力が必要であっても日本人である為にネイティブ以上の英語力をつけることはかなり厳しいと考えていいでしょう。はじめから完璧を求めずに自分の必要な英語力を前提に英語の学習を始めましょう。

単語の多さは武器

どの程度の英語力が必要であれ単語の多さは武器になるでしょう。単語の意味がわからなければコミュニケーションを取ることが困難になります。英語をマスターする上で単語は一番時間をかけてもいいカテゴリーと言ってもいいでしょう。

また、単語を勉強する際に単語の発音も学んでおきましょう。英語を勉強する上で発音はアメリカ英語(U.S English)イギリス英語(U.K English)で発音が違うので気をつけましょう。また、2つは発音だけではなく言い回しも違うことがあります。

例としてエレベーターを見てみましょう。アメリカ英語の場合”elevator”ですがイギリス英語では”lift”というなど言い回しが異なる単語があるので注意しましょう。

アウトプットする場を設ける

アウトプットする場を設けることは非常に大切であるといえるでしょう。大人になると仕事の時間に多くの時間を取られる為にアウトプットする場を設けることができないのではと考える人も多いはずです。しかし、ネットが発達しオンラインで世界と繋がることができる現在は、オンラインでもアウトプットすることが可能です

例としては、レアジョブDMM英会話ネイティブキャンプなどがあります。どれも料金はかかりますが、時間が限られる社会人でも時間帯を気にすることなく英語のアウトプットすることができるのでぜひ活用しましょう。

英語マスター法

英語マスター法

次に実際にどのような学習をすれば必要な英語力を養うことができるのかその実践方法を紹介します。

単語や基礎をインプット

単語が重要であることは上記で紹介しましましたが、そのインプットは非常に大切になります。また、英語の基礎情報や関連する言葉などが単語帳に記載しているものが多くなります。

単語を覚える時に関連する言葉や基礎情報も合わせて覚えてしまうと良いでしょう。また、通勤時間や休憩時間に映画や海外ドラマを英語音声・英語字幕で見ることでわからない単語を知ることができ、覚えた単語の復習にもなるので積極的に見るようにすると良いでしょう。

イディオムをインプット

イディオムもコミュニケーションのなかでとても重要になります。イディオムとは、2・3語の単語で意味を成す慣用句と考えて良いでしょう。例として、”keep in touch“(連絡を取り合う)や、”in a nutshell“(一言で言うと)などがあります。

イディオムは単語と同様に映画や海外ドラマを見ることでネイティブが使うイディオムを正しい発音で聞くことが可能になります。また、字幕を見ることでそのスペルや文章の流れも確認することができるでしょう。

アウトプット

英語を学習する上で一番重要と言っても過言ではないものはアウトプットです。社会人でアウトプットする方法としておすすめなのは上記で説明の通りオンラインでの英会話です。

インプットした情報を実際にコミュニケーションとしてアウトプットすることで覚えてはいるけれど話そうとするとうまく単語や文章がこないことが多くなります。そのことの繰り返しで段々と頭が英語の処理に慣れてきて英語がスラスラと出てくるようになるでしょう。

英語をマスターする上でアウトプットする時間が長いほうが確実に短時間で英語をマスターすることが可能になります。オンライン英会話を活用しアウトプットする時間を増やしましょう。

英語は大人になってから学習するのは遅くない

英語は大人になってから学習するのは遅くない

英語は大人になってから学習を初めても決して遅くはありません。自分の必要な英語力まで英語力をつけるにはインプットとアウトプットの繰り返しが非常に重要となります。さらにアウトプットの時間が長ければ長いほどマスターへの時間は短くなると言えます。

最新情報をチェックしよう!