インターンシップとは?基本的な情報と種類、時期について紹介!

インターンシップとは

インターンシップとは

インターンシップとは、企業が学生に向けて就業体験をする制度のことをいいます。基本的には、就職活動の時期が近い大学生に向けて展開する制度ですが、企業によっては高校生でもインターンシップを募集している企業もあります。

学生のうちにインターンシップを行うことでどのような収穫があるのでしょうか。収穫するものを増やすためにもここでは基本的なインターンシップについて、またインターンシップの種類や時期、メリット、注意点について紹介します。

参加する目的

大学生や就職に近い時期になるとインターンシップと言う言葉を頻繁に聞くようになるでしょう。周りがインターンシップに参加しているから流されていくのではなくしっかりとした目的を持って参加することは一番重要であるといえます。

しかし、行動しないと何も始まりません。自分の意思で「とりあえず」インターンシップに参加するのは良いことなのではないでしょうか

将来を見据える上で重要

インターンシップに参加して就職するのかしないで就職するのかでは大きな差があるといえます。インターンシップに参加することで本当に自分に参加した企業のような業界があっているのかなど知ることができるからです。

就職してから業界が自分に合ってないと気づいては遅いでしょう。インターンシップは将来を見据える上で重要なステップであるといえます。

インターンシップの種類

インターンシップの種類

ここでは、インターンシップの種類について紹介します。ここでいう種類とは短期、長期インターンシップの2つに種類分けし、それぞれの基本的な情報、特徴について紹介します。

短期インターンシップ

短期インターンシップとは、1DAYのものや1WEEKのものなどが該当します。その期間が短いことから短期インターンシップと呼ばれています。多くの企業が募集をかけており、少ない期間で企業のことを知ることができる良い機会であるといえます。

短期インターンシップの特徴

短期インターンシップの特徴として挙げることができるのはその期間の短さです。短いが為に長期インターンと比べると理解度は浅く、得られるものも少ないでしょう。また、給与の支給が無いことも特徴の1つです。

メリットとしては、期間が短い為に多くの企業のインターンシップに参加でき、共に就職活動をする人と情報交換ができる点があるでしょう。

長期インターンシップ

長期インターンシップとは、短期インターンシップに比べると倍以上の期間をインターンに捧げることで「業界に対する考え」や「向き・不向き」などが明確になるでしょう。

また、長期インターンシップではスタートアップ企業やベンチャー企業が中心に募集しています。もしスタートアップ企業やベンチャー企業に就職を希望している場合には、積極的に参加してみると良いでしょう。

長期インターンシップの特徴

長期インターンシップとは、3ヶ月以上の期間を実際に社員と同じ業務を行うことで業界や仕事に対する理解度を深めることができるメリットがあります。また、給与も支払われる特徴があります。

メリットとしては、実際に現場を経験することでその視野や考え方が深まり新しい自分に出会えることを挙げることができるでしょう。

また、デメリットとしては、長期であるために自身のマネジメントスキルが必要になることでしょう。マネジメントスキルを養うためにも長期インターンシップに参加する手はいかがでしょうか。

セルフマネジメントに関する記事はこちら:セルフマネジメントの意味とは?実践方法も紹介!

インターンシップの時期

インターンシップの時期

実際にインターンシップを行うにあたって多くの企業がどの時期にインターンシップを募集しているのかについて紹介します。

基本的には1年を通してインターンを募集している企業がありますがここでは、特に長期休みと時期が被ることで多いとされている夏、冬について紹介します。

サマーインターンシップ

サマーインターンシップは1DAYのものや短期、長期のものまで様々な種類が存在します。また特徴の1つとして大学3年生を対象としているインターンシップが大多数です。しかし、企業によっては全学年を対象としているインターンシップもあるのでよく下調べをしましょう。

また、サマーインターンシップは5〜8月の間にエントリー・選考を行い、7〜9月の間にインターンシップの実施を行う企業がほとんどです。就職活動を円滑に進める為にも自身のスケジュール管理を徹底しましょう。

スケジュール・タイムマネジメントに関する記事はこちら:タイムマネジメントをうまく活かす方法とは?

ウィンターインターンシップ

秋冬のインターンシップの特徴として挙げられる大きな点はインターンシップの結果次第では、「内定」をもらえる可能性がある点でしょう。優秀な人材を早期に獲得したい企業にとって、秋冬インターンシップは貴重な選考の場となります。

その為ES(エントリーシート)のレベルも必然的に上がり、インターンに参加できない場合もあるでしょう。そこで落ち込まず、次に次にどんどん挑戦しましょう。本番の就職活動はこれからです。

インターンシップのメリット

インターンシップのメリット

インターンシップを実際に経験することでどのようなメリットを得ることができるでしょうか。ここでは、インターンシップに参加することで得ることのできるメリットについて紹介します。

インターンシップの種類は長期や短期など、1種類ではないことは上記で紹介しました。ここで紹介するメリットはどのような種類のインターンシップでも得ることのできるメリットといえます。

業界を知ることができる

進みたい業界が決まると、その業界ではどのような動きで働いているのか、また仕組みなどを知る必要があるといえます。実際にインターンシップ で業界の動きを体験することで向き・不向きや仕事に対する熱意は大きく変わるでしょう。

どのような感情や想いが残るかは十人十色ですが、何かを感じることができるのは、インターンシップを経験した人のみです。これは十分にインターンシップを経験することのメリットであるといえるでしょう。

志望動機になる

企業が募集するインターンシップに参加しその熱意が高くなり就職したい企業が見つかれば、「インターンシップに参加した。」という1つの志望動機を得ることができます。

人材不足が大きな問題となっている今、企業側も熱意があり優秀な人材を喉から手が出るほど欲しがっています。志望動機の1つになることも大きなメリットの1つであるといえます。

企業にアピールすることが可能

資系の企業や商社などの業界によっては、インターンシップの場は非常に重要な場となります。その為にインターンシップ参加前に知識などを身につけることは必須の項目であるといえるでしょう。

業界においての知識や企業についての知識を身につけた状態で臨むと企業へ大きなアピールをすることができるでしょう。「企業にアピールする場に参加できる。」という意識を持つとより良いでしょう。

自己分析することが可能

インターンシップに参加することで企業の上司や業界の仕組みを知ることで、新たな発見や自分に不足しているスキルや考えを発見することができるといえます。

インターンシップ後に成長した自分に近づくことができ、インターンシップの経験があることでできる自己分析をすることができるのはインターンシップに参加するメリットであるといえるでしょう。

インターンシップのポイント

インターンシップのポイント

ここでは、インターンシップに参加することで注意また気をつけたいことのポイントについて紹介します。インターンシップをより有意義なものへと変えるためにも把握しておきましょう。

準備期間が大切

インターンシップに参加する前の期間に少しでも業界や仕事に対する知識をつけておくと良いでしょう。その理由としては、準備期間で身につけた情報や知識をインターンシップで活躍することで理解度が深まります。

また、企業に対するアピールも少し余裕を持った状態でできるでしょう。準備期間の過ごし方によってはただ、インターンシップに参加するだけで終わってしまいます。より有意義なインターンシップにするためにも準備期間の過ごし方を考えましょう。

振り返りを欠かさずに行う

インターンシップのような新しい環境に身をおく上で大切なポイントとして欠かさずに行うことは重要なポイントであるといえます。振り返りを欠かさずに行うことで知識や情報、自分の不足している点、できている点を再認識することができます。

振り返りを欠かしてしまうと、新しい知識や情報、環境に飲まれ時間が過ぎ去って行く勿体無いインターンシップの過ごし方になってしまいます。自分の成長の為にも振り返りは欠かさずに行うようにしましょう。

インターンシップ後の行動

インターンシップに参加し、その後の行動をどのように取るかは、その後の自分成長や就職活動に関わる為、とても重要になります。インターンシップ後もインプットした情報をアウトプットし、身に付けることを心がけましょう。

アウトプットについての記事はこちら:アウトプットの効果的な方法とは?

また、1つの企業だけではなく興味のある業界に属するいくつかの企業が展開するインターンシップに複数参加すると良いでしょう。

インターンシップの探し方

インターンシップの探し方

ここでは実際にインターンシップ先を探すにはどうすれば良いかその探し方、解決法について紹介します。インターンに興味があるけれど、インターンシップ先が決まっていない人などは、以下の方法をとって探すのも考えてみましょう。

学校のキャリアオフィス

大学の場合には、ほとんどの大学にキャリアセンターやキャリアオフィスがあるのでまず相談しにいくのは賢明な判断といえるでしょう。大学の独自のインターンの求人やキャリアセンター主催の企業合同説明会などがあるので参加するのも良い手といえます。

キャリアセンターを利用することで新しい興味のある説明会やインターンシップ先に出会うことができるかもしれません。可能性がある以上利用した方が良いといえるでしょう。

先輩からの紹介

先輩や教授からの紹介による探し方もあるでしょう。実際にインターンシップを経験した先輩からアドバイスを聞けるなどのメリットも大きいはずです。

しかし、実際にインターンシップを経験してその業界や企業の雰囲気が合わないこともあるでしょう。そのような時にはまた違うインターン先を見つけるなどして諦めずに行動しつずけると良いでしょう。

独自で探す

インターンシップ先を独自で探すことは十分に可能なことであるといえます。自分の興味のある業界や分野からネットや実際に足を運んで情報収集をし、インターンに応募するなどの方法があるでしょう。

興味や関心が高い分、紹介などよりもより意欲的に臨める点に関しては独自でインターンシップ先を見つけるメリットは大きいともいえます。

インターンシップは積極的に参加しよう

インターンシップは積極的に参加しよう

インターンシップに参加することで業界や実際の仕事の内容働いている先輩などを近距離で見ることができ、長期のような長い期間であると一緒に働くことになります。就職活動を円滑に進める為にもインターンシップには積極的に参加するようにすると良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!