ストレス解消法まとめ6選!|ストレスの種類を紹介

ストレス解消法6選

ストレス解消

日々の仕事や人間関係、多くの要因でストレスを抱えている人は数多くいると思います。ストレスを溜めすぎると精神的な病気だけではなく身体的の病気になる可能性が高くなります。

環境を変えることができるならば、環境を変えることが一番ですが環境を変えることができない方の為にストレスを軽くするストレス解消法を6選紹介します。1日の中で時間を少しとればできることなので実践することをおすすめします。

体を動かす

ストレス解消法の一つとして体を動かすことが挙げられます。仕事前に朝ランニング、ジョギングをするなど有酸素運動により脳が刺激されストレスを和らげてくれる働きがあります。

ランニングやジョギング以外にもジムに行き体を鍛えることやプールでの水泳も同じような効果が見込めるので実践すると良いでしょう。運動後には頭がすっきりとし、良い気分転換にもなります。

また、体を動かすことでネガティブな自分の気分を転換してくれることもあります。1日おきや3,4日に一回など定期的に継続して行うことでより効果が上がるでしょう。

叫ぶ

声に出すことはとても大事なことです。音楽やライブに興味のある方は好きなアーティストのライブ、コンサートに行き気持ちをあげることでストレスが軽減される効果があります。

また、ライブやコンサートにいく時間がとれない方は1人カラオケも良いストレス解消法になるでしょう。誰からの目を感じることのなく熱唱することでとてもいいストレス解消法になります。また、近くにカラオケ店がないというかたは土手や河川敷で大声で歌うこともいい解消法でしょう。

ツボを押す

ツボを押すこともストレスが軽減される見込みがあります。ツボを押すのは時間や場所にとらわれずに行えるので、仕事場や移動時間でも実践できるメリットがあります。実際に、押すツボを2箇所紹介します。

1つは、「百会」と呼ばれるツボです。頭のてっぺんに位置するツボになりこのツボを押すことで副交感神経の働きを良くしリラックスできる効果があります。息を吐きながら行うと良いでしょう。

2つ目は、「合谷」と呼ばれるツボです。親指と人差し指の付け根に位置するツボになりこのツボを押すと心理的不安の解消が見込める効果があります。時間として5病前後押すと良いでしょう。また、飲酒時や妊娠中、食後すぐに押すのは避けるようにしましょう。

湯船に浸かる

湯船に浸かることもストレスを解消する方法の一つとして挙げることができます。湯船に浸かることで副交感神経の働きを良くし怒りなどの気持ちを沈めリラックスする効果があります。

入浴時間は20分前後にしておくと良いでしょう。また、効果を挙げる方法として歌うことや本を読むアロマを焚くなどして効果を挙げリラックスしてキモ落ちを切り替えましょう。

陽の光を浴びる

陽の光を浴びることも非常にストレス解消・軽減への手助けをしてくれます。昼夜逆転の生活をしているかたは陽の光を浴びる時間が極めて少ないでしょう。陽の光を浴びる時間が極端に少ないと憂鬱な気分やうつ病、カリカリ怒りっぽくなることもあります。

陽の光が出ている間は少しでも多く陽の光を浴びることで体内も調整されメリットが多くあるので出来るだけ浴びるようにしましょう。

気分転換で遊びに行く

気分転換も非常に大事になります。友人や恋人と遊びに行くことも良い気分転換になります。また、芸術作品を美術館に見に行くでも良いでしょう。

ストレス解消には人によって合うもの合わないものがあります。一番しっくりきたものを実践するようにしましょう。また、ストレス解消としてお酒や買い物などを行なっている人は節度を守り行うと良いでしょう。

ストレスを知る

ストレスとは

ストレスを解消するには、解消法からストレスの解消・軽減がおすすめですがストレスとは何かを知ることもストレスと向き合うことにおいて大事になります。ここではストレスとは何かを紹介します。

また、人によってストレスが溜まりやすい人、溜まりにくい人によって特徴があります。自分が溜まりやすい人か溜まりにくい人かを知ることも知っておくと良いでしょう。

ストレスとは

ストレスとは外部からの仕事の責任や人間関係、精神的な問題などの要因からくる体や心に影響を及ぼすものをさします。

ストレスには様々な種類が存在します。ストレスを感じている人は何か物事を行なっている人に限ります。ストレスを感じない人はなにも考えていない人かもしれません。ストレスを感じていいる人は今の環境と戦っていると考えると気持ちが楽になるかもしれません。

ストレスを溜めやすい人

ストレスを溜めやすい人はうまくストレスと付き合っていく必要があります。我慢しすぎると精神的に病んでしまう可能性があるので、適度に気分転換や解消を試しストレスの解消・軽減に努めましょう。ストレスを溜めやすい人の特徴としてあげられるのは以下になります。

完璧主義・マイナス思考・せっかちなどの考え方の人が当てはまります。当てはまらない人でももしかしたらストレスで悩んんでいる方がいるかもしれません。そのような方は上記記載のストレス解消法を実践し、ストレスを少しでも軽減しましょう。

ストレスを溜めやすいことにより、日頃からイライラしてしまう可能性があります。その影響で飲酒や喫煙でのストレス発散を行なってしますと悪循環になります。ストレス解消法6選にあるストレス解消も試してみましょう。

ストレスを溜めにくい人

ストレスを溜めにくい人の特徴も紹介します。ストレスを溜めにくい人はストレスが溜まりやすい性格の人にとって羨ましいかもしれません。溜まりやすい人も考え方を少しストレスが溜まりにくい人寄せることによって変わる可能性があります。

ストレスが溜まりにくい人の特徴として、マイペース・睡眠、食事をしっかり取る・規則正しい生活習慣・素直であることがストレスを溜めにくい人の特徴と言えるでしょう。

ストレスの種類

ストレス

ストレスには原因があります。その原因の種類によってストレスの種類が変わってきます。ストレスの種類を知ることでなにが原因になっているのかを知ることができます。

物理的ストレス

物理的なストレスは敏感な人であれば日々感じてしまうでしょう。具体的には、暑さや寒さにより感じる場合、満員電車や騒音、花粉などによるストレスが物理的ストレスに当たります。

物理的ストレスでは予防策として対策すると良いでしょう。予報で寒くなると予報されれば上着を一枚余分に持っていくなどの対策をとると良いでしょう。また、花粉症もストレスの要因の一つであります。花粉なども同じく対策を施すことが一番の予防策でしょう。

社会的ストレス

社会的ストレスには仕事の重圧、生活の不規則から成るストレスとなります。多くの方がストレスに悩まされる中で社会的ストレスに当てはまる方が多いでしょう。

予防策として、自分自身のマネジメントを行うことが良いでしょう。マネジメントをし、タスクやプロジェクトを可視化することで不安材料を取り除きましょう。

また、自分自身のマネジメントであるセルフマネジメント の意味とその実践方法を記した記事もあるのでセルフマネジメントを行う手助けとして活用すると良いでしょう。

肉体的ストレス

肉体的ストレスには、仕事の疲れや不規則な生活を元に始まる生活習慣の乱れ、病気、怪我など肉体的に関するストレスが該当します。肉体的ストレスを避けることは他のストレスと比べると難しいです。

肉体的ストレスを避けると考えるのではなく、軽減する方法を考えましょう。軽減する方法はストレス解消法6選の解消法を実践することが一番いい対策法と言えるでしょう。

精神的ストレス

精神的ストレスには、将来に抱く不安、自分自身の健康問題、精神的負担に対するストレスなど精神的に負担となるものが精神的ストレスに該当します。

精神的な悩みは深刻になると脱出することが1人の力で行うことは困難になってしまいます。しかし、そのストレスを溜め込むことなくその前にしっかりとストレス解消法や自分なりのストレス発散法で普段からストレスを解消することを心がけましょう。

その他のストレス

その他のストレスとして、騒音や悪臭などの環境的な問題による環境的ストレス、人間関係によるストレスなど多くのストレスの種類が存在します。

ストレスを溜めやすい・感じやすい人は普段からストレスを解消する方法を自分なりに見つけてみると良いでしょう。ストレスを溜めにくい人でもふとれすが全く溜まらない訳ではありません。適度にストレスを解消することを心がけるようにししましょう。

ストレスと向き合うのも時には必要

ストレスと向き合う

ストレスを解消することばかりを考えてしまいストレスを解消すること自体がストレスの原因になってしまう可能性があります。そのような事態を防ぐために時にはストレスと向き合うことにも挑戦してみましょう。

なにが原因でなにが不安なのかを探求することでストレスの要因を知ることができます。それを自分の力で変えることができるのであれば挑戦してみると良いでしょう。

自己成長のため

ストレスの原因を知り、自分の力で変えることができ挑戦することで自分自身の成長を見込むことができます。精神的に成長することはとても重要なことです。ストレスを解消するだけでなく、ストレスの要因を自分で解決することにも挑戦してみましょう。

注意点としては、あまりにも挑戦しすぎると自信を喪失してしまう恐れがあります。うつ病などになってしまうと仕事もできなくなってしまうので気分転換を適度に入れストレスの軽減するようにしましょう。

自分のメンタルを強くする

自分のメンタル(精神的)強化のためにもストレスと向き合うのが必要となる時があるでしょう。何かやらなければいけないことに無理矢理逃げ道を作ることも人によってはあるかもしれませんが、その壁を超えることでメンタル(精神的)を強化し新たな自分に出会うことができるでしょう。

自分のメンタル(精神的)が強くなった際には今まで自分がストレスを感じていたことが気にならなくなる可能性もあるでしょう。自分自身が寛容になり、気になっていたことも気にならなくなるかもしれません。

気をつけるポイント

自分のメンタルを強くする方法の1つとして壁を乗り越えることを紹介しましたが、その際に無我に取り組むと自分が壁を越えられなく嫌気が差しなにもやる気が無くなってしまう可能性があります。

そのような時には、自分1人で考え込むのではなく周りの友人や家族に相談することで壁を超える手助けをしてもらうと良いでしょう。

「解消法」という逃げ道を作っておく

解消法という逃げ道を作っておくことで安心して戻ることができる場所を作っておくことも必要でしょう。また、何か大きな壁に挑戦するストレスをかけている場合にはその壁を超えることができた時になにかご褒美を決めておくとストレスが大きくなることなく壁を超えることができるかもしれません。

また、解消法も人によって合う合わないがあります。自分がどのようなストレス解消法が一番合うかを探し合うものでストレスを解消するようにしましょう。

プロの手を借りるのも解消法の一つ

冒頭にもあったようにストレスを溜めすぎてしますと精神的な病気だけではなく身体的の病気にもなるリスクも高まります。しかし、溜めすぎてしまうことも多くあるかもしれません。

プロの専門家やカウンセラーに相談しに行くことで1人ではないことを認識しましょう。また、自分の悩みなども恥ずかしがらずに相談してみると良いでしょう。

ストレス解消は必須

ストレス

ストレス社会と言われる社会で生きていく上でストレスと戦う人は数多くいるでしょう。社会人・学生どちらの身分でも違うストレスの原因に悩まされることが多いかもしれません。どちらの場合でもずっと溜め込んでしまうと精神的に病んでしまいます。病んでしまっては元も子もありません。

その前に環境を変えられるのであれば環境を変える不可能であるならばストレス解消を日頃から行いましょう。また、環境を変える前に自分自身がストレスを溜めにくい人に変わるために考え方や物事の見方を変えてみてもいい対処方法となるでしょう。

最新情報をチェックしよう!