読書の効果は絶大?大人こそ本を読もう

読書がもたらす効果

本がもたらす効果

読書には、実にさまざまな効果があります。ここでは、読書がもたらす6つの効果について解説します。

新しい考えに出会える

1つ目の効果は「新しい考えに出会える」ことです。本にはさまざまな情報が記載されていますが、これを読み込むことによって今まで知らなかった知識や考え方を手軽に身につけることができます。知識や考え方に出会う方法は他にもいくつか考えられますが、本ほど効率よく考え方や知識を習得する方法は無いでしょう。

新しい考えに出会うことは、同時に「共感力」を高めることにもつながります。自分と異なる考えや行動に対して納得できるケースが多くなり、コミュニケーション能力を養うことにも役立つのです。

語彙力が高くなる

2つ目の効果は「語彙力が高くなる」ことです。語彙力とは、どれだけ多くの言葉を知っているかということであり、これは単純に単語を覚えていることとは異なります。本当の意味で「語彙力が高い」ということは、多くの言葉の意味と使い方をしっかりと理解しているということなのです。

本には、さまざまな文章が記載されています。中には、あまり馴染みのない単語も多く登場するでしょう。しかし、単語を文章とともに読み込むことによって単語の意味だけでなく、適した使い方も習得することができます。

自分が磨かれる

3つ目の効果は「自分が磨かれる」ことです。読書することは自分のセンスを磨くことでもあり、読書を重ねることによって「本質を読み取る能力」を養うことにつながります。

さらに、読書は「アイデアをひらめく能力」を磨くことにもつながるのです。知識や考え方を吸収し続けることによって、今までの自分では思いつかなかったような新しいアイデアをひらめくことができます。生活や仕事に役立てることで、人生をより充実したものに変えることにつながるのです。

ストレスが軽減される

4つ目の効果は「ストレスが軽減される」ことです。海外の大学の研究によると、数分間の読書でストレスの半分以上を軽減できるという研究結果が出ています。実際、読書を趣味にしている人はストレスなく穏やかな佇まいをしている印象がありますね。

ストレスを溜めこむことは健康を害し、人生をつまらないものに変えてしまいます。しかしながら、現代社会はさまざまなストレス源があり、私たちを苛んでいます。読書は、そんなストレスから身を守る優秀なツールになるのです。

非日常を体験できる

5つ目の効果は「非日常を体験できる」ことです。普通の暮らしでは体験できないような冒険譚や恋愛模様、緊張感あふれる推理合戦やバトルシーンなどを、読書は手軽にもたらしてくれます。

本にはさまざまなジャンルがあり、非日常を描いた小説も多く存在します。そうした本を読むことで非日常を疑似体験し、ストレス緩和などにも良い影響を与えてくれるのです。

モデルとして参考にできる

6つ目の効果は「モデルとして参考にできる」ことです。本に登場する人物や著者など、世の中にはさまざまな生き方をする人や登場人物が存在します。その中には、あなたの生き方のモデルとなるような生き方をする人がいるのではないでしょうか。

人生、ときには生き方に迷ってしまうこともあるでしょう。そんなとき、読書によって生き方のモデルを探すことによって自分の生き方を見つめ直すチャンスが巡ってくるのです。ひょっとしたら、今までの人生と180度異なる生き方に惹かれるかもしれませんね。

読書の効果を上げる方法

読書の効果を上げる

読書は、何も意識せずに読むよりも、その効果を上げる方法を実践したほうがメリットは大きくなります。ここでは3つのポイントについて解説します。

読む前に予想する

読書の効果を上げる1つ目のポイントは「読む前に予想する」ことです。どんな本にも必ず「目次」がありますが、目次を見て内容を予想することが読書の効果を上げるポイントになります。

目次には、その本に書かれている内容の見出しが書かれています。そして、見出しを見ることによって、ある程度その内容を予想することができます。その後、実際に読書して内容を見て、自分の予想通りの内容だったかどうか見極めるのです。

予想から大きく外れた内容であった場合、目次だけでは読み取れない著者の巧みな表現技法があるのかもしれません。こうした部分からも著者の考えを読み取るきっかけになる可能性があり、読書の効果を上げることができます。

自分なりにフィードバックする

読書の効果を上げる2つ目のポイントは「自分なりにフィードバックする」ことです。読書で得た知識や考え方を、情報として記憶するだけでは読書の効果は活かせません。読書効果を上げるためには、自分なりのやり方で良いのでフィードバックしてみることが重要なのです。

フィードバックした結果、次に読むべき本の種類も自ずと見えてくるかもしれません。次の読書につなげる好循環を生み出すことも、フィードバックによる読書効果を上げる結果につながるのです。

行動に移す

読書の効果を上げる最後のポイントは「行動に移す」ことです。読書によって得た知識をフィードバックしたら、それをもとにして自分の行動に変化をつけます。また、全く新しいことにチャレンジしてみることも、読書効果を上げる結果になるのです。

読書によって得た知識や考え方は、必ずあなたの行動を良いものへと変化させてくれることでしょう。日常生活や仕事などにフィードバックすることで、より良い生活・人生を送ることで読書効果を最大限まで引き上げることができます

大人こそ本を読んだ方が良い理由

大人が読書する

大人は何かと時間が無くて忙しいものですが、大人だからこそ読書の効果を享受すべきだといえるのです。大人こそ読書すべき理由を、3つのポイントに分けて解説します。

大人の教科書は本

1つ目の理由は「大人の教科書は本である」ということです。教科書というと学校に通う若者が読むものだというイメージがあり、大人には決められた教科書が与えられません。だからこそ、大人の読書は重要なのです。

例えば小学校の場合、基本的に同じ教科書を使用するので得られる知識は統一されたものです。しかし、大人の読書は決まった教科書が存在せず、代わりに自分が必要としている知識を読書によって積極的に得ることができます

実際、専門知識について書かれた本は数多く存在します。生活や仕事にフィードバックできる知識や、趣味に生かせる知識を得るための教科書として、本を活用することが読書の効果なのです。

新しい知識がつけられる

2つ目の理由は「新しい知識がつけられる」ことです。前述の通り、本にはさまざまな知識が集約されています。読書によって知らない知識、新しい知識を身につけるきっかけとなります。

今すぐ必要になる知識や、将来的に役に立つかもしれない知識など、さまざまな新しい知識を得ることは大人にとってもメリットが大きいです。例えば読書によって得た知識をもとにして新しい趣味を始め、それが高じて副業になり、独立して新しい人生をスタートする、という構図も珍しくありません。

得た知識をどう使うかは、読書した人が自分で決めることです。今の生活をより良いものにするか、全く新しい生き方に切り替えてみるか、その人次第でさまざまな人生が考えられます。人生にもかかわるような新しい知識を手軽に得ることが、読書の醍醐味かもしれませんね。

文章を書く能力が上がる

3つ目の理由は「文章を書く能力が上がる」ことです。読書は語彙力や知識が身に付くだけでなく、文章を書く能力の向上にもつながります。

文章を書く能力は基本的に文章を書き続けることが必要になります。しかし、文章を書き始めるためには、ある程度の知識が必要なのです。また、読書によって読み手の心に訴えかける文章構成などを知ることで、上手な文章の書き方のテクニックを身につけることもできます。

文章を書くことは、生活や仕事の中で必ず必要になります。必要な情報や気持ちを読み手にしっかりと届けたいのであれば、文章力を身につけられる読書が大人には必要なのです。

読書離れの原因とその理由

読書離れ

これだけ多くの効果と魅力を持つ読書ですが、悲しいことに昨今は「読書離れ」が顕著になっています。その理由を3つの観点から考察してみましょう。

スマホの普及

1つ目は「スマホの普及」です。大人だけでなく子供もスマホを持つのが当たり前になった現代、必要な情報を得る手段を読書からスマホ(インターネット)に移行する流れがすでに浸透しています。

もちろん、スマホだけが悪者であるというわけではありませんし、スマホと読書離れに具体的な相関関係が無いという主張も存在します。しかしながら、暇をつぶす手段が読書からスマホに代わっている印象は拭い切れませんし、読書時間が短い学生ほどスマホを使用する時間が長いというデータもあるのです。

時間がない

2つ目は「時間がない」ことです。自由に使える時間がなければ、時間を割いて読書することもできないというのが読書離れの理由になります。

特に大人は仕事や家事で忙しく、なかなか読書に時間を割く余裕がないのでしょう。読書することのメリットは確かに魅力的ですが、やらなければならないことを蔑ろにしてまで本を読んで欲しい、とは言えません。

本への興味が薄れている

3つ目は「本への興味が薄れている」ことです。読書することにはさまざまな理由・目的があるものですが、それに代わるものが近年数多く登場したことによって、多くの世代で本への興味が薄れてしまっています。

例えば子供の場合、スマホやゲームなどが数多く販売されており、多くの子どもがこれらで遊んで時間をつぶしています。その代わりに読書することへの関心が薄れてしまい、読書離れを起こしているのです。

情報収集としての読書に関しても、インターネットの普及により最新の情報を誰もが手軽に入手できるようになりました。書かれたことが更新されない本よりも、常に最新の情報が更新され続けるインターネットの方が、情報源としての効果に魅力を感じるのでしょう。

読書する際の注意点

読書の注意点

最後に、読書する際に注意したいポイントを3つに分けて解説します。読書の効果を最大限に引き上げるために、これらのポイントに注意して読書を楽しんでください。

時間で区切る

1つ目のポイントは「時間で区切る」ことです。読書する際、一度に最初から最後まで読むことができないことも多いでしょう。そんな時、時間で区切った読書の仕方がオススメです。

例えば「昼休みのうち、20分間を読書時間にする」と決めると、読書の習慣が自然と身に付きます。忙しい現代人でも、時間で区切る読書によって空き時間を読書時間として有効活用することができます。

また、時間で区切ることは「読書に集中できる時間を決められる」ことでもあります。読書には相応の集中力が必要であり、時間で区切ることで集中力が低下する前に読書を終えて、質の良い読書を維持することができるのです。

空間を明るくする

2つ目のポイントは「空間を明るくする」ことです。蛍雪の功なんて言葉もありますが、暗い場所での読書は体に良くありません。明るい場所で読書するか、暗い場所であれば明るくして読書に適した空間にしてから読書してください。

暗い空間での読書には、さまざまなデメリットがあります。例えば「視力の低下」です。よく「暗いところで読書すると目が悪くなる」といいますが、実はそれ自体には医学的な根拠は無いそうです。ですが、目の疲労によって視力が低下してしまう可能性がありますので、やはり暗い場所での読書はオススメできません。

集中が切れたら読むのを辞める

最後のポイントは「集中が切れたら読むのを辞める」ことです。前述の通り読書には相応の集中力が必要であり、読書を続けることで集中力が切れてしまうこともあります。もし、読書中に集中力が低下したと感じたら、その時点で読書を辞めることをオススメします。

読書の効果はさまざまですが、集中力が切れた状態で読書してもそのメリットを享受することは難しいです。せっかく読書するのであれば、集中した状態で行うべきです。一気に読み切ってしまいたい本もあるでしょうが、集中力が切れたら一旦休んで、集中力が回復してから再び読み進めるようにしてください。

読書は人生を豊かなものにする手段である

読書と人生

いかがでしょうか。読書のもたらす効果の大きさは、皆さんが予想していた以上のものではないかと思います。読書離れも深刻ですが、人生を少しでも豊かで充実したものに変えたいと思うのであれば、読書の効果は決して無視できないものです。まずは読みやすい本からスタートして、慣れてきたら難しい本にチャレンジしてみてください。

最新情報をチェックしよう!