セルフマネジメントの意味とは?実践方法も紹介

セルフマネジメントの意味とは?

セルフマネジメントのクエスチョン

まずは、セルフマネジメントの意味や目的について解説します。

セルフマネジメントの本質

セルフマネジメントの意味するところは「自己管理」あるいは「自立」です。では、自己管理とは何かといえば、自分で自分を統制するという意味があります。また、その能力のことを意味する場合もあります。

労働における、従業員ひとりひとりの生産性を高めるために、セルフマネジメントの意味が重要視されています。つまり、セルフマネジメントには個人の能力にも関係する意味を持っていることになるのです。

セルフマネジメント能力を向上させることによって、何をすれば良いのかわからず指示待ちの状態になることや、時間内に作業が完了しないといった労働力の無駄を省く意味が出てきます。セルフマネジメントは現代社会において重要な意味を持つことになるのです。

セルフマネジメントを行う目的とは?

セルフマネジメントを行う目的は、大きく分けると2つあります。1つは心身ともに自身の安定を図ること、もう1つはそれらをより良い状態に改善することです。細かい目的に応じて、習得すべきスキルや活用すべきツールも異なります。

労働生産性を少しでも高めるためには、個人個人が自身の健康及び精神を管理することが求められます。セルフマネジメントを行うことによって自主性や安定性を確保し、生産性を高めることができるのです。

特に、昨今は精神の安定を図る目的が重要な意味を持つとされています。精神の不調は生産性の低下だけでなく、人生の質を低下させる大きな要因になりかねません。より良い人生を歩むためにも、セルフマネジメントの意味と目的を理解する必要があります

セルフコントロールとの違い

似たような言葉に「セルフコントロール」という言葉があります。言葉が類似していれば意味も同じなのかと思われるかもしれませんが、セルフマネジメントとセルフコントロールは全く異なる行動です。

セルフコントロールの意味は「自己抑制」です。誘惑や葛藤に直面したとき、自身の欲望や感情を抑制し、行動を自制することがセルフコントロールの目的となります。

前述の通り、セルフマネジメントは自身を管理し、より良い状態を維持することを目的とします。感情や行動を抑制するセルフコントロールとは意味も目的も異なるのです。

セルフマネジメントの必要性

セルフマネジメントの必要性

次に、セルフマネジメントの必要性について解説します。

ビジネスで求められる

まずは「ビジネスで求められる」事が挙げられます。日本の労働力人口は減少し、生産力が低下の一途をたどっています。生産性が低下すれば企業としての競争力も低下してしまい、企業間競争による商品やサービスの品質向上などのメリットが失われてしまいます。

労働力人口が減少する中で生産性を維持・向上させるためには、従業員ひとりひとりの生産性を高めることが求められます。個人のパフォーマンスが向上すれば、総合的な生産性は高まるのです。

前述のとおり、セルフマネジメントは自己管理による、より良い状態の維持を目的とします。セルフマネジメント能力を高めることによってビジネスマンとしての生産性も向上し、企業としての競争力を確保するためにセルフマネジメントの必要性が注目されているのです。

就活で必要とされる

次に「就活で必要とされる」ことが挙げられます。セルフマネジメントの意味や達成できる目的は、現代の企業において重要な立ち位置となっていることはすでに説明しています。

企業にとって、自社の生産性と他社との競争力を確保するためには、セルフマネジメント能力の高い従業員ほど貴重な人材となります。つまり、セルフマネジメント能力が高ければ、それだけ企業から求められる人材であるということです。

また、セルフマネジメントは自身の精神状態にも影響します。就活を乗り切るための精神を安定・維持させるためには、セルフマネジメント能力が大きな意味をもってくるのです。

セルフマネジメントの五つの実践する方法

5

それでは、セルフマネジメントを実施するための、具体的な五つの方法について解説します。

目的や目標を明確化する

まずは「目的や目標を明確化する」ことです。セルフマネジメントを行う具体的な目的や目標を明らかにしておくことによって、今後どのようなことをすべきか、優先順位はどうすべきかが明確になります。

例えば「仕事の成果をあげる」という目標があるとします。目標としては健全ではありますが、これだけでは具体的とは言えません。例えば「前年比10%アップ」のように、数値などを明確にすることが必要になります。

そうすることで、では、どうすれば前年比10%アップを達成できるかという段階になります。目標達成のための手段は何が妥当か、現状からどのように変化させるかが明らかになるのです。あとは、それに従って行動に移します

自分自身を管理する

次に「自分自身を管理する」ことです。 目的や目標を具体的に設定したら、それを行動に移します。行動するということは、行動に時間を割くことを意味します。そして、時間は有限なのです。

限られた時間内で設定した目標を達成するためには、スケジュール管理が重要です。自分に課した目標にもとづいた行動を終わらせるためには、いつまでに何をしなければならないのか、可能な限り具体的なスケジュールを作成し、それを管理します

スケジュール管理の意味するところは、自身のスケジュールだけでなく、自分のタスクにかかわる他の従業員等のタスクについても、ある程度把握する必要があることも意味します。そして、定期的にスケジュールの進捗状況を確認し、必要に応じて軌道修正を行いましょう。

優先順位をつける

次は「優先順位をつける」ことです。目標の達成に少しでも近づけるためには、さまざまな行動を必要とします。そして、個々の行動は必ずしも同じ重要度であるとは限りません。

不要なことが無いとしても、よく考えれば重要な行動と、そこまで重要ではない行動が見えてくるはずです。そして、スケジュールに組み込んでもトラブルがあれば、スケジュールに組み込んだ行動すべてを達成できなくなるかもしれません。

少しでも目標に近づく、つまり成果をあげるためには、行動に優先順位をつけ、上位の優先度の行動を優先的に行います。優先順位をつける能力も、セルフマネジメントにおいて重要な能力の一つであるということです。

感情のコントロール

次は「感情をコントロールする」ことです。感情をコントロールするとは、自身のメンタルの状態を考慮して、必要に応じてメンタルケアを自分なりに実施することをいいます。

良い仕事をするためには、良い精神状態であることが必要不可欠です。良くない感情・精神状態で仕事に臨んでも効率は悪く、成果の質も低下してしまいます。そして最悪の場合、仕事の継続自体を難しくさせてしまうのです。

仕事をするうえで失敗による落ち込みやストレスを溜めこんでしまうといったことはよくあることです。必要に応じてストレスを発散し、リラックスすることが、セルフマネジメントにおいて大きな意味をもつのです。

タイムマネジメント

最後に「タイムマネジメントを行う」ことです。 セルフマネジメントにおいては、時間の使い方を考えるタイムマネジメントの能力も重要な意味を持っています。

前述の通り、使える時間は無限ではありません。限られた時間内で少しでも多くのタスクをこなすためには、効率の良い時間の使い方、つまり仕事の進め方を模索する必要があります。

効率の良い時間の使い方は、人によって異なります。ものの考え方や得意不得意分野の違い、実行するタスクの性質など、効率の良い時間の使い方には相性が存在するのです。自分のタスクや得手不得手などを分析して、それを活かした効率の良い時間の使い方を常に模索し続けましょう。

セルフマネジメント能力を上げるためには

セルフマネジメント能力を上げる

セルフマネジメント能力を高めることで、仕事の効率や生活の充実さをさらに向上させることができます。そこで、セルフマネジメント能力を上げる方法について解説します。

アプリを使ってさらに効率化測る

まずは「アプリを使う」ことです。セルフマネジメントに関係するアプリを活用することによって、誰でも簡単にセルフマネジメント能力を高めることができます。

例えば、セルフマネジメントにおいて重要な意味を持つスケジュール管理を、カレンダーアプリやスケジュール管理アプリを利用することで簡略化を図ります。するとスケジュール管理を効率よく行い、管理失敗のリスクを減らすこともできます。

スマホの普及に伴い、さまざまなアプリが登場しています。どんなアプリがセルフマネジメント能力を高めるかは、個人や仕事とアプリの相性によって異なります。実際に使ってみたり他人のオススメを聞いてみるなどして、相性の良いアプリを探してください。

生活習慣を朝型にする

次に「生活習慣を朝型にする」ことです。朝型生活を送ることがセルフマネジメントにおいて何の意味があるのかと思われるかもしれませんが、実は決して無視できない大きな意味があるのです。

ある研究によると、朝型と夜型では、同じ睡眠時間であっても夜型の方が睡眠の質が悪いという結果が出ています。質の悪い睡眠は心身の健康を害するため、セルフマネジメントの効率を低下させてしまうのです。

もちろん、仕事や生活の事情でどうしても夜型の生活習慣でなければならないという人もいるでしょう。ライフスタイルに合致しない生活習慣ではセルフマネジメントどころではありませんので、その点は考慮しておきましょう。

ルーティンを作る

次は「ルーティンを作る」ことです。セルフマネジメントによる高いパフォーマンスを発揮するためには、すべき行動というものが必ず存在します。そして、それを習慣化することによって自分自身を向上させることができるのです。

大半の行動は、一度実行しただけで永続的に効果を発揮することはありません。パフォーマンス向上の効果を維持するためには、ルーティンを作って習慣化する必要があるのです。

その際、できれば「ルーティン・チェック表」のようなものを作成することをオススメします。人の行動は大半が無意識によるものであり、ルーティンを達成するためにはチェック表によって「見える化」する必要があるのです。

セルフマネジメントにおすすめのツール

セルフマネジメントのツール

最後に、セルフマネジメントに役立つツールを三つ紹介します。

notion

https://www.notion.so/

まずは「notion」というアプリです。そのコンセプトは「オールインワン・ワークスペース」であり、まさにセルフマネジメントを効率よく行うためのツールとして最適です。

さまざまなオンラインツールが一つになったようなツールであり、作業だけでなくタスク管理もこれ一つで行うことができます。また、チームで共同編集するツールとしてもオススメです。

trello

https://trello.com/

次は「trello」です。このオンラインツールはタスク管理アプリであり、世界中で利用されています。また、個人のタスク管理だけでなくチームでの利用もできるため、利用の幅が広いです。

trelloの魅力は、一目でタスクの進捗状況がわかることです。複数のタスクを一度に管理しなければならないことはセルフマネジメントの基本でもありますが、あまりに数多くのタスクを管理することは容易ではありません。

trelloを利用することでタスクの状況を簡単に把握し、タスクの進捗に支障が出ることを未然に防ぐことができるのです。

todoist

https://todoist.com/

最後は「todoist」です。このツールもタスク管理ツールの一種であり、何百人というユーザーが10億件以上のタスクをこのツールで管理・完了させているという実績があります。

無料でも利用することもできますが、有料版でしか使えない機能もあります。こうしたツールは実際に使ってみないと使い勝手がわかりにくい部分も少なくありません。自身のセルフマネジメントに必要な機能があれば、積極的に活用してみましょう。

まとめ

セルフマネジメントのひらめき

セルフマネジメントを活用し、その能力を高めることは仕事や生活の質を高めることにつながります。セルフマネジメントは誰にでもできることであり、より良い人生を歩むための大きな手助けとなるでしょう。

もちろん、人によってはセルフマネジメントが難しいと感じることもあると思います。その際には本やツールを活用してセルフマネジメント能力を高め、実践に移してみてください

最新情報をチェックしよう!