人生におけるメンターの探し方

人生におけるメンターの探し方

人生におけるメンター

人生においてメンターがいるかいないかでは視野に大きく差が生まれる場合があります。

仕事上でのメンターは、指導役や相談役を担う人のことを一般的に指しますが、人生においてメンターの役割は道を指し示すことや、相談役、新しい知識に出会うなど多くの機会と知識を与えてくれる大きな存在となります。

ここでは、どのようにしたらそのような人生のメンターと出会うことができるのかメンターの探し方を紹介します。

自分の軸を強くする

メンターを探す前に自分の軸を強く持っておかなくてはいけません。自分の軸が強いことで自分自身の考えや方向性が固まってきます。しかし、注意点として強く柔軟な軸でなければいけません。

柔軟性がない軸だと自分の意見の押し売りの形になってしまいます。自分の軸に多大の自信があり道筋が見えている場合は強くても良いかもしれませんが、柔軟であると尚良いと言えます。

柔軟な軸であることにより、意見やアイデア、情報をうまく自分の軸とリンクさせ自分の軸をさらに強大なものへと進化させてくれるのです。

行動をし続ける

メンターとの出会うために一番と言っても過言ではないことは「行動し続けること」です。行動をしていない環境だと、会う人も限られ新しい出会いや情報が限りなく少なくなります。

自分の軸をもとに行動し続けることで人生におけるメンターと出会うことができるでしょう。しかし、注意点としていつ出会うのかというのは、はっきりとはわからないのが正直なところでしょう。

自分の軸をもとに行動し続けることで困った時に相談する人、プラスの環境を与えてくれる人にいつか出会うことはできると言えます。それは、もしかしたら身近な人かもしれませんし、まだ出会っていない人もしくは、本などの人ではない存在であるかもしれません。

人生におけるメンターとの出会う方法とは、「行動をし続ける」ことで充分に可能であるといえるでしょう。

人とは限らない

人生におけるメンターは人であるとは限りません。本や美術作品などもメンターになりうる可能性があります。

人とは違い会話はできないものの困っている時や自分が足りないないかを欲している時にふと出会うこともあります。

人とは違い、会話などができないためコミュニケーションを取るのは不可能ですが、必要なものを与えてくれる大きな存在になることがあります。

メンターとの関係性

メンターとの相互的な関係性

人生におけるメンターとの関係せいも非常に大切なことです。この章ではどのような関係性を取るとよりメンターとの関係が深くなるのかを紹介します。

相互的な関係

相互的な関係性は人生におけるメンターとの関係作りにおいてとても重要であると言えるでしょう。相互的な関係により、自分自信が新しいことや機会、チャレンジに出会うことができる可能性を人生におけるメンターは持っています。

メンター側からすると、アウトプットすることで自分自身の再認識や新たな価値に出会うことができるのです。相互的な関係性つまり、相乗効果でお互いに高め合っていく関係が理想の関係となり、関係性が深くなるでしょう。

一方的な関係

人生におけるメンターは人ではない可能性があることは上記で説明しました。メンターが人である場合には相互的な関係つまり相乗効果があることが理想的な形であるといえるでしょう。

しかし、本屋美術品は一方的な関係であることをはじめに理解しておかなくてはいけません。こちら側が完成や情報、価値観などを受け取ることで一方的な人生におけるメンターとの関係性が確立されます。

人生においてメンターがいる強み

人生においてメンターがいる

メンターがいることで精神的にとよく成長できる可能性がいない場合と比べると非常に高くなります。

人生においてのメンターがいることで精神的にどのような効果があるのかまた、その強みをこの章では紹介します。

モチベーションが維持できる

はじめにあげることができるのはモチベーションを維持できる点でしょう。一人で物事に取り組んでいると人であるが故に怠惰な気分や、慣れによる新鮮さの不足、新しい考えにたどり着かない可能性が非常に高くなります。しかし、メンターのような存在がいることでモチベーションの維持につながることになるでしょう。

新しい物事に挑戦するときには、環境も不安定であり一人で全てを抱え込むことはよほど精神面に余裕があり、強い人では無いと厳しいことでしょう。しっかりと人生におけるメンターやアドバイザーとコミュニケーションを取りながら行っていくことで道が明るくなることでしょう。

人生が明るくなる

人生が明るくなることも人生におけるメンターがいる強みとなるでしょう。理由としては、上記でも説明した通りメンターは新しい機会や情報の提示をしてくれます。

そのことを元に自分でさらに広く行動をすると新しい出会いや機会に出会うことができます。自分がたくさんのコミュニティや人と触れ合うことで精神的にも成長が見込まれ自然と暗い気持ちは心からなくなっていくことでしょう。その結果人生が明るいものとなります。

人生におけるメンターは一生付き合う

人生は明るい

人生におけるメンターは一時的なものではなく長期的な付き合いになるでしょう。長い場合だと一生付き合っていく関係性になることもあります

しかし、対人の関係であるため状況は時が経つにつれて変化することもあります。時としてメンターと離れざるを得ない状況もあるでしょう。その時のためにもメンターとの関係に依存することだけは絶対に避けるようにしましょう。

メンターから離れるのも時には必要

人生におけるメンターの存在はより自分を豊かにしてくれる重要な存在であることは上記で説明しました。しかし、メンターも人であるために状況は悪くなることもあります。

その場合は、自分が助けられる場合は助けた方が良いでしょう。しかし、自分にも悪影響がある場合には、離れた方が良いかもしれません。

また、注意点として人は憧れや尊敬から人と出会い親密な関係になると、核となる大事な部分を見過ごしてしまいます。しっかりと、自分のメンターとして相互的な関係を築くことができる人物であるかを見極める力も必要であるといえるでしょう。

双方にプラスになる関係を目指す

人生におけるメンターは一生付き合う関係性になることもあります。その場合は相互的な関係であり理想的な関係性であると言えます。

人生におけるメンターとの関係性で一番大切なことは双方でプラスになる関係であることです。しかし、この関係性にはメンターとメンティーの両立場の成長が必須です。

双方にプラスになる関係性を築くことができたなら本質的な意味で一人で戦う必要はありません。自分には心強い仲間がいるからです。

メンターという大きな存在

明るくひらけた道

人生をより明るく深くするためには、メンターという存在はとても大きな存在となります。お互いにプラスになる関係性になる理想形になるように自分のしなやかで柔軟性のある強い軸を育て続けましょう。

最新情報をチェックしよう!