早起きして何する?|生活習慣を変えると得られる効果!

早起きをする理由

早起き,日の出

早起きをする理由は人により様々ですが、一番の要因として時間を有効的に使えることができることを挙げることができるでしょう。朝は1日の始まりです。一日の始まりを充実した時間の過ごし方ができればその後の1日のモチベーションも維持することが可能になります。

体内リズムの改善

早起きをする理由として体内リズムの改善をすることができることを挙げることができるでしょう。昼夜逆転の生活を送り続けると体内リズムが乱れてしまいます。また、カーテンなどで光を遮ることにより体内リズムを崩してしまう原因にもなります。

体内リズムが崩れることにより、体の調子が崩れ病気の原因の1つになります。また、朝起きづらくなることや、夜に眠れないなどの原因にもなります。朝早起きをすることで体内リズムを改善させ、整えましょう。

朝の時間が増える

朝の時間が増えることは、早起きをする大きな理由となるでしょう。厳密に言えば時間が増える訳ではなく、早起きをすることで自分で時間を作ることになります。

朝の時間を作ることによって好きなことができたり、自由に使える時間ができることになります。しかし、早起きをしたところで何をすればいいのかわからない人もいるでしょう。そこで早起きをした時に何をすればいいのかのおすすめについても紹介します。

好きなことができる

朝の時間を早起きで作ることによって朝の時間に好きなことができる時間ができます。起きる時間によって30分から1時間2時間程度は作ることができるでしょう。朝の時間に何をすると時間を有効的に使うことができるのでしょうか?

次の章では、朝起きをした時に朝できた時間を有効に使うために何をすればいいかのおすすめを紹介します。

早起きをして何をする?

疑問

早起きすると何をして充実した朝を過ごすことがいいっでしょうか?ただ「ぼーっ」とするのも気分転換としては良いかもしれません。しかし、朝やるべきことを決めておくと1日を充実にできる良いスタートを切ることができます。

2時間早起きするだけで1週間のうちに14時間の時間を作ることができます。早起きを習慣化して充実した朝を迎えましょう。ここではおすすめの早起きした時の過ごし方を紹介します。

ランニングなどの運動

朝にランニングやストレッチ、ラジオ体操などの軽い運動をすることで体が起き体が軽い状態で仕事に迎えることができるでしょう。

また、日々の朝の軽い運動によりダイエット効果や午前中の集中力が格段に上がるでしょう。午前中に集中できることにより仕事の効率も非常に上がるといえるでしょう。

読書

読書をすることで自分の情報量や知識を増やすことができるでしょう。また、読書から情報をインプットをすることは非常に重要であるといえるでしょう。朝の時間を有効に使い読書をすることも朝の時間にできるおすすめの時間の使い方です。

朝食を食べる

朝の時間に余裕があると朝食を食べることが可能になります。もちろん食べ過ぎはよくありませんが、朝食を食べることで午前中の集中力が食べていない時と比べると格段に違うでしょう。

また、朝食を食べることにより間食も減らすことにも繋がります。朝ゆっくりと流れる時間の中で朝食をとり1日をはじめることも早起きをすることで可能となるでしょう。

趣味の時間

早起きをすることにより作られた時間を趣味の時間にあてるのも早起きをして行うことのできることの1つでしょう。中々時間がなく取り組むことのできなかった趣味を朝から楽しむことができることも可能になります。

また趣味だけではなく朝作った時間の中で副業することも可能です。1時間あれば取り組むことも可能な副業は数多くあります。朝に時間を作り副業をすることも朝の時間におすすめの時間の過ごし方であるといえます。

勉強

最後に朝の時間におすすめのこととして挙げることができるのは、勉強です。勉強と聞くと学校のような勉強を想像しがちですが大人になるといろんなことを勉強することができます。

新しい資格の為の勉強や、将来独立するための準備は何が必要かもれっきとした勉強であるでしょう。将来の自分に繋げるモチベーションを維持する効果もあります。

早起きができるコツ

早起きする理由

早起きをしたいけどできない人も多いはずです。早起きをするにはどのようなことをすればいいでしょうか?

はじめに挙げることができるのは、早起きを習慣化することです。早起きすることを習慣化することで早起きが苦になることは無くなるでしょう。ここでは、習慣化の他にどのようなことをすることで早起きをすることができるのか早起きのコツを紹介します。

寝る前に「早く起きる」と言い聞かせる

寝る前に「早く起きる」と自分に言い聞かせると早起きをすることができるようになります。朝に行うことを計画し、そのことを楽しみにしながら「〇〇時に起きる」と自分に言い聞かせるとその時間に目を覚ますことができるでしょう。

しかし、目が覚めても2度寝してしまうと朝の時間が潰れてしまいます。最初は朝起き上がるのが大変でしょう。朝の時間にすることを頭に入れ布団から起き上がる努力をしましょう。習慣を変えることは難しいですが、自分の意志で習慣を変えるしか方法はないでしょう。

朝の時間を楽しみにする

上記で説明した通りに朝の時間を楽しみにすることは非常に大切です。朝行うことを決めそのことで自分にどのような影響を及ぼすかを考えましょう。プラスに考えることができるのなら、朝の時間を楽しむことができます。その結果朝早く起きることができるでしょう。

早く起きることが習慣化されていない内は朝に楽しめることを用意することで朝を楽しみにすることができ早く起きることができるきっかけ作りにもなります。まずは、朝の時間を楽しみにすることから始めてみると良いでしょう。

寝る前にブルーライトを極力浴びない

寝る前に極力ブルーライトを浴びないことも早起きするコツの1つとして挙げることができるでしょう。寝る前にスマホを扱うことで寝る直前までブルーライトを浴びることになってしまいます。

ブルーライトを浴びることで睡眠の質が落ち目覚めが良くなくなるでしょう。最低でも寝ると決め布団に入ったらスマホを極力いじらないなどの対策をして睡眠の質をあげ、目覚めがよくなるでしょう。

生活習慣を見直そう

健康的

生活習慣を見直すことをしましょうそうすることで朝の時間だけではなく無駄な時間があらわになってきます。時間は無限にあるわけではありません。皆24時間で生きているためその時間を有効に使うように生活習慣を見直すことで早起きができるきっかけになることでしょう。

譲れない時間を計算する

生活習慣を見直すにあたって自分自身が譲れない時間は1日の中に何時間あるのかを確認しましょう。譲れない時間は仕事や睡眠、食事などが挙げることができるでしょう。

それ以外の時間は自分の時間に使える時間になるので、その時間を有効に使うことで自分を向上することが可能になるでしょう。また、1日の始まりである朝の時間に自分の時間を使うことで充実した1日の始まりを実感でき、生活習慣を見直すことにも繋がるでしょう。

睡眠時間は最低4時間は確保しよう

時間のスクジュールをする際に1日の時間の多くを占めるのが仕事と睡眠でしょう。仕事の時間は削ることが厳しいでしょう。そこで削るのが睡眠時間ですが、睡眠は体内や脳を整理するので重要です。削りすぎるのもよくないといえます。

睡眠時間は1日最低4時間は取るようにしましょう。睡眠を削りすぎると作業の効率も悪くなりいいことがありません。

見直すことで心に余裕ができる

生活習慣を見直すことで時間に余裕ができはじめると、心に余裕ができます。さらに朝に軽い運動や食事、副業をすることで朝の充実した時間を過ごすことができるでしょう。

心に余裕ができることで視野が広がり新しいことにも繋がる可能性があります。また、朝に充実した時間を過ごすことでやる気や集中力が上がることにも繋がるでしょう。

時間を有効に使おう

有効に時間を使う

朝の時間を有効に使うことで1日という限られた時間までも有効に使うことができます。朝ギリギリの生活に慣れてしまっている人にとっては習慣を変えることは簡単なことではないですが、習慣を変えることができた時には充実した生活を送ることができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!