酢がもたらす効果!ダイエット効果があるって本当?

お酢が体にもたらす効果

お酢の効果

お酢と効くと体が柔らかくなるや肌が綺麗になると言われていますが、実際にお酢にはどのような効果があるのでしょか?体が柔らかくなるということは残念ながら科学的に証明はされていません。

黒酢を飲むと肌が綺麗になるということは黒酢の中に含まれるアミノ酸が新陳代謝を上げる働きがあり肌の色をあげたり、肌トラブルの対策法として挙げることができます。ここではお酢を摂取することによって体にもたらす効果について紹介します。

疲労回復

運動したあとなど体が疲労している時は筋肉のグリコーゲンが減少している状態です。そのような時にはお酢を飲むと良いでしょう。しかし、お酢単体ではなくブドウ糖と一緒に摂取すると減少しているグリコーゲンが補完される効率が上がるでしょう。お酢の分量は大さじ一杯程度が良いと言えます。

内臓脂肪を減らす効果

お酢を摂取することで内臓脂肪を抑える働きも見込むことができます。しかし、飲んですぐに効果が現れる訳ではありません。長期的にお酢を摂取することで内臓脂肪が減少する効果が期待されます。期間は3-5週間、分量は大さじ一杯のお酢を摂取することで結果が表れ始めるでしょう。

血圧の上昇を抑える

毎日お酢を摂取することで血圧が低下すること証明されています。しかし、毎日大さじ一杯程度長期的に摂ることが重要となります。また、料理と共にお酢を摂取することで食後の血糖値がお酢を取らない時と比べ緩やかに上がる特徴があります。

ダイエット効果

お酢によって見込まれる効果のうちダイエット効果も見込むことがお酢にはできます。その理由としては、お酢に含まれるアミノ酸やクエン酸成分が脂肪を燃焼させるのをサポートさせる働きがあり、お酢に含まれる物によってダイエット効果を見込むことが可能です。しかし、お酢を飲むだけでなく運動も合わせて行うとその効果は大きくなるでしょう。

お酢の種類

お酢

一概にお酢と言ってもお酢には多くの種類があります。ここでは、お酢の中でも穀物酢、米酢、黒酢、リンゴ酢、バルサミコ酢について紹介します。

穀物酢

穀物酢は、米、麦、コーンなどの数種類の穀物をブレンドしたお酢のことをさします。一般的にスーパーなどで比較的低価格で入手できるお酢となっているでしょう。料理の下ごしらえなどに最適となるお酢といえるでしょう。そのことから、お酢単体でとるというよりかは料理と共に摂取すると良いお酢であるといえるでしょう。

米酢

米酢は米のみを醸造して作られたお酢です。寿司などで使われるお酢としても有名な米酢です。米酢も穀物酢と同様にお酢単体で摂取するよりも料理と共に摂取すると良いでしょう。また、熱を通す料理よりも生ものや熱を通さない料理と共に摂取すると良いでしょう。

黒酢

黒酢の原料は玄米や精米度の低い米や大麦が原料となっています。また、黒酢の種類の中には香醋といいもち米を使用した中国発祥の黒酢もあります。黒酢には美容効果などが見込まれています。1日の摂取量は20-30mlが理想であり、長期的に摂取する必要があるといえるでしょう。

リンゴ酢

リンゴ酢はリンゴを発酵させできる酢の一種です。1000mlに300ml以上のリンゴ果汁が使用されているものがリンゴ酢となります。リンゴ酢は料理と合わせるよりもドリンクとして摂取する形が良いでしょう。他の酢と同様に一日20-30ml程度摂取するのが目安の量です。

バルサミコ酢

バルサミコ酢はリンゴ酢と同様の果実酢です。バルサミコ酢はぶどうを原料としてます。発祥がイタリアということもあり、サラダにかけたり、イタリア料理などに合わせ食べるのが摂取しやすい方法でしょう。バルサミコ酢にも酢の効果があるのが特徴です。それに合わせぶどうを原料としているためポリフェノールも含まれています。

お酢は長期的にとり続けよう

長期的に摂る

お酢を毎日潮位的に摂ることでダイエット効果を始め多くの効果を見込めることができます。しかし、途中で摂らなくなったり、摂りすぎることもよくないので目安の分量を摂取するように心がけましょう。

最新情報をチェックしよう!