夏バテ予防には食事が大事!

夏バテとは?

夏バテ

これから梅雨が終わり暑い夏の季節に入ります。夏になると気をつけたいのが夏バテです。夏バテとは、食欲不振や不眠、体の疲労、だるさなどの症状が現れ、症状が重くなると免疫力の低下により発熱する場合もあります。

夏バテの原因

夏バテの原因としては、主に3つの原因を考えることができます。1つ目は外気温と室内気温の温度差になります。温度差により体力を消耗し胃腸の働きが不調になることや、全身の倦怠感を引き臆す原因となりその結果夏バテへと繋がります。

2つ目の原因としては、外気温の暑さによる発汗が考えられます。日本特有の高温多湿の環境により体が水分不足気味になり夏バテを引き起こす原因となるでしょう。その為に暑い夏の日にはこまめに水分補給を行いましょう。

3つ目の原因としては、食事が考えられます。暑い日にはキンキンに冷えた飲み物を多く飲む機会が多くありますが、そのことにより冷房による外から体が冷え、冷たい飲み物から体内も冷えてしまいその結果食欲不振にも繋がり夏バテの原因になるでしょう。

夏バテ対策のためにおすすめの食べ物

夏バテにおすすめの食べ物

夏バテになってしまうと倦怠感や発熱などの症状が現れてしまう為に夏バテにはならない方がいいと言えます。その為に夏バテ対策の1つとして夏バテ対策に効く食べ物について紹介します。

オクラ

オクラは夏に旬となる夏野菜として有名です。オクラに含まれるネバネバに含まれるムチンという成分が胃腸の状態を正常な状態にするのをサポートする働きがあります。また、オクラ以外の納豆やモロヘイヤ、里芋、山芋にも同様の働きがあります。

オクラのおすすめの食事として、オクラ、納豆、山芋などを載せたネバネバ丼や、おひたしにして食べると食べやすく夏バテの対策となるでしょう。

白湯

夏は暑いイメージが強いですが、室内の強い冷房により体は冷えている状態であることが多くあります。夏だからこそ白湯を飲み体バランスを整えましょう。白湯だけで飲めない人はカットレモンなどを入れると飲みやすくなるでしょう。また、白湯を飲む際にはゆっくりと時間をかけて飲むことを心がけましょう。

ウナギ

ウナギはなつばての対策の食べ物として挙げることができます。7月20日は土用の丑の日であることなど夏に食べられることが多い魚であるといえるでしょう。

ウナギには、疲労回復な滋養などの効果が見込まれます。しかし、ウナギ自体に脂が乗っている為食欲がないときに無理に食べることは控えるようにしましょう。しかし、夏バテの予防の食事としてウナギは効果がある食べ物であるといえるでしょう。

卵は、多くの栄養素を含む食べ物として有名です。また様々な料理と組み合わせることが可能であることから夏バテ予防におすすめの食べ物として挙げることができます。

卵は食物繊維、ビタミンCが含まれていないため根菜類や野菜を混ぜた卵スープや卵炒めとして食べることがおすすめの食べ方となります。また、ネバネバ丼の上に乗せて食べるのも良いでしょう。

柑橘系の果物

レモンやグレープフルーツ、オレンジなどにはビタミンC、クエン酸が含まれており疲労回復のサポートをしてくれます。夏は、室内と外の気温差により思っているよりも体は疲れています。

そこで柑橘類の果物を摂り夏バテの予防をしましょう。朝に生のフルーツを食べることが効果的であるでしょう。夜にフルーツを食べると体を冷やしてしまう原因になるので夜よりも日が登っている日中に摂ることをおすすめします。

夏バテは食事に気をつける

夏バテは食事に気をつける

夏バテは体のだるさや疲れを強く感じてしまいます。その夏バテを予防する為にも食事には気をつけましょう。栄養素のバランスを意識して食事を摂ることや体温調節をしっかり行うことで暑さや温度差に負けない体づくりをしましょう。

最新情報をチェックしよう!