ニキビを自分で治す方法とは?

ニキビができる原因

ニキビができる原因

ニキビは自分で治すことは可能でしょうか?ここでは治す方法の前にニキビができる原因について紹介します。まずはじめにニキビができる年齢により思春期ニキビと大人ニキビの2分類できることを把握しておきましょう

思春期ニキビは、思春期の急激な成長ホルモンや性ホルモンの分泌量が増加することによって皮脂が増えニキビの原因となります。

また、大人ニキビにも原因が多くありますが、その中の代表的な原因について紹介します。次に紹介するものは大人ニキビだけではなく、思春期ニキビにも当てはまる点があるので、ニキビができる原因を作ってしまっているかを確認しましょう。

原因①毛穴のつまり

はじめに挙げることのできるニキビの原因として考えられることは毛穴のつまりであるでしょう。毛穴がつまる原因は皮脂が過剰に分泌されその多くの皮脂が排泄されずに詰まってしまうことで毛穴が詰まってしまうことに繋がりいます。

また、角栓といい皮脂と古くなった角層が混ざり合ったものが毛穴を塞ぐことで毛穴が詰まってしまう状態になってしまうでしょう。

毛穴がつまることで、肌内部にニキビの原因となるアクネ菌が増殖することで炎症の元となる成分を作り上げる環境を作ってしまうことになります。その結果ニキビができてしまうでしょう。

原因②皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰な分泌はニキビができる環境を作ってしまいニキビができる原因となります。皮脂は適量であれば肌への悪影響はなく正常な状態になります。

しかし、皮脂が過剰に分泌されることで肌の水分と皮脂のバランスが崩れニキビの原因の1つであるアクネ菌等が増殖する環境を作り上げてしまうことになります。

皮脂は、正常な肌であるためには必要なものであることを覚えておきましょう。少なすぎてしまってもニキビではなく、乾燥やアトピーなど違う悩みになってしまう可能性があるので注意が必要です。

原因③食生活の乱れや睡眠不足などの生活習慣の乱れ

ニキビができる原因として食生活の乱れや睡眠不足など生活習慣の乱れはニキビに大きく関わりがあります。食生活の面では、偏った食事やコーヒーなどを多量に摂取することでニキビができやすい肌環境になってしまいます。

また、睡眠不足は体の新陳代謝のサイクルを大きく乱すことになり、肌に悪影響を与えることになってしまいます。成長ホルモンが多く出る22時〜2時の間は睡眠するようにしましょう。

ニキビの種類

ニキビの種類

ニキビを治す方法を紹介する前にニキビの種類を知りましょう。ニキビには種類やできる場所によってその原因も変化します。

例として、口の周りにニキビができる場合には偏った食事を摂取している時にできやすくなる場所であるといえます。また、胃腸が弱っていることを示唆しています。口周りにニキビができている場合には偏った食事や暴飲暴食には気をつけましょう。

白ニキビ

はじめに白ニキビについて紹介します。白ニキビはニキビの初期症状である状態です。普段肌に存在しないものであるために潰したくなる気持ちになりますが、その気持ちをこらえ治すことに専念しましょう。

黒ニキビ

黒ニキビは炎症している状態ではなく、毛穴が開き皮脂が酸化している状態です。毛穴が詰まっている状態を放置しておくと黒ニキビとなってしまいます。黒ニキビを治す最善の対策は肌のターンオーバーを促進することであるでしょう。

赤ニキビ

赤ニキビは、ニキビが赤くなり炎症を起こしている状態であることを指します。また、その症状はニキビの種類の中でも重い状態であり、原因としては、皮脂の過剰分泌や生活習慣の乱れ、食生活の偏りなどが考えられます。

黄ニキビ

黄ニキビとは、ニキビが膿みを持った状態のニキビのことを指します。黄ニキビは赤ニキビと同様白ニキビ、黒ニキビが悪化しできるものです。黄ニキビができてしまった場合には潰すことでけは避けるようにしましょう。潰してしまうと、クレーターと呼ばれ肌が凹んでしまう状態になってしまいます。

ニキビは自分で治すことは可能?

ニキビを自分で治すことは可能?

はじめに、ニキビは自分で治すことは可能です。しかし、その為には正しいスキンケア方法や規則正しい生活習慣、バランスの良い食事をとる必要があると言えます。ここでは実際に自分でニキビを治すにあたってどのような処置を行えばいいのかについて紹介します。

方法①正しいスキンケア

ニキビを自分で治す方法としてはじめに挙げることができる方法としては、正しいスキンケア方法を知識としてつけることです。そこで正しいスキンケア方法について紹介します。

顔のスキンケアとしてのはじめのステップである洗顔(クレンジング)はこすらずに優しく行うようにしましょう。ゴシゴシとこすると肌の炎症を引き起こしてしまいます。泡立てネットなどを使用し泡でクレンジングを行うと良いでしょう。

に大切なのは肌の保湿です。クレンジングの後に化粧水や乳液などを使用して肌の保湿を行うようにしましょう。敏感肌の人は刺激が少ない低刺激のものを選ぶことをお勧めします。また、スキンケアで一番大切なのは肌を清潔な状態をなるべく保つことであるといえるでしょう。

方法②極力触らない

ニキビができてしまい最速出直す方法はなるべく触らないことです。ニキビが気になりついつい触ってしまいがちですが、その気持ちを我慢して正しいスキンケアを行うようにしましょう。

ニキビを触ったり、早い段階で潰してしまうことで、ニキビの跡ができてしまったり、ニキビの症状をより重いものにしてしまう可能性があります。ニキビができてもなるべく触らずに正しい対処法を取るようにしましょう。

方法③皮膚科に相談

正しいスキンケアや生活習慣をしているのにも関わらずにニキビが減らないと感じている人は迷わずに皮膚科に相談に行くようにしましょう。ニキビは自分で治すことも可能ですが、多くの量やそのニキビの大きさが大きすぎたりすると自分では対処しきれないものとなります。

そのような場合には、無理に自分で治そうとせずに皮膚科に相談に行き薬などを処方してもらい正しい対処法をとってもらうことが一番早く治る方法であるといえるでしょう。

ニキビを作らないための予防法

ニキビを作らないための予防策

ニキビができる前にニキビを作らないための予防策を知っておきましょう。ニキビができない体を作ることでニキビに悩むこともなくなるでしょう。

食事を見直す

ニキビを作らない体作りで最初に挙げることができることは食事を見直すことであるでしょう。偏った食事や暴飲暴食を控え1日の中でバランスの良い食事を摂ることを心がけましょう

肌にはターンオーバーがあります。それに必要なタンパク質をはじめビタミン、食物繊維などを多く含む食事を摂ることが肌には良いと言えます。また、糖分を多く含むジュースやお菓子、油分の多い揚げ物やスナック菓子は肌にとって良いものではありません。なるべく控えるようにしましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかりと取ることもニキビのない綺麗な肌を作る上で大切な条件となります。ノンレム睡眠におちいった時に体からは成長ホルモンが多く分泌されます。少なくても成長ホルモンが多く分泌する時間帯である22時〜2時の間は睡眠を取ることを心がけましょう。

また、睡眠の他にも適度に日光に当たることも大切な条件となります。睡眠をあまり取らないと体内のサイクルが崩れ肌の不調によりニキビができる環境を作る結果になってしまいます。適度に日光に当たることで体内のサイクルを整えるようにしましょう。

洗顔などのスキンケアを変える

洗顔(クレンジング)を正しい方法で使用しているにも関わらずにニキビが絶えずできてしまうことはよくある話です。そのような時は洗顔料やスキンケア用品が自分にあっていない可能性が考えられます。自分にあった洗顔料やスキンケア用品を見つけ正しいスキンケア方法でニキビができない肌環境をつくりあげましょう。

自己流で治すのは極力避けよう

自己流で治すのは極力避けよう

ニキビを治す方法を自分で考え実践することはできるだけ避けるようにしましょう。正しいスキンケア方法や生活習慣を規則正しいサイクルにし、食事をバランスの良いものに変えるだけでニキビは少なくなると言えます。

それでもニキビが少なくなることが無いようであれば皮膚科に行き、相談するようにしましょう。ニキビは肌が炎症を起こしている状態であるために専門的な知識の無い人が自己流でニキビの処置を行うのはよりその症状を重くしてしまう可能性が大いにあるので控えるようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!