日焼け後のおすすめアフターケア!

日焼け対処法

日焼け対処法

これから梅雨が終わると暑い夏の季節が訪れます。暑い夏には、洋服も肌の露出が増え日焼けをするイベントや機会も多くなります。ここでは、日焼けをする前に行えることである予防策について紹介します。

日焼けをしてしまった時のアフターケアも大事ですが、日焼けを抑える為の予防策も知っておきましょう。

日焼け止め

日焼け止めは日焼けを抑える効果があるものとして代表的なものであるといえるでしょう。また、日焼け止めによってSPF(Sun Protection Factor)と呼ばれている紫外線防御効果が設定されています。

SPFが高ければ高いほど紫外線を防御するする効果が高いとされています。また、SPFの他にもPAと呼ばれるものがあります。PAには「PA+」、「PA++」、「PA+++」。「PA++++」の4段階で分けるができます。

「PA」の後ろにつく「+」の数が多ければ多いほど紫外線からの防御効果が高いとされています。夏の暑い日の強い紫外線から肌を守る為にも肌を露出する際には、日焼け止めを塗ることを心がけましょう。

肌の露出を控える

紫外線が強い日には、肌の露出を控えることも日焼けの予防策として挙げることができるでしょう。しかし、肌の露出を控えていても紫外線を完璧に防ぐことは不可能であるといえるでしょう。

肌を衣服を隠していても強い紫外線は衣服を通過するものです。肌が隠れていても日焼け止めを塗るなどの対策をしましょう。その他の対策法としては、紫外線がとても強い時には、室内にいるなどの対策法もあります。

日焼けをしてしまったときのアフターケア

日焼けをしてしまった時にアフターケア

日焼けは太陽の紫外線を受け肌が軽度のやけど状態になっている状態です。アフターケアを行わないとシミやそばかすの原因となってしまします。

アフターケアをしっかりと行い、皮膚の負担を減らすケアをしましょう。ここでは実際にどのようなアフターケアをすれば良いかを紹介します。

日焼けをした場合には、72時間以内に日焼けのアフターケアを行うようにしましょう。それ以上の時間を放置しておくと肌のトラブルの原因となってしまいます。

冷やす

日焼けがひどい状態であると皮膚がヒリヒリと痛みを伴う場合があります。そのような時には患部を冷やすことが優先して行うアフターケア方法であるといえるでしょう。

氷などで冷やす場合には直接患部に当てずにタオルなどで保護しながら冷やしましょう。また、冷却するジェルなどはヒリヒリとした患部に塗るとヒリヒリを抑える効果があるので塗ると良いかもしれません。

化粧水などでアフターケア

患部を冷やし熱が取れると次のステップとして化粧水などで肌の水分を補給させましょう。重度の日焼けであると、水分が蒸発し肌の水分が不足している状態となっている為です。

普段使用しているスキンケア用品でも可能ですが、夏の日焼けを多くする時期は化粧水などを普段と違うものを使用してみるのも良いかもしれません。

インナーケア

肌を冷やすことや、化粧水などで肌の水分を補給させるなど外部からのケアも重要ですが、内部からのケアも行うとさらに良い状態に戻るでしょう。

インナーケアは、ビタミン剤や美白サプリなど多くの商品が販売されています。専門的な知識を持った医者や専門家と相談しインナーケアのサプリメントを用意しておくと良いかもしれません。

夏の時期は特に注意が必要

夏の時期は特に注意が必要

これからの暑い夏の季節は外で海やキャンプなどのイベントが多くなる季節でもあります。日焼けを抑える為にその予防策をしっかりとることを心がけましょう。

また、日焼けしてしまった場合は72時間以内にアフターケアを行うことで肌のトラブルを抑えることができるので日焼けしてしまった時には行うと良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!