コーヒーの効果は偉大?ダイエット効果があるって本当?

コーヒーの成分

コーヒーの成分

コーヒーの成分には、全多糖類が主な成分となり、次いで少糖類、脂質、タンパク質、ポリフェノール、カフェイン、トリゴネンといった成分が含まれています。ここでは、注目したい成分として、ポリフェノールと、カフェインについて紹介します。

カフェイン

カフェインといえばコーヒーというほど代表的な成分として挙げることができますが、カフェイン自体は焙煎されたコーヒー豆の中に1%前後の割合しか占めていません。

しかし、その含有量はコーヒー1杯あたり50mg前後となります。エナジードリンクのようなカフェインを人工的に入れている飲料にはその含有量では劣りますが、自然からできたものでの飲料の場合は、玉露に次いで高いでしょう。

カフェインの主な効果としては、リラックス効果や、ダイエット効果、覚醒効果、眠気覚まし効果などがあります。しかし、カフェイン中毒という言葉がある通り、飲み過ぎには注意が必要です。多くても3杯程度にしておきましょう。

ポリフェノール

ワインなどに多く含まれるポリフェノールですが、コーヒーにも含まれています。実は、カフェインよりも少し覆うの割合を占めておりその含有量は、コーヒー1杯あたり300mg前後ほどとなります。

ポリフェノールが多く含まれる赤ワインと同等並のポリフェノールを含んでることとなります。一般的にポリフェノールと付くものの効果としては、抗酸化作用があり、体を酸化から防いでくれるものです。

しかし、ポリフェノールにも種類があり赤ワインに多く含まれるのはアントシアニンと呼ばれるものでその効果は、視力改善や抗酸化作用があります。

コーヒーに多く含まれるのは、コーヒーポリフェノールと呼ばれ、内臓脂肪を低減する働きを高める効果があります。

コーヒーを飲むことで得られる効果

コーヒーを飲むことで得られる効果

コーヒーを飲むことで得ることができる効果について紹介します。ダイエット効果をはじめとした効果がコーヒーにはあるのでその効果について知りましょう。

ダイエット効果

コーヒーを飲むこととダイエット効果がありと言われていますが、その効果は望むことができるでしょう。コーヒーの含まれるカフェインが脂肪分解を促し、ダイエット効果を見込むことができます。

さらに効果を高めるためには、運動をする30分ほど前にブラックコーヒーを飲むことでその効果は高くなるでしょう。コーヒーを飲むことで脂肪燃焼の働きを高める効果があるためです。

利尿作用

コーヒー飲むことで利尿効果を高める働きもあります。利尿作用が働くメカニズムとして腎臓が働くことで利尿作用が活発になります。

利尿作用が働くことで、体には不要な老廃物を排出してくれ肌荒れやむくみ防止などの美容効果を見込むことができます。

リラックス効果

コーヒーの香りはリラックス効果をもたらしてくれます。水など香りのないものよりも疲れているときなどな香りが強くでるホットのコーヒーを飲むと良いでしょう。

コーヒーには産地によって香りや味が変わります。好きな香りを探すために様々な産地のコーヒーを試してみるのも良いでしょう。

代表的なブルーマウンテンは、味に均一性があり、香りが強く日本人向きのコーヒーであるといえるでしょう。ブルーマウンテンの他にも、グアテマラ、ハワイコナをはじめとした多くのコーヒーがあるので自分に合うものを探してみましょう。

集中力を高める

コーヒーには集中力を高める覚醒作用があります。仕事や勉強中にコーヒーを摂取することでコーヒーに含まれるカフェインによる働きで集中力が増すでしょう。

また、集中力を高める働きのおかげでそれに伴い記憶力も高めることができるでしょう。集中力が高い状態で記憶することで記憶力が高まることはいうまでもありません。

効果を高める飲み方

効果を高める飲み方

実際にコーヒーの効果を高める飲み方のタイミングはいつが良いのでしょうか。ここでは、効果を高める飲み方のタイミングについて紹介します。

良いタイミングで飲む

コーヒーの効果を高めるタイミングとしては、運動をするときには、運動の30分前に飲むようにしましょう。また、食前にコーヒーを飲むことで、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

ブラックで飲む

ブラックで飲むことは非常に重要です。中にはブラックコーヒーが飲めない人もいるかもしれませんが、砂糖やミルクを足すことで脂肪分や糖分が多く加算され効果が薄れてしまいます。

ブラックで飲めない人もなるべく少ない量の砂糖やミルクでコーヒーを飲むようにしましょう。また、ブラックコーヒーを飲む際は香りが高く、体を冷やさないためにもホットのコーヒーを選ぶと良いでしょう。

運動前に飲むと良い

ダイエット効果をコーヒーに期待している人は運動前にコーヒーをブラックで飲むことでその効果を高めることができるでしょう。

なかなかつくと落ちない内臓脂肪は運動前にコーヒーを飲み運動を続けることで少しずつではありますが、その数値を落とすことができるでしょう。注意点としては、自分にあった運動量を行うことです。自分にあった適度な運動をすることで無理なくまた、効率的にダイエット効果を望むことができるでしょう。

コーヒーには多くの効果がある

コーヒーには多くの効果がある

コーヒーを飲むことでダイエット効果をはじめとし多くの効果があることを紹介しました。しかし、コーヒーの飲み過ぎは、カフェイン中毒や、睡眠の質の低下などがあるので、節度を守りコーヒーを飲みましょう。

最新情報をチェックしよう!