梅雨の時期に行いたい湿気対策法!

梅雨の時期はいつ?

梅雨の時期はいつ?

日本には、四季があり春と夏の間には「梅雨」と呼ばれる季節があり、梅雨の間は雨が多く日照時間が少なくなる気象現象になります。

またその時期は、地方によって違いますが2019の関東甲信越では6月7日に梅雨入りをしています。また、平均としては、5月の終わりから7月の中旬の間に梅雨の時期が訪れる傾向にあります。

ここでは、雨の日数が多くなり湿気が高くなる時期にどのような現象や湿気が多いことによる影響と対策法について紹介します。

湿気が多いことで現れる現象

湿気が多いと現れる現象

梅雨の時期に湿度が高いとどのような影響があるでしょうか?ここでは、湿気が多いことで実際に現れる影響について紹介します。

カビ

カビには多くの種類があります。ブルーチーズや納豆などの必要なカビから、不必要なカビまでその種類は様々です。その中でも梅雨の時期は、「黒カビ」、「青カビ」、「赤カビ」などが増殖する季節でもあります。

カビが多く発生することにより、アレルギー疾患や、感染症などの原因にもなります。梅雨の時期にはカビの対策法もしっかりと取るようにしましょう。

具体的には、市販のカビ対策グッズや、換気を定期的に行うことなっどがあります。梅雨の時期だけではなく一年中を通してカビの対策法をすることで梅雨だけではなく一年中カビの対策を取ることができるでしょう。

ダニなどの害虫

梅雨の時期にはダニやコバエなどの害虫が増える季節でもあります。その理由としては、ダニは高温多湿の環境を好む傾向にありコバエは、生ゴミや食べ物が腐りやすい環境を好む傾向があるからです。

ダニやコバエが増えることにより、アレルギー疾患をはじめとした影響や、住居の環境がよくなくなるでしょう。対策法としては、市販のダニ、コバエ駆除の対策グッズを使用することが良いでしょう。

湿気を取り除くために

湿気を取り除くために

梅雨の時期の湿度を下げるためにはどのような方法があるでしょうか。湿度を完全に取り除くことは不可能と言えます。ここでは、少しでも湿度を下げるための方法を紹介します。

換気

一番簡単にそして日常的にできることは換気です。換気は梅雨の時期だけではなく一年中を通して行うことのできる湿気を下げる方法の一つでしょう。

また、換気をする際には空気の入り口と出口を作ることを心がけましょう。空気を循環させることで湿気の逃げ場を作るようにするようにしましょう。

除湿機

湿度を低くするために除湿機を使用することも手の一つとして挙げることができるでしょう。しかし、除湿機は家電量販店などで購入する必要があります。

除湿機を購入しない方法としては、エアコンの除湿機能を使用すると良いでしょう。除湿機には劣りますが、エアコンの除湿機能は湿度を下げる働きがあるでしょう。

炭には肉眼では確認することが難しい穴(細孔)がたくさんあります。炭の細孔が湿気や匂いを吸い取る効果を期待することができます。

また、価格も手軽に手を伸ばすことができる価格帯で販売されているために購入することは簡単であるでしょう。湿気や匂い取りだけではなくインテリアの一つとして使用するのはいかがでしょうか。

結露を対策する

外気と室内の気温差によって窓などに結露が生じることがあります。結露が生じることによりカビが発生する原因にもなります。

結露は拭くだけではなく洗剤などを染み込ませた雑巾やタオルなどで拭き取ることで結露を予防することでカビを発生することを予防することができるでしょう。また、それと同様に湿気を予防することにもなります。

梅雨の対策を行おう

梅雨の対策を行おう

梅雨はジメジメとしているだけでなく温度も高いのが特徴の時期です。高温多湿の環境下であるとカビや害虫が増殖する関係で体にも悪影響を及ぼす可能性が出てきます。

市販の害虫駆除用品やカビの対策法をしっかりと行い湿度を下げる工夫をすることで過ごしやすい環境を家の中で作り上げるようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!