「週休3日制」という新しい働き方のメリット・デメリットを紹介!

週休3日制とは

週休3日制とは

週休3日制という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?ここでは週休3日制の制度の紹介、実際に週休3日制を企業が取り入れることで得ることができるメリット・デメリットについて紹介します。

週休二日制

日本では週休2日制を取り入れている企業が大多数を占めており、学校でも週休二日制が取り入れられています。日本では馴染み深い週休2日制ですが、その始まりは1965年パナソニックがアメリカの企業を参考にしたことが始まりであり、そこまで歴史が深いわけでもないのが事実です。

当時のパナソニック社社長松下幸之助氏は、週休の働き方よりも週休二日制にすることで生産活動の効率を上げるために週休二日制を取り入れました。当時と比較すると現在はネットやAI、様々なサービスが普及しているので当時よりも仕事がやりやすい状況にあるのは確かなことであると言えます。

週休2日制の歴史を見てみると、現在の状況で週休3日制という制度が注目され取り入れられるのも納得できると言えるでしょう。

週4日勤務

週休3日制とはつまり週4日企業に勤務することを指します。前述で述べたとおり、週休2日の企業が主ですがその週休を3日にすることは企業側、ワーカー側両方に大きな影響を及ぼすことは間違いないと言えるでしょう。

週休3日制にすることで双方にどのような影響がでるでしょうか。具体的な影響について次に紹介します。

双方の効率を上げる

挙げることのできる影響としては、企業側、ワーカー側双方の効率を上げることが可能であることでしょう。企業側は、生産性の向上また、週休3日制を取り入れることでフレキシブルにライフスタイルを組むことができるため優秀な人材の確保にも繋がると言えます。

ワーカー側は、プライベートの充実を始め上記でも紹介したとおり、ライフスタイルをフレキシブルに組むことができるため自分の時間をより多く取ることができ多くのことに挑戦できる時間が増えるでしょう。

日本で週休3日制を取り入れた例

日本で週休3日制を取り入れた例

日本マイクロソフト社

日本マイクロソフト社
画像出典:日本マイクロソフト

日本マイクロソフト社は、2019年8月に「ワークライフチョイス2019年夏」と呼ばれる制度を実施し実際に週休3日制にすることで労働生産性が40%も向上したと発表しています。

また、日本マイクロソフト社は週休3日制を取り入れるだけではなく会議時間も30分いないに半減、メンバーも5人以内にするなどを推奨しており新しい働き方を推奨し始めています。

日本IBM社

日本IBM社
画像出典:日本IBM

日本IBM社は「短時間勤務制度」を取り組み、全社員を対象に新しい制度を導入しています。具体的には、勤務携帯を週3日勤務、週4日勤務、週5日勤務(労働時間はフルタイムの60%)、週5日勤務(労働時間はフルタイムの80%)と定めています。

また、給与はしれに応じ週3日,5日勤務(労働時間はフルタイムの60%)はフルタイム社員の5割、週4日,5日(フルタイムの80%)はフルタイム社員の70%と定められています。しかし、業務の質や難易度で評価や昇給に応じるので必ずしも不利になるとは限りません。

日本KFCホールディングス社

日本KFCホールディングス社
画像出典:日本KFCホールディングス

ケンタッキーフライドチキンを展開する日本KFCホールディングス社では、従業員がそれぞれのスタイルに合った働き方を選択することのできる制度を取り入れています。

上記のように日本でも着々と週休3日制を取り入れる企業が増えてきているのが現状です。しかし、その数はまだまだ少ないといえるでしょう。

世界の週休3日制の例

世界の週休3日制の例

日本だけではなく次に世界の働き方に目を向けて見ましょう。ここでは、オランダ、ドイツ2カ国についてその働き方を紹介します。

オランダ

オランダは法的労働時間を週60時間を上限としている国です。また、週休3日制が定着している国でもあります。その働き方はパートタイムで働くワーカーと正社員との間に給与や条件等に差がなく、リモートワークや在宅勤務などの働き方を取り入れている企業が多いことでも知られています。

また、オランダでは、ワークシェアリングが浸透しており、1人あたりの仕事が増えた場合には、人を増やして仕事に対するという方法を採用しています。そのため1人で行う仕事量を少なくすることができるでしょう。その分給与が減ってしまうデメリットがありますが、それよりも家族との時間を最優先したいという働き方です。

ドイツ

ドイツでは1日10時間を超える労働を禁止しています。また、「労働時間貯蓄制度」と呼ばれる法律があり、残業をしたら残業時間を貯蓄し別の日に残業時間分を回すことができる制度です。

また、有給休暇の取得率も高く年次20-30日程度の休暇を取ることが可能であることもドイツの働き方の特徴であると言えるでしょう。

週休3日制のメリット

週休3日制のメリット

ここでは週休3日制を取り入れることで得ることのできるメリットについて企業側、ワーカー側の双方の観点から紹介します。

プライベートの充実

週休3日制を取り入れることで挙げることのできるメリットとしてプライベートの充実があります。週休3日になることで家族との時間もより多くとることや、新しいことへの準備期間にあてることができるでしょう。

また、リフレッシュの時間も多くなりストレスの軽減にも繋がると言えるでしょう。プライベートの充実はワーカー側にとって大きなメリットであるといえます。

生産性の向上

生産性の向上は、企業側、ワーカー側双方にとってメリットであるでしょう。その理由として、ワーカー側は休日に心地いい気分転換に多くの時間を使うことができ出勤する際には、スッキリした状態で仕事に向かうことができます。

また、企業側からすると、短時間で効率の良い仕事をワーカーにしてもらえると生産性を上げることが可能であるといえます。また、自由なワークライフを実現できることにより離職するワーカーを減らすことも可能であるでしょう。

人材不足が深刻な問題として問題視されている今、離職するワーカーを減らすことができるのは企業側にとっても大きなメリットであるといえます。

選択肢が増える

週休3日制を採用している会社に属することで自分自身の選択肢を増やすことができるでしょう。週の3/4つまり週の72時間は自分のやりたいことを行うことができるのです。

副業もすることもできます。また、趣味や新しい環境に行くことで人脈も増やすことができるでしょう。週休3日制を取ることで選択肢が増えることがメリットとして挙げることができるでしょう。

週休3日制のデメリット

週休3日制のデメリット

週休3日制を取り入れることでメリットだけではなくデメリットもあることを知っておく必要があります。ここではデメリットとして2つの事柄について紹介します。

収入が減る可能性がある

1つは収入が減る可能性があることです。週休3日制を取り入れている企業によって細かい制度に違いはありますが週休3日制の働き方の場合は収入が減る場合があることを知っておかなくてはいけません。

週休3日制を行いたいと考えている人はその企業の週休3日制が実際にどのような制度で給与形態はどのようなものであるかを確認する必要があるでしょう。

1日の労働時間が増える

日本の佐川急便などが取り入れり週休3日制の制度は週休3日の代わりに1日の労働時間が長くなることがあります。1日の労働時間を長くする代わりに週休3日を取るか週休2日で定時の働き方をするかは自分で選択をするしかないでしょう。

週休3日制にとらわれずに自分に合った働き方をすることが一番ストレスフリーに働くことであることは間違いありません。週休3日制のデメリットをよく把握した上で週休3日制を取り入れるようにしましょう

週休3日制を取り入れている企業は少ない

週休3日制を取り入れている企業は少ない

実際に日本で週休3日制を取り入れる場合には、給与面やワーカーのモチベーション維持、ワーカー側の不安などの多くの課題があることは事実であると言えるでしょう。

課題をクリアし、週休3日制を取り入れている企業は日本ではまだまだ少ない現状です。今後、多くの企業が週休3日制を取り入れ、週休3日が当たり前の社会が来るかは、企業側、ワーカー側双方が納得する形でないと難しいと言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!