パワーナップとは?効果的な仮眠方法を会得しよう!

パワーナップとは

パワーナップとは、時によっては「積極的仮眠」や「戦略的仮眠」と呼ばれる20分前後の仮眠のことを指します。NASAが行った実験によると、パワーナップを行うことで「認知能力が34%上昇し、注意力が54%も上昇した※1」結果がすでに出ています。

※1:「Crew Factors in Flight Operations IX: Effects of Planned Cockpit Rest on Crew Performance and Alertness in Long-Haul Operations

ここでは、企業に勤めるビジネスマンやフリーランス、個人事業主などがパワーナップを取り入れることでどのような効果を得ることができるかについて紹介します。

パワーナップの種類

パワーナップとは、「戦略的仮眠」や「積極的仮眠」と言われていますが、パワーナップの他にどのような仮眠方法があるのかをはじめに紹介します。

ナノ・ナップ

ナノ・ナップとは、10〜20秒の超短期仮眠のことを指す仮眠方法です。主に電車や学生の方であれば授業中などにふっと意識を失うように眠ってしまう仮眠のことです。

マイクロ・ナップ

マイクロ・ナップとは、2〜5分の短期間仮眠のことを指します。すでに眠い心身の状態でマイクロ・ナップを行うことは難しい為に眠気を感じる前に行うのが効果的な方法であると言えるでしょう。

ミニ・ナップ

ミニ・ナップとは、10分前後の短期仮眠のことを指します。マイクロ・ナップよりも時間が長くパワー・ナップよりも時間が短い仮眠方法です。

パワー・ナップ

パワー・ナップとは、20分前後の短期仮眠のことを指します。前述した通り、パワー・ナップを行うことで仕事に対する効率が上がる実験結果も出ている仮眠方法です。

レイジーマンズ・ナップ

レイジーマンズ・ナップとは30分以上の仮眠のことを指します。30分以上の仮眠を行うと、深い眠りに入ってしまい疲労感がますなどのデメリットが出てくるのでなるべく避けるようにしましょう。

パワーナップがもたらすメリット

パワーナップを行うことでどのようなメリットを得ることができるかについてここでは紹介します。

集中力・記憶力が上がる

パワーナップを行うことで頭をスッキリとさせることができる為に昼にパワーナップを行った場合には、午後からの仕事に対し普段よりも集中力や記憶力が上がることが期待できるでしょう。

パフォーマンスが上がる

昼の休憩時間にパワーナップを行った場合に午後からの作業効率が上がることにより、パフォーマンスの上昇も期待できるのは大きなメリットであると言えるでしょう。

また、厚生労働省が睡眠対策の情報である「健康づくりのための睡眠指針2014」の中でも昼間の仮眠を取ることで午後からの作業効率の改善に役に立つ可能性を示唆しています。

パワーナップを最大限に引き出す為には

ここでは、パワーナップのこうかを最大限に引き出す為にどのような手段をとれば良いのかについて紹介します。職場の仮眠環境が整っていない場合であると難しい場合がありますが、なるべくパワーナップを行う際には、パワーナップの環境づくりを行うようにしましょう。

光を遮断する

パワーナップを行う際には、アイマスクなどをつけて周囲の光を遮断することを心がけましょう。職場に仮眠室がある場合には積極的に利用することを心がけましょう。

周囲が明るい環境であると寝つきが悪くなるなどの弊害が生まれる為になるべく周囲が暗い環境を作りましょう。

20分前後の仮眠時間

パワーナップにおいて重要なのは仮眠時間です。20分前後とありますが、あやふやになってしまう為に20分と時間を決め仮眠をするようにしましょう。

それ以下や以上になってしまうと、パワーナップとは違う仮眠方法になってしまう為に時間管理には注意が必要です。アラームやスマホのバイブ機能を設定し心地よい目覚めを目指しましょう。

周囲の音に気をつける

不特定多数の人がいる環境であると寝付けなくなる場合がある為に、耳栓やホワイトノイズなどで仮眠環境を整えましょう。ホワイトノイズを聞くことで周囲の音が気にならなくなり寝つきを良くしてくれる働きがあると言われています。

パワーナップを導入している企業

ここでは、日本に存在する企業がパワーナップを導入している事例について紹介します。ここでは、「三菱地所」、「株式会社OKUTA」、「GMOインターネットグループ」の3社について紹介します。

三菱地所

三菱地所本社には、仮眠室を設けておりパワーナップを推奨しています。三菱地所本社内では、仮眠室の予約表も存在し、仮眠室を利用したパワーナップ制度を導入している企業の1つです。

株式会社OKUTA

OKUTAでは、従業員の健康や幸せやライフスタイルのため、また作業効率を上げるために「お昼寝制度」と呼ばれるパワーナップを導入している企業です。

個人で使用することのできる仮眠室は完備されていないもののそれぞれがデスク上でクッションなどのアイテムを駆使し、快適なパワーナップを行なっている企業です。

GMOインターネットグループ

GMOインターネットグループでは、「GMO Siesta」と呼ばれる仮眠専用のスペースだけではなく、「GMO Bali Relax」と呼ばれるマッサージ・昼寝スペースを設けている企業です。

企業が率先してパワーナップに取り組んでいるためにその周辺環境も整った企業であると言えるでしょう。

パワーナップをうまく利用しよう

パワーナップとは何かまた、最大限に引き出す方法を会得しより作業効率をあげ仕事をはかどらせましょう。また、パワーナップを日々の生活で行う場合には、環境を整えることも重要であると言えます。

最新情報をチェックしよう!