諦めるには勇気が必要?

諦めることとは

諦める選択

なにか物事がうまくいかない時に「諦める」という選択肢を取った人は数多くいるはずです。その諦めた大きさには大小様々なものがあります。恋愛のことなど、何か買うことを諦めること、独立した際に大切な決断として諦めたことなど様々なものがあるでしょう。

諦めることは時にとても勇気が必要となるでしょう。その勇気を諦めた後にその諦めた状況を作らないように次に活かすことで明るい次の道が見えてくるでしょう。ここでは、独立の際や起業してからなど自分のビジネスを持ち生計を立てる人に向けて諦めることには勇気が必要である理由を紹介します。

諦めるのは簡単ではない?

諦めること自体は決心してしまえば簡単なことかもしれませんが犠牲になることを考えると一概に簡単なことでは無いのかもしれません。しかし、自分の現状や今後のことを考えると諦める選択肢を取るしかない状況になることもあるでしょう。

いずれにせよ、諦める選択肢を取ることは重要な物事であればあるほど簡単なものではないと言えます。しかし、諦める選択肢を取った後の状況を計画し行動すれば諦めることも難しくはないでしょう。

多くの場面で諦める時がある

起業や独立をするにあたっては多くの時に諦める必要があるかもしれません。プライベートのことや仕事上でのことなどその必要なときは場所・時間が様々です。

諦めることには勇気が必要ですが、同じ環境での諦めるのに勇気が必要だと感じる人は精神的に鍛える必要があるでしょう。新しい環境で諦めることでこそ諦めることに勇気が必要なのです。

「逃げる」との違い

ただ諦めることもあるかもしれませんが、状況によっては一時的に諦めるという選択肢もあることも忘れてはいけません。この選択は決して逃げるという行為ではないことを自分で分かっていることが大事です。

諦めずにそのまま取り組み散々な状況になってしまっては元も子もありません。その状況を察知することができたら対策が可能なら対策する。対策が不能なら諦める選択肢を取るのが懸命といえるでしょう。

逃げる」という行為には、その状況に耐えられずに逃げることを指し、「諦める」という行為は、その状況を止むを得ずに諦めることを指します。両者ともその状況から去ることにおいては共通ですがその意味は全く違います。

諦めるのに勇気が必要な理由

何故?

諦めることには時に勇気が必要となります。その理由としては今まで培ってきた物事を0の状態に戻す可能性があることです。また、大事な決断であればあるほどその経験をする人の数は多くはありません。

誰もが経験することでは無い為にその決断には勇気が必要となるでしょう。しかし、その諦める決断をすることで次に進むべき道も見えてくるかもしれません。

0の状態に戻る可能性がある

諦めることに対し勇気が必要な理由の1つとして培ってきた状態を一度捨てるという選択肢を取るということになるからです。

しかし、一時的に0の状態に戻り本当に必要であれば状況が整い次第に再度行うことも可能であることを覚えておきましょう。また、諦めた後必要無かったことであると自覚する場合もあります。

0の状況に戻ることに恐れ諦める選択肢を取らずにその状況のままもがくより勇気をだし諦めた方がマイナスになる前にその状況を抑えることができるでしょう。

誰もが経験することでは無い

ここで紹介している「諦める」については、自分のビジネスを持ち生計を立てている人に対しての諦める勇気についてになります。なので、その諦める決断は大きな決断となることは間違い無いでしょう。

諦めずに済ませることが望ましいことですがそうでは無い状況が多々あるのも事実です。また、そのような状況は誰もが経験することではありません。自分が今いる状況に反省と今まで作り上げてきた轍を振り返り褒めることも大切となるでしょう。

諦めることでの大事なポイント

立ち止まる

諦めることにおいて大事なポイントを紹介します。以下のことを気をつけることで諦めることをより簡単にそして次のことへとシフトチェンジすることが可能となります。

過去の産物として見栄を張らない

諦めるということは選択肢として一時的に捨てたという選択をとったということになります。その功績を過去の産物として見栄を張ってしまうと、周りからの評判や自分自身の成長を妨げることがあります。

諦めたという認識を持ち、過去のものとして自分の中にしまうことで過去以上のものを作り出すことが可能になるでしょう。また、自分自身がレベルアップすることが可能となるでしょう。

諦める前に考える

無理だと分かった瞬間に諦めることも時には大切ですが、重要な物事になればなるほどその選択に責任が伴います。そういった際には諦める前に何か解決する方法はないかをもう一度検討しましょう。しかし、注意点として考えすぎておかしな行動をとり負の連鎖を生み出すことだけは避けるようにしましょう。

諦める選択肢を自分で作り出してしまうと視野が狭まってしまい諦める選択肢に寄ってしまう可能性がります。諦める前に自分自身で考えるのも必要ですが、周りに相談するようにしましょう。

常に前を見る

諦めた選択肢をとった後に気をつけたいポイントの一つとしてその物事に引っ張られずに前を常に見ることがとても重要となります。諦めた物事に足を引っ張られると前に進めなくなってしまいます。

過去のことはこれから巻き返すしか選択肢は残っていません。諦めたことよりもこれからのことに情熱をかけ計画をしっかりと立てて辛い諦める選択肢を選択せざるを得ない状況を作らないように行動すると良いでしょう。

常に前を見て物事を進めることでモチベーションを保つ効果にもつながります。時にくる新しい壁も諦めた時に振り絞った勇気を出し壁を乗り越える努力をしましょう。

諦めた後に必要な勇気

手助け

諦めることにも勇気が必要です。しかし、諦めた後にもたくさんの勇気が必要になることは自分のビジネスで生計を立てる上で当たり前のことなのです。そこでのポイントとしてはやはり自分1人だけではなく周りを信頼し相談することが大事でしょう。

ここでは、たくさんの勇気から諦めた後に必要となる2つの勇気について紹介します。諦めた後に常に前を見てモチベーションを高く持ち続けることが必要でしょう。また、その他にも自分なりのメンタルケアを見つけ出し健康的なメンタル面を持つことを心がけると良いでしょう。

もう1度チャレンジする勇気

諦めた後に諦めたことが必要となった時にはもう1度チャレンジする勇気が必要となります。心には「同じ状況になったらどうしよう」などといった不安が襲いかかるかもしれません。

同じ状況を作らないために何故自分が諦めざるを得ない状況に陥ってしまったのかを反省・研究することが必須になるでしょう。それから、もう1度チャレンジするにあたり不安や恐怖に打ち勝つ為に自分の中で乗り越えられる武器を揃えておきましょう。

周りを信じる勇気

1人で全てのものを行うにはリスクや効率が非常に悪くなります。1人で行うよりもチームで物事を進める方が何倍もの結果になる可能性が非常に高くなるでしょう。

何もかもを1人で行うよりもチームとの信頼関係を築き周りを信じチーム一丸となって行うことで諦める勇気も1人で行う時よりも気持ちの面で楽になるでしょう。

しかし、チームに頼るばかりではなく自分のやるべきこともしっかりと行うようにしましょう。何よりも大切なのはチーム内での相互関係です。そこでは自分自身のマネジメントだけではなくチームのマネジメントも重要となるでしょう。

まとめ

チェックメート

自分のビジネスを持ち生計を立てる人にとって諦めることは時によって勇気が必要となります。しかし、その壁を乗り越えることでその先にある大きなことにチャレンジできる環境が広がっていることを忘れてはいけません。

独立や起業することは、諦めること以上に勇気が問われるシチュエーションが多くあります。そのことを考えると諦めることでの勇気がとても簡単なことに見えるかもしれません。決断をすること道を決めることが独立・起業すると多く問われるでしょう。メンタル面を強くしてどんどんチャレンジすることがいいかもしれません。

最新情報をチェックしよう!