ノマドとフリーランスの違いは?|どんな人が向いている?

ノマドとフリーランスの違い

比較

最近よく耳にするようになったフリーランスという言葉ですが、ノマドとの違いをご存知ですか?ノマドとフリーランスはよく比較される言葉です。しかし、2つの言葉の意味の違いを知ると全く違うものであることがわかります。

ここでは、ノマドとフリーランスの違いを働き方・契約方法・条件の3点から違いを紹介します。また、どちらの働き方がおすすめであるかを最終的に紹介します。

働き方

フリーランスとは、フリーランサーが働く形態のことを指します。ノマドとはノマドワーカーが働く形態のことをまず初めに念頭においておきましょう。

働き方の違いとしてフリーランスは契約を個人で行い仕事が終わり報酬が発生する働き方、契約形態です。ノマドとは、個人や会社や組織に属している場合でもノマドワーカーとして活動できる活動形態をノマドと呼びます。

会社や組織に属しているノマドワーカーも数多く存在しているのも事実です。しかし、組織や会社に属して活動しているフリーランスは存在しません。その理由としてその活動形態はフリー(個人)で行なっている訳ではないからです。

契約方法

契約方法もフリーランスとノマドとでは大きく異なります。フリーランスの場合は個人と会社・個人・組織と契約することを指します。フリーランスは個人であることを覚えておきましょう。

ノマドは、場所を選ばずに仕事をすることができる働き方となっています。そのことから、会社や組織の属していてもノマドとして活動することは大いに可能となります。もちろん個人で活動しているのノマドワーカーもいるでしょう。

条件

条件に関しては、フリーランス・ノマドどちらにしても活動を行う前に条件は特にありません。これは共通していえることでしょう。

また、フリーランスは契約形態・働き方であり、ノマドは働き方です。両者のメリット・デメリットをしっかりと知ることでどちらが自分にとって適切な活動形態であるかを見極めましょう。

ノマドが合う人の特徴

ノマドワーカー

ノマドとフリーランスの違いは前の章で紹介しました。ここでは、ノマドワーカーにはどのような人が向いているのかを紹介します。

また、ここに該当しない人でもノマドとして活躍している人はたくさんいますので項目になくてもノマドワーカーとして活躍できる可能性は大きくあるでしょう。

いろんな場所で仕事がしたい

ノマドワーカーは事務所などの概念がないためwifi環境などが揃っていれば場所を選ばずに仕事をすることが可能になります。そのことから、いろんな場所で仕事がしたい願望がある人はノマドとして活動することに合っているといえるでしょう。

また、コアワーキングスペースやノマドワーカーが集まる場所で仕事をすることでノマドワーカー同士の情報交換や意識を高めあったりといった交流もあることから仕事がしやすい環境が全国にたくさんあることもノマドワーカーとして活動することの強みでしょう。

スキルを兼ね備えている

スキルを兼ね備えている人もノマドワーカーの活動があっているといえます。その理由としてスキルがあることで仕事を受注すること、案件を取ることができるなどの強みとなるからです。

うまく軌道に乗ることができれば会社に勤めているときよりも収入がアップする可能性も持っているスキルによっては十分にありえる話ですのでスキルを持っていることはノマドワーカーとして活動するのに向いているといえるでしょう。

新たにスキルを磨きたい人も小さい仕事からコツコツと磨き上げることが可能となるのでスキルに自信がない人も自分の頑張り次第では、ノマドワーカーとして活動することが十分に可能であるといえるでしょう。

好奇心が旺盛

好奇心が旺盛であることはノマドに向いている人の条件の一つといえるでしょう。その理由としてはノマドワーカーの収入は自分自身が行動しない限り収入が生まれないからです。

ノマドワーカーの特徴として場所を選ばないことがあります。そのことから、「旅をしながら仕事をしたい!」などの夢を叶えることができるノマドです。旅をしながら仕事をしたい夢がある人はノマドという働き方があっているかもしれません。

フリーランスが合う人の特徴

フリーランサー

フリーランスの活動が向いている人の特徴を紹介します。ノマドと同様にあくまでも代表的な特徴であることを念頭においておきましょう。

コミュニケーション能力が高い

フリーランスとして活動するためには、コミュニケーション能力が高い必要があるでしょう。その理由として仕事を受注するには初めは自分でアプローチや営業をかける必要があります。

フリーランスとしての仕事は多くの職種がありますが、人脈がある人の方が仕事を受けられる機会に多く出会えるでしょう。自分からその環境に飛び込むためにもコミュニケーション能力が高い必要があるといえます。

セルフマネジメントができる

フリーランサーとして活動するにはセルフマネジメントが行き届くことも非常に大切です。理由としては、自分自身のことを自分で管理する以外に管理してくれる人がいないためです。

そのためにセルフマネジメントができることはフリーランスとして活動するうえで必須の条件であるといえるでしょう。セルフマネジメントの詳しい実践方法を学び新たにフリーランスとして活動する方は知識として入れておきましょう。

柔軟性と適応能力を備えている

フリーランスとは柔軟性と適応能力が求められる働き方でもあります。その理由として長い間同じ仕事をすることが少ないからです。クライアントによって提案するものも変わってくるので職種が同じでも仕事の詳細は変わってくるでしょう。

そのために柔軟性と適応能力を備え優れている人はフリーランスとして向いている人だといえるでしょう。クライアント側からも柔軟に対応してくれる人の方が仕事をやりやすいでしょう。また、今後も継続して仕事を任せたいという考えになる可能性が高いといえます。

ノマドとフリーランスは新しい働き方

新しい風

ノマドとフリーランスの働き方は共通して比較的新しい働き方といえます。そのためノマド、フリーランス共にデメリットもあります。ここでは、ノマド・フリーランスどちらも共通するメリット・デメリットを紹介します。

共通するメリット

共通するメリットとして挙げられることは時間の融通が効くことでしょう。時間の融通が効くことで自分のペースで仕事を進めることができます。これはノマド・フリーランス共通するメリットであるといえるでしょう。

自分の努力次第では、収入に天井がないこともメリットの一つといえるでしょう。会社員として働いてもある程度の収入の天井があることが正直です。しかし、ノマドワーカーやフリーランサーとして活動し、結果を出し続ければ収入の天井がない働き方といっても過言ではないでしょう。

注意点として、働きすぎて病気になってしまっては元も子もなくなってしまいます。ある程度自分のスキルと相談しながら目標金額を定め活動すると良いかもしれません。

共通するデメリット

社会的信用の低さは共通するデメリットであるといえます。しかし、一定以上の期間や収入がある場合には社会的信用も得られる場合があります。

社会的信用の低さは自分の努力次第で得ることができることも覚えておくと良いでしょう。ノマドワーカー・フリーランサーと活動するのであるならば、社会にとらわれず自分の道を突き進むことでデメリットを解消する目標を持って取り組むと良いでしょう。

挑戦するのは自由

挑戦に成功

ノマドとフリーランスは働き方・契約・条件のたった3点から見ても違うものであることがわかりました。どちらとも新しい働き方であるために比較されることが多いのでしょう。

ノマドワーカー・フリーランサーどちらがおすすめであるか自分の環境や自分自身の性格からあっている方を選択すると良いでしょう。また、ノマドとフリーランスは同時進行できることも可能ですので同時進行できる人は挑戦するとどちらのメリットもとれるため良いかもしれません。

最新情報をチェックしよう!