ノマドワーカーとして働くのは魅力的?

ノマドワーカーとは?

ノマドワーカーとは

ノマドワーカーとは、ノマドとして活動する人の総称です。また、ノマドワーカーは場所や国などを選ばずに仕事をする人のことです。

最近ではコアワーキングスペースやカフェなど多くの場所でパソコンを開く人をよく見かけます。場所を選ばずに仕事ができるノマドワーカーとして働くのは魅力的であるかを紹介します。

ノマドの意味

ノマドの意味はもともと「遊牧民・放浪者」といった意味で使われていました。最近はカフェやコアワーキングスペースなどで作業する人のことを指します。最近では国をまたいで旅をしながら仕事をする人も増えてきているのが現状としてあります。

ノマドという言葉は現在のITの技術の進歩により可能となった新しい働き方といえるでしょう。しかし、新しい働き方が故にノマドとして活動する際のデメリットもあるので把握しておきましょう

具体的な働き方

ノマドワーカーの具体的な働き方としてはパソコンやスマホなどのIT技術を用いた仕事内容であることが多いようです。

その理由としては、場所を選ばずにコミュニケーションをするにはパソコンやスマホなどの機器は最重要であり、尚且つ仕事内容もITを駆使したwebデザインライティング業務プログラミングなどが多い傾向にあるといえます。

ノマドワーカーになるための条件

ノマドワーカーになるために必要な条件等は決まりとしてありません。誰でもがノマドワーカーとして活動できる権利を持っているのです。

しかし、ノマドワーカーとしてお金を稼ぐことは簡単なことではなく、途中でリタイアしてしまう人や初めから挑戦しな人が多くいるでしょう。

初めからノマドとしての活動一本で生活をするのではなく、ノマドワーカーは副業としても活動できるので、小さいことから初めて見るのも良い選択肢かもしれません。

ノマドの魅力

ノマドの魅力

ノマドという働き方は魅力が多くあります。しかし、初めからノマド一本で稼ぐのは非常に難しいといえるでしょう。ノマドを魅力を知り、少しずつと稼ぎを増やしていく方法が良いといえるでしょう。

ここでは3つのノマドとして働く魅力を紹介します。3つ以外にもノマドとして働く魅力は数多くあるといえるでしょう。例としては、仕事と旅を両立することができることです。人によってはとても魅力的な働き方であるといえるのではないでしょうか。

環境が整っていれば場所を選ばない

ノマドの魅力として環境が揃っていたら場所を選ばずに仕事ができる点です。上記でも説明したように環境が揃っていれば旅をしながらでも仕事をすることも可能となります。

また、日本国内でもノマドワーカーとして働きながら旅行することも可能です。しかし、ノマドという働き方は仕事とプライベートの区別をくっきりとつけることが難しいです。

きちんとセルフマネジメントを行い仕事とプライベートの両立ができる人は、ノマドとしての魅力を最大限に活かすことができるでしょう。

定時の概念がない

ノマドの魅力の1つとして定時の概念がないことも挙げることができるでしょう。通常の会社員とは違い定時の概念がないため自分のペースで仕事ができるといえるでしょう。

しかし、定時の概念がないため自分自身が怠けずに仕事をできる人でないと円滑に仕事を行うことはできないといえるでしょう。そのためにセルフマネジメントやタイムマネジメント能力が必要といえます。

縛りが少ない

縛りが少ないこともノマドワーカーとして活動する魅力の1つであるといえるでしょう。縛りを外からつけられることはほとんどないですが、自分自身で縛りをつけることで仕事の効率化を見込めることがあるといえるでしょう。

時間の融通が効くことや特定の場所で行う必要がないことからプライベートと仕事の区別がつかなくなってしますことがあります。

縛りが少ないことはノマドワーカーとしての魅力といえますが、自分自身でのルーティーンといった決まりをつけることは非常に大切であるといえるでしょう。

ノマドワーカーであるデメリット

パソコンノマドワーカー

ノマドワーカーの魅力もあればデメリットもあります。ノマドという言葉が比較的新しい言葉であるが故に社会的信用を得るのが難しいことなどが挙げられます。

ここでは、ノマドワーカーとして活動するにあたってのデメリットを紹介します。

環境に左右される可能性がある

ノマドワーカーは旅をしながらも仕事を両立できると上記で説明しましたが、デメリットとして、wifi環境やネット環境に左右されてしまうことがあります。

対策法としては、ポケットwifiを持ち歩くことや、wifi環境が整っているカフェやコアワーキングスペースで仕事をするなどがあるので対策しましょう。カフェやコアワークンググペースではなく環境が整っていれば家でも仕事をすることも可能です。

社会的信用を得るのが難しい

社会的信用を得るのが難しいこともノマドとして活動するためのデメリットの1つとしていえるでしょう。家を新たに契約する時などやクレジットカードの契約をするのが厳しいことがあります。

対策法としては、ノマドとしての活動で継続的に一定以上の収入を稼ぎ続けるなどの必要があるでしょう。しかし、ノマドとしての活動として行うのは難しいでしょう。自分自身のスキルやセルフマネジメントを徹底的に行い一定以上の収益を稼ぎ続ける努力をしましょう。

ノマドワーカーがスペースを決めるポイント

ポイント

ノマドワーカーが仕事をする場所を決めるのはとても大切なことです。その理由としては、作業スペースに向いていると判断し、入店してもwifi環境が整っていなければ仕事をすることができません。

上記のような失敗を防ぐために、ノマドワーカーが作業スペースを決める際のポイントを紹介します。

wifi環境があるか

wifi環境があるかはとても大切なポイントの1つでしょう。しかし、カフェなどのフリーwifiはセキュリティ面で不安があるのが正直なところです。ノマドワーカーとして活動するには、フリーwifiなどではなくプライベートのwifiがあるスポットを選ぶことが重要といえるでしょう。

また、フリーwifiでもある場所でもポケットwifiなどを所持している場合ではセキュリティ面でも安心して作業を行えます。ノマドワーカーとして活動するにはポケットwifi を持ち歩くと良いでしょう。

充電ができる環境か

充電ができる環境であるかもとても大切な作業場所を決めるポイントの1つであるといえるでしょう。カフェなどで作業する場合には充電スペースがない場合が多くあります。入店する前に確認してから入ると良いでしょう。

カフェ以外であると、コアワーキングスペースなどがありますが、コアワーキングスペースにはほとんどの場所に充電できるスペースがあるので安心して作業ができるであるといえるでしょう。

持ち運びができる充電器やポケットwifiを所持している場合には、場所を選ばずに作業できるので本当の意味でノマドワーカーとしての活動ができるといえるでしょう。

自分で集中できるスペースか

自分が集中して作業できるスペースであるかは、作業スペースを決める上で最も大切であるポイントの1つであります。

自分の集中できるスペースで作業することで確実に作業効率が上がるといえるでしょう。自分がどのようなスペースで集中できるのかを思いスペースを決めましょう。

自分の理想的なスペースにwifi環境や充電スペースがない場合でもポケットwifi や持ち運びの充電器を持つなどの対策を取ってでも自分の集中できるスペースで作業する選択肢を取った方が効率的であるといえるでしょう。

ノマドワーカーを始めてみよう

スタート

ノマドワーカーとして活動するのに条件や縛りなどは特にありません。チャレンジすることにリスクは少ないため少しでも興味がある人は副業としてノマドワーカーとして活動するのも良い選択肢であるといえるでしょう。

しかし、注意点として初めからノマドワーカーが初めから稼げるわけではありません。スキルが備わっている人は稼げるかもしれませんが、スキルに自信がない人はまずスキルを磨くことから初めて見ると良いでしょう

最新情報をチェックしよう!