PRの意味は?PRを種類別に紹介

PRの意味

PRの意味とはなんでしょうか。日常会話の中でPRということばが使われていても漠然としているケースがほとんどではないでしょうか?

ここではPRの意味や種類について掘り下げ、PRの本当の意味を整理したいと思います。

Promotionとは違う

”パブリック・リレーションズの略で、企業や団体が社会と良い関係を構築するための活動”

出典:コトバンク public relations

とあります。よくアーティストのプロモーションビデオを見聞きしますが、PRはこのPromotionの略語ではなく、Public RelationsのPとRだったわけです。マーケティング用語であるPromotionの意味するところは、Sales Promotionが「販売促進」を表すように、promote(促進する、奨励する、主催する)からきた用語です。

”パブリックリレーションズとは、組織とその組織を取り巻く人間との望ましい関係を創り出すための考え方および行動のあり方である”

出典:日本パブリック・リレーションズ協会のホームページ

とでているように、考え方や行動をさすことばであることがわかります。

PRの重要性

次に、PRはどのようなときに重要になってくるのでしょうか?身近な例から考えてみたいと思います。

PRで価値が決まる

ここで回り道をするようですが、Publicの反対、Privateな関係を築くことを考えてみたいと思います。

何も関係がなかった人と関係ができるとはどういうことでしょうか?

なんらかの出会いがあり、その出会いにより相手の中に自分の求めていたものを発見したとき、自分が忘れていたものを思い出させてくれたときはどうでしょうか?尊敬、恋愛、同情、その他いずれの感情であっても自分の心が揺すぶられた瞬間に、今までになかった関係が生まれているのではないでしょうか?

同様にPublicにおける関係も、あるアプローチによって今まで自分になかったもの、今まで気づかなかったものを見つける瞬間があります。どんな小さくとも、モノやことがらに対して「心の揺れ」を起こさせるもの。その揺れた心がその時の、そのモノやことがらに価値を見出しているといえるでしょう。

共感を得る

「共感」ということばは、

他人の意見や感情などにそのとおりだと感じること”

出典:コトバンク 共感

とあります。すると、相手のアプローチによって、「そのとおりだ」と感情が動く「心の揺れ」とは「共感」を得ることともいえます。

「心の揺れ」や「共感を得る」ために大切なのは、人々がまず、ある感情を前もって体験していることです。その体験をめがけて発信しないと効果は期待できません。これは非常に重要なポイントです。PRが意味を持つのはこの前提条件があるときに限られます。

それでは、心を動かしたり、共感を得るために具体的にはどのように働きかければいいのでしょうか?

PRの種類

さまざまな状況にある人々に対して心を揺さぶる「震源」を何に求めるかについて考えます。

PRの手段として、ここではテレビ、新聞、ラジオ、Webの4種類についてそれぞれの特徴を見ていきます。

テレビPR

メディアの王様とも呼ばれたテレビは、ここに挙げた中ではこれまで一番影響力を持っていました。なぜなら、一時に何百万人に対して映像と音によってとてもわかりやすく伝わるからです。しかしながら、その影響力が大きいほど、PRの仕方によってはマイナスイメージにつながるリスクも兼ね備えています。

新聞PR

新聞は、全国紙・地方紙・業界紙などの種類があり、読者がある程度細分化されています。そのため、テレビと異なり、ターゲットを意識したPRが可能です。新聞に設けられた広告枠の中に埋め込まれるPRと、純粋な記事の中で紹介されるPRがありますが、後者の効果は絶大であると言わざるを得ません。

ラジオPR

ラジオはリスナー層が番組ごとに異なり、新聞よりさらにターゲットが細分化されています。他のメディアと異なり、「いつPRするか」意識することが重要ポイントです。

WebPR

スマホの普及によって、今やテレビよりも影響力をもつメディアとなりつつあるのがインターネット上のPRです。圧倒的な強みはその速さです。SNSの発達によって、個人が結果的にPR活動の一端を担うことも珍しくありません。動画を組み込んだWebPRは、テレビPR以上の重要な存在であるともいえます。

PRの本当の意味とは

キャッチボールのような相互関係

PRの意味と種類についてを紹介しました。PRの意味するところについて、今までとは違った印象を持つようになった方もおられるのではないでしょうか?

人々がある感情を体験し、それをPRの担い手が理解していること。そして、さまざまなPR活動を通じて、人々に次の行動に結びつく心の揺れが生じること。さらにその人々の次の行動がPRの担い手に伝わること。この全てを含めたキャッチボールのような相互関係、これがパブリック・リレーションズの本当の意味ではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!