インプットを怠らない方がいい理由

インプットとは

インプットとは?

インプットとは、アウトプットの対義語として使われる言葉です。外部からの情報や考え、デザインなどを自分自身の中に吸収することといえます。

また、学生のころにテスト前日に範囲の内容を詰め込むこともインプットと括ることが可能ですが、そのようなインプット方法では非常に質が低いものであるといえます。継続的にインプットすることで質の良いインプットをすることが可能であるでしょう。

インプットだけでは意味はない?重要性を理解しよう!:https://supe-rior-media.com/startup/2747/

インプットの効果的なやり方

インプットの効果的な方法として、人とのコミュニケーションの中で手に入れることや本や講演会など一方的に情報を入手することを挙げることができます。どちらの場合も効果的なインプット方法であるといえるでしょう。

アウトプットとの関係性

インプットと深い繋がりのあるのはアウトプットであるといえるでしょう。インプットをしなければアウトプットはすることができません。 0の状態からは何も発信することがないからです。

インプットと深い関わりをもつアウトプットのことを考えインプットをするとさらに質の良いインプットができるといえるでしょう。また、アウトプットの先にあるアウトカムについて考えながら行うとさらに質の良い一連の流れを作り上げることができるでしょう。

量を多く行う

インプットは質ではなく多くの量をインプットすることが大事であるといえるでしょう。インプットの量が少ないAさんとBさんでは圧倒的にBさんの方が情報量が多いといえます。

情報量が多いことにより、その真偽も掴めさらには広い分野で多くの知識や考え、情報を手に入れることが可能になるといえるでしょう。また、インプットの次のステップであるアウトプットでインプットした情報をそのまま表現することは避けるようにすると良いでしょう。

インプットを怠るとどうなる?

インプットの提供

インプットを怠ることで実際に自分自身にどのような弊害が出るのでしょうか?インプットを怠るということは外からの情報ではなく自分自身の中にある情報のみでアウトプットせざるを得ません。

ここでは、インプットを怠るとどのような弊害が自分自身に降りかかるのかを紹介するとともに、インプットを怠ることでアウトプットにどのような変化が出るのかも合わせて紹介します。

情報量・知識の不足

インプットを怠ることで懸念される事例として挙げることができるのは情報量や知識が圧倒的に不足するということでしょう。インプットを怠ると自分の中での情報や知識でアウトプットすることになってしまいます。

そのようなことになると、自分自身の幅を小さく閉ざしてしまうことになるでしょう。自分の幅を大きくするためにもインプットを怠らずに行うようにしましょう。

自分を劣化させる

インプットを怠ることで自分を劣化することにも繋がってしまいます。自分を高めるためにはその「行動したい」や「もっと知りたい」などの欲が出てきます。これは決して悪いことではなく、むしろいいことであるといえます。

インプットを怠るということはそのような欲がない状態であるといえるでしょう。その結果自分自身を劣化させてしまうことにも繋がってしまいます。興味のあることからでもいいのでインプットを始めアウトプットそしてアウトカムまでつなげていきましょう。

定型的なデザインになる

インプットを怠ることで懸念される一つとして定型的なデザインになってしまうことも挙げることができるでしょう。定型的なデザインになってしまうと以前と同じような考えやデザインになってしまいます。

そのようなブランディング方法もありますが、そのような人たちも新しい情報や考えをインプットした結果です。定型的な考えやデザインになることで新しみのない同じようなものを作ってしまうことになるでしょう。

そのような事例を防ぐためにも新しい考えや情報などを継続してインプットし続けましょう。そして、アウトプットという表現につなげていけると良いといえるでしょう。

アウトプットに関係する

インプットを怠ることでアウトプットにも関係してくるといえます。上記で説明した通りインプットを怠ることで情報や考え、デザインが定型的なものになってしまします。

そのことから、アウトプットで表現する時にも同じようなことを話したり情報に新鮮味がないような内容になってしまう可能性が多いにあるのです。そのような事例を防ぐためにもインプットを行い定型的なものでなく継続したインプットからアウトプットへとつなげることを心がけるようにしましょう。

オススメのインプット方法

ブレインストーミング

アウトプットの場合は自ら発することで得るもの「アウトカム」まで考え行動することがポイントでしたが、インプットではどのようなこおがポイントとなるのでしょうか。

また、インプットは対人でアウトプットさらにはアウトカムまで考え行うとなお、質の良いインプットができることでしょう。ここでは、おすすめのインプットを紹介します。

好きな分野から派生される

仕事のことや趣味のことなど様々な場面で必要となるインプットですが、仕事も趣味も好きなことであるとより深くインプットをすることができるでしょう。

インプットを行う上でそのプロセスは言うまでもなく大切なことですが以下に深い分野までインプットできるかも非常に大切になってきます。好きな分野であると興味もあるためより深い分野まで情報をインプットすることができるでしょう。

また、深く探った後にそこから根っこを伸ばすように多方面に派生していくことがより理解もできるインプットの方法であるといえるでしょう。

スマホを活用する

スマホを活用することで移動時間や休憩時間などにインプットをすることが可能です。スマホの利便性は言うまでもありませんが、一日の時間のほとんどをスマホと過ごしている人も少なくないはずです。

スマホをうまく活用し、ニュースやSNS、メディアなどからインプットすることも可能であると言えるでしょう。しかし、注意点としてネットに掲載している情報がゆえに信頼性には少し欠ける欠点があります。

あくまでもネットからの情報は参考程度にしておきましょう。しかし、ニュースのアプリの情報などは信頼してもいいでしょう。ネットからのインプットはその情報が本質的に信頼できるものであるかを見極めることも非常に重要です。

人脈から生きた情報を手にする

人との繋がりは非常に強いものがあります。人から人に伝わる情報はインプットとアウトプットを同時に行うこともできるためおすすめのインプット方法であるといえるでしょう。

人脈から情報を手にするということは同時にコミュニケーションもとっていることになります。これこそが、インプットの効率的なやり方であるといえるでしょう。さらにその中でインプットをし、手に入れた情報は生きている情報であると言えます。

価値の高い情報を手に入れることでその後の自分の考えや自分の軸をさらに強化するためにも人脈から生きた情報を手にすることは非常におすすめのインプットの方法です。

インプットは継続的に

継続的に

インプットを怠ってしまうとその先に続くものがないためにそこで止まってしまいます。インプットは継続的に行うことで初めてその先に続くものへとパスができるわけです。

冒頭で紹介した通り、テスト前日に詰め込んだ情報と長期的に積んできた情報とでは、質も量も圧倒的に違います。インプットは継続的に行うようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!