OEMとは?ODMとの違いを解説!

OEMとは

疑問

「OEM」とはどのような意味でしょうか?OEMは「Original Equipment Manufacturing」の頭文字を取りOEMとなり、意味としては、”オリジナルの製品を生産する会社”となります。

OEM生産をうまく活用すれば事業をスムーズに運ぶことが可能になります。OEM生産をこれから始めようと考えている人はOEM生産のメリット・デメリットと事業を行う職種についてしっかりと理解し、始めることを心がけましょう。

ODMとは

ODMとは、「Original Design Manufacturing」の略称であり、OEM生産よりも多くの業務を外注する形になります。委託者はOEM生産よりも自社での作業が減るために人件費のコストカットや作業負担の軽減などの効果を見込むことが可能となります。

OEMとODMの違い

OEMとODMは同じようで違うというこおtを覚えておきましょう。OEM生産は基本的に生産のみを外部で生産する形となりますが、ODMでは基本的に生産と商品の開発を行い、ODMの受託会社によっては、配送まで行ってくれる会社も存在します。

OEM・ODMの生産例

実際にOEM生産をしている職種やブランドはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、OEM生産をしている職種やブランドについて紹介します。

化粧品

女性にとって欠かすことのできない化粧品にもOEM生産が活用され商品として販売されています。化粧品はOEMの委託の数も多いですが、OEMの受託の数も多いです。

化粧品は、商品の効果や入っているものにより販売個数が大きく変化してきます。自社で研究施設や商品開発、生産を行うと多額の設備資金が必要となります。そのことが故に、OEM生産が活用されているでしょう。

アパレル

アパレルの業界でもOEM生産が活用されています。アパレルで被服を生産する場合にはサンプルやパターン、商品など多くの工程が必要となります。そこで、OEM生産を行うことで自社の作業コストや人件費、設備資金の削減を見込むことが可能でしょう。

また、日本の縫製工場が減ってきていることや海外の方が安く生産できることから海外で生産しているアパレルがほとんであるといえるでしょう。自社のブランドとして販売できることはアパレルにおいてOEM生産を行う大きな強みといえるでしょう。

コンビニエンスストア

日常の生活には欠かすことのできないコンビニエンスストアでもOEM生産が活用されています。コンビニエンスストアでのOEM生産された商品は、「PB」と呼ばれています。PBは(Private Brand)の略称であり、その仕組みのほとんどはOEMとして生産されているようです。

セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどの大手のコンビニエンスストアでもOEM生産が活用されていると考えるとより、OEMが身近に感じることが可能になります。

OEMのメリット

OEM・ODMのメリット

OEM生産においてメリットやデメリットは多くありますが、今回は受託側(製造する側)ではなく、委託側(生産を受託者に依頼する側)に視点をおき、OEM生産のメリット・デメリットを紹介します。

商品のコントロールがしやすい

OEM生産において商品のコントロールがしやすくなるということはOEMの強みとして挙げることができるでしょう。

生産を始めると先のことも見据えながら生産をする必要性があります。生産に手間や業務の時間を割くよりもOEM生産を活用し生産の委託を行い次の新商品の開発に時間をかけたほうが遥かに効率的であるといえるでしょう。

また、まだ商品数も多くない時には生産を委託してしまうことで自社が人件費や材料の維持費などのコストカットも見込めるでしょう。

設備資金のコストカット

設備資金のコストカットができることもOEMを行うにあたってもメリットとして挙げることができるでしょう。生産を外部である委託者に託すことで自社に工場をもつ必要がなくなります。そのことにより、工場を稼働させる資金を浮かせることができるでしょう。

また、工場を稼働させる必要がないためにその工場で働く人の人件費も抑えることが可能になります。職種により、生産が必要な職種で会社を設立したばかりである場合には工場を稼働させる資金力がない企業がほとんどです。設立して間もない企業やブランドはOEM生産をしている傾向が多いでしょう。

自社ブランドとして販売が可能

OEM生産で生産した製品は自社のブランドとして販売することが可能になります。コンビニエンスストアのようにPBとして商品を販売することもありますが、アパレルのように自社のブランドとして販売することが可能になります。

自社ブランドとして販売できることで設備資金を削減でき、商品開発や販売に専念できるという面でもOEM・ODM生産の大きなメリットであるといえるでしょう。

OEMのデメリット

OEM・ODMのデメリット

OEM生産にはメリットと同様にデメリットもあることを把握しておきましょう。OEMのデメリットとして挙げることのできる要因には解決策が必ずあるので、OEM生産を活用し効率的に生産をすることが良いといえます。

コストが余計にかかる可能性

OEM生産を行う際のデメリットとしてあげられることの1つとしてコストが嵩むことがある可能性があるということです。生産を始めて行う時には職種によってコストが多くかかる可能性があるのでしっかりと委託先との連携を取ることを心がけましょう。

自社の生産技術が衰える可能性

OEM生産のデメリットとして、自社の生産技術が劣る可能性があることもデメリットとして挙げることができます。生産を委託先に頼るために生産技術が劣り、生産に関して臨機応変な対応をすることが厳しくなるといえるでしょう。

長期的にOEM生産での生産を視野に入れている場合には、自社で生産する場合とのメリットとデメリットを書き出し、計画を立てることを心がけましょう。

取引先との連携が必要

OEM生産を行うにあたって取引先となる受託者との連携がとても重要となります。取引先との連携が必要なこともOEM生産のデメリットとして挙げることができるでしょう。その理由として、納期が遅れる可能性が自社で生産工場を持つことに比べ高くなるからです。職種により細かい部分には違いがありますが、中小企業にとって納期が遅れることは会社に大きなダメージを与えることにつながります。

納期が送れないためにも取引先となる受託者との連携を密に取りOEM生産を行う必要があるといえるでしょう。自社に生産工場を所持している場合には連携が取れやすいですが、OEM生産では、生産が外部になることによりその連携の重要性はとても高いといえるでしょう。

OEM生産で取引することになった会社や団体とは密に連絡を取り話し合い、本来であれば必要のない業務や経費を抑えるように心がけましょう。

OEM・ODM生産を活用しよう

 OEM・ODM

OEM・ODM生産はメリットとデメリットをしっかりと理解し事業に組み込むことでとても活用することのできる生産方法といえるでしょう。また、事業を始めた時に試験的にOEM・ODM生産を活用する方法もあります。

会社を設立したばかりの時には、なるべくコストを抑えて生産をしたいものです。そのことから設立したばかりで生産が必要な事業はOEM・ODM生産を活用し生産して見るのはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!