ナンバー2の重要性に気付こう!

ナンバー2の重要性

意志結束

ナンバー2の人材は会社にとって非常に重要な人材となります。会社内だけではなく会社外の影響の面に関してもナンバー2がいるかないかでは会社の進むスピードやその確実性では大きく差が開いてしまいます。ここでは、会社においてナンバー2の人材がなぜ重要なのかなどを紹介します。

ナンバー2の役割

ナンバー2の役割としては、ベンチャー企業を例に出して見ると社長が新しい道を切り開きその道を舗装するのがナンバー2の役割となります。社長1人で道を切り開くとその道は社長しか道の進み方を知らず後続は進み方がわかりません。

そのためにナンバー2が社長とのコミュニケーションを密にし、その道を綺麗に舗装する必要があるのです。ナンバー2は会社にとっても周囲にわかりやすくするためにも必要な人材なのです。

創業間もない会社に必要不可欠

会社

会社を設立して間もない時には、人数が少ないでしょう。その会社の状況でナンバー2の人材とは非常に重宝する人材であるでしょう。会社法の改正により株式会社・合同会社共に社長の1人で会社を設立することが可能になりました。さらに、リモートワークやフリーランスの活躍が大きくなっていることから1人でも十分に会社の経営を行えると考えている人も多いはずです。

しかし、創業間もない会社にこそナンバー2の人材はその道を舗装するためや社長の考えをもっと現実的な考えにするためにもナンバー2の人材は非常に重要な人材であるといえるでしょう。

ナンバー2の数は非常に少ない

ナンバー2は会社にとって非常に重要な人材であることは上記で説明しました。近年日本でも起業の数は増加傾向にありますが、そのナンバー2の人材の数は少ない印象を受けます。

会社を設立しても社長1人で会社を軌道に載せることは非常に難題であるといえます。ナンバー2の人材をいかに早いタイミングで会社に呼び込めるかが今後の会社の未来を決めると言っても過言ではありません。

ナンバー2という人材

ハンドシェイク

社長という人材はやるべきことややりたいこと、実現したいことを冒険的に突き進むことができる人が社長という人材に適任であるでしょう。また、その他にもマネジメント能力や職人気質、行動力などバランスよく行える人材である必要があるでしょう。

それに比べナンバー2の人材は会社の理念や社長の人柄など会社によって合わせていかなくてはいけません。会社よっては非常にマッチする会社もあるかもしれませんが、合わない会社もあるでしょう。社長側、右腕側両サイドもタイミングと出会いがとても重要であるといえるでしょう。

最新情報をチェックしよう!