個人口座開設するにはどこの銀行がおすすめ?

銀行の種類

銀行の種類

個人名義で銀行口座を開く際にどの銀行で口座を開くかを迷う時の時のためにここでは、銀行をメガバンク・地方銀行・信用金庫・ネット銀行の4種類に分けそれぞれの詳細について紹介します。

メガバンク

まずはじえにメガバンクについて紹介します。ここでは、ゆうちょ銀行とりそな銀行を含め、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行の5つの銀行をメガバンクと設定しその口座開設の方法と詳細について紹介します。

メガバンクの特徴としては、その規模の大きさから、ATMや店舗の数が他銀行の種類に比べ圧倒的に多い点や、緊急時にもお金をおろすことができる点を挙げることができます。

しかし、地方に場所を移すと支店やATMの数は少なくなることはデメリットとして挙げることができるでしょう。メガバンクで口座を開設する際には、近くに店舗があることを確認してから口座を開設することをおすすめします。

地方銀行

地方銀行は「地方銀行」と「第二地方銀行」に分類することができますが、ここでは、地方銀行について紹介します。地方銀行の特徴として、地域密着型であることを挙げることができるでしょう。地域密着型であるために地方銀行によって様々なサービスが提供されているのも特徴です。

サービスの中には子育てを支援するためのサービスや、地域イベントの協賛としても参加しているのが地方銀行です。地方銀行の例としては、横浜銀行・北陸銀行・青森銀行・静岡銀行・但馬銀行・山口銀行・伊予銀行・大分銀行などが含まれます。

信用金庫

信用金庫は、地方銀行のように地域に密着した非営利共同組織となります。地方銀行と似ていますが、その組織形態は大いに違うと言えます。信用金庫は地方によって種類が多くありサービスも変わってきます。

現在住んでいる近くの信用金庫に行きどのようなサービスを提供しているかを聞くのもいいでしょう。信用金庫は個人との取引でも丁寧に対応してくれるのも特徴の1つです。

信用金庫の例としては、北海道信用金庫・杜の都信用金庫・朝日信用金庫・多摩信用金庫・豊田信用金庫・大阪シティ信用金庫・広島信用金庫・大分みらい信用金庫など日本全国に250を超える数があります。

ネット銀行

ネット銀行とは、メガバンクや地方銀行、信用金庫とは異なり店舗を持たないまたは、限られた店舗のみを持つ形態の銀行です。店舗を持たないためにネットバンキング(インターネットを利用した金融取引のサービス)でお金の管理を行うことができます。

ネット銀行の例としては、イオン銀行・楽天銀行・セブン銀行・SBJ銀行・新生銀行などがあります。

メガバンクでの口座開設

メガバンクでの口座開設

実際にメガバンクで口座を開く際に必要な書類や、注意点などについてゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行の5種類の銀行に分けて紹介します。

ゆうちょ銀行

はじめにゆうちょ銀行で口座を開く際の必要なものについて紹介します。ゆうちょ銀行は店舗での開設ももちろん可能ですが、無通帳総合口座「ゆうちょダイレクト+(プラス)」という郵送で口座を開設することも可能です。店舗で口座を開設する際には、

  • 印章
  • 本人確認証(免許証など)

この2点のみで店舗で口座を開設することが可能です。また、「ゆうちょダイレクト+(プラス)」の場合には、利用申込書をwebで請求し、郵送される書類に必要事項や押印、本人確認書類を添付し返送することで後日自身のポストにキャッシュカードが投函されることでゆうちょのキャッシュカードを利用することが可能になります。

ゆうちょ銀行のメリット

ゆうちょ銀行のメリットとしては全国に数が多いことが挙げることができます。郵便局・ゆうちょ銀行の数は日本全国に20,000を超える店舗があり、身近に使えることが最大のメリットといえるでしょう。

また、ゆうちょ口座間である場合には、月に1回までであれば送金を無料で行うことができますゆうちょダイレクトといったスマホやパソコンで窓口がしまっている時間帯でも口座にアクセスすることができ、送金することも可能です。

三井住友銀行

三井住友銀行では、来店不要で口座を開設することが可能です。その方法としてはホームページからの方法と、アプリで口座を開設することが可能です。ホームページからの場合には、必要な書類は以下になります。

  • 本人確認書類(1):運転免許証・パスポート・個人番号・在留カード・健康保険証のいずれか
  • 本人確認証(2):(1)で健康保険証を提出した場合には公共料金領収書または、住民票の写し

以上の書類をファイル形式で送信することでホームページから三井住友銀行で口座を開設することが可能になります。また、アプリからの場合には、三井住友銀行口座開設アプリをダウンロードすることから始まります。

ホームページやアプリでの口座開設も可能ですが、もちろん店舗での口座開設も可能になります。店舗で口座を開設する場合には、必要な書類は以下になります。

  • 写真付きの本人確認書類
  • 印章
  • ※公共料金領収書

公共料金領収書は必要な場合があるので口座開設を店舗で行う場合には持っていったほうが良いでしょう。

三井住友銀行のメリット

三井住友銀行のメリットは来店不要で口座を行うことができる点でしょう。三井住友銀行が大きい銀行のために口座開設を店舗で行うだけでも時間を多く取られてしまう場合があります。しかし、来店不要で口座を行うことで店舗dでの待ち時間を省くことができるでしょう。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行では、スマート口座開設・郵送での口座開設・テレビ窓口、店頭での口座開設の4種類があります。また、

スマート口座開設では、アプリでの口座開設とパソコンでの口座開設の2種類があります合うプリでの口座開設の場合には、スマート口座開設のアプリをダウンロードすることから始めましょう。パソコンでの口座開設手順としては以下になります 。

  1. 免許証などの本人確認証を準備
  2. 準備した本人確認証を写真で撮影、アップロード
  3. 必要な情報を入力し、送信
  4. 後日、キャッシュカードが到着

スマート窓口・郵送・テレビ窓口・店頭での口座開設いずれの場合でも持ち物は以下の3点があると口座を開設することが可能となります。

  • 本人確認証
  • 印章
  • 個人番号が確認できる書類(マイナンバーカードなど)

以上の3点があるとどの手順を取っても三菱UFJ銀行で口座を開設することが可能となるでしょう。

三菱UFJ銀行のメリット

三菱UFJ銀行のメリットとしては来店不要の口座開設に3つもの種類がある点でしょう。しかし、注意点として三菱UFJ銀行は首都圏を中心に展開している銀行であるために口座を開設する前に店舗が近くにあるかを確認しましょう。来店不要で開設し、近くに店舗がない場合には万が一の場合にとても手間がかかる事態になってしまいます。

みずほ銀行

みずほ銀行での口座開設の方法は、アプリでの口座開設、インターネット、店頭での口座開設の3種類があります。また、18才以上で自分名義で口座を開設することが可能です。アプリでの口座開設である「口座開設&マイナンバーお届けアプリ」での手順としては以下になります。

  1. アプリをダウンロード
  2. 必要事項を入力(※運転免許証を写真ファイルで送信する必要あり)
  3. 24時間以内に本登録
  4. 通帳・キャッシュカードの受け取り
  5. )※印鑑届、運転免許証の返送(メールオーダーによる手続きや口座振替依頼の場合)

インターネット、店頭での口座開設の場合の持ち物は以下になります。共に必要な書類は同じになりますので、どちらの場合であっても以下のものを準備しましょう。

  • 本人確認証
  • 印章

みずほ銀行のメリット

みずほ銀行での口座開設するメリットとしては、みずほ銀行だけではなく平日8:45〜18:00であればイオン銀行のATM手数料も無料である点を挙げることができるでしょう。

また、みずほマイレージクラブに入ることで土日や夜間の手数料も無料になるなど多くの特典を受けることができるのもメリットとして挙げることができるでしょう。

りそな銀行

りそな銀行での口座開設の種類は郵送、アプリ店頭での口座開設の3種類があります。また、高校生から口座を開くことが可能です。

アプリで口座を開設する際には「りそな 口座開設&サービス申込アプリ」をダウンロードすることから始めましょう。郵送で口座を開設する場合には以下になります。

  • 健康保険証、年金手帳、福祉手帳、運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、個人番号カードの中からいずれか一点
  • 税金の領収済領収書の原本、公共料金領収書、印鑑証明書、住民票の写し、住民票の記載事項証明書の原本の中からいずれか1つ

また、店頭で開設する場合には以下の書類が必要となります。店頭での口座開設は待ち時間がかかる場合があるので時間に余裕を持って行くようにしましょう。

  1. 運転免許証、パスポート、個人版んごうカード、療育手帳、在留カード、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷者手帳、官公庁から発行された書類(顔写真入り)の中から1つ
  2. 健康保険証、年金手帳、後期高齢者医療被保険者証、母子健康手帳、印鑑登録証明書(取引で使用する場合)、共済組合の組合員証、児童扶養手当証書の中から1つ
  3. 住民票の写し、住民票の記載事項証明書、戸籍謄本または妙本、印鑑登録証明書

注意点として、(1)の中から1つ(2)、(3)から2種の書類が必要となります。※(2)の中から最低1種が必要となります。

りそな銀行のメリット

何か不安なことやわからない点は店頭でしっかりと説明を聞きたいと言う人にとっては非常にメリットとなる年中無休で19時まで営業する店舗があることは非常に強いメリットであるといえるでしょう。

また、りそな口座間の振込の場合には即日反映されることもメリットとしてあげることができます。

地方銀行での口座開設

地方銀行での口座開設

地方銀行は地方に住む人にとっては欠かすことのできない銀行であるといっていいでしょう。地方銀行は、年齢層が比較的高いこともあるためにその密着度は高い必要があります。その密着度を地方銀行は可能にしているといえます。ここでは、地方銀行で口座を開設するメリット、デメリットについて紹介します。

地方銀行のメリット

地方によってはキャッシュレスが未対応の店舗が多いためにATMの必要性は都市よりも必要になります。その理由から、ATMの利用料が無料であることが多い傾向にあります。また、限定した地域に展開しているため住んでいる近くの地方銀行で口座を開設することでそのメリットを受けることができるでしょう。

地方銀行のデメリット

地方銀行のデメリットとして挙げることができることは、引越しの予定のある方は口座開設を地方銀行で行う必要がないことでしょう。引越しの予定が定期的にある人や一時的に住む人などは地方銀行で口座を開設する必要はないといえるかもしれません。

信用金庫での口座開設

信用金庫での口座開設

信用金庫での口座開設の際に必要な書類はメガバンクや地方銀行と同様に本人確認証・印章が基本的に必要なものであるといえるでしょう。ここでは、信用金庫での口座開設を行うことで得られるメリット、デメリットについて紹介します。

信用金庫のメリット

メガバンクや地方銀行は、比較的に大きな取引相手と取引をする傾向にありますが、信用金庫は個人や規模の小さい事業者に親切である点を挙げることができるのは信用金庫の最大のメリットであるでしょう。

信用金庫という名前の通り、将来起業することや融資を受けたいと考えている場合には、積立を行うなどして信用金庫に信用を作ることも可能である点もメリットであるといえるでしょう。

信用金庫のデメリット

また、手続きが多い点も挙げることができます。信用金庫で口座を開設する場合には基本的には店舗に出向く必要があります。これは、メガバンクや地方銀行とは違い大きいデメリットであるといえるでしょう。

信用金庫のデメリットは、地方銀行と同様に引っ越す予定の人にはあまり向かない点でしょう。信用金庫には営業地域が定められておりその地域から、引っ越す場合にはあまり向かないといえます。

ネット銀行での口座開設

ネット銀行での口座開設

ネット銀行の口座開設はネット銀行の特徴から来店不要で行うものが主流となります。また、ネット銀行によって様々なサービスを展開しているのもネット銀行の特徴でしょう。ここでは、一般的なネット銀行のメリット、デメリットについて紹介します。

ネット銀行のメリット

ネット銀行の最大のメリットは全てのの取引をネット上で完結することができる点を挙げることができることをはじめに挙げることができるでしょう。また、提携しているATMで入出金できることもメリットの1つとしてあげることができます。ネット銀行を開設する際には、どのATMと提携するかを確認しましょう。

また、定期預金の金利が比較的高い点も挙げることができます。ネット銀行によって様々ですので口座開設をする場合には、比較すると良いといえます。

ネット銀行のデメリット

ネット銀行のデメリットとして店舗などの実店舗を持たないことが挙げられます。その対策法としてはカスタマーセンターなどの電話サポートが各ネット銀行に設けられているでしょう。

また、ネットで全て行うためにIDやパスワードの保管を忘れると大変手間がかかります。IDやパスワードを発行するまでの間はネット銀行を使用することができない点もデメリットとして挙げることができるでしょう。

また、専用のATMがないために手数料がかかる点の大きなデメリットとして挙げることができます。

メガバンクでの口座開設はしておこう

メガバンクでの口座開設はしておこう

地方銀行や信用金庫、ネット銀行の口座は開設するとメリットが見込むことができると考えることができる場合には口座を開設しましょう。また、メガバンクの口座は最低でも1つは開設しておくと良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!