在宅フリーランスで稼ぐことは可能?おすすめの仕事とは?

在宅フリーランスで稼ぐ為には

在宅でフリーランスとしての活動を行うことでお金を稼ぐことは可能です。しかし、決して簡単にお金が稼げるわけではなく初めは他の仕事と同様に右左がわからず苦戦するでしょう。しっかりと在宅でフリーランスを行うことのメリットとデメリットを把握した上でフリーランスとしての活動を始めましょう。

在宅フリーランスで稼ぐ為には、仕事を行う業界の知識や専門的な知識が職種によっては必要です。初めに案件をもらう為にも知識づけから始めると良いでしょう。

また、在宅フリーランスとして稼ぐには身につけた技術や知識をクライアントに知ってもらわなければ仕事を受託することは不可能です。自分をクライアントに売り込むことも必要となります。次に在宅でフリーランスの活動を行うことでどのようなメリットやデメリットがあるかを紹介します。

在宅フリーランスのメリット

在宅フリーランスのメリット

子育てや家にいなければいけない理由がある人にとっては都合が良いといえ活動もしやすいでしょう。

しかし、学生や社会人本業がある人にとっては空いた隙間時間でしか活動することができない為本業よりか副業として活動するのが良いといえます。ここでは、在宅でのフリーランスをすることで得ることができるメリットについて紹介します。

家が職場になる

在宅での活動となる為にオフィスや事務所で仕事をしている人とは違い家が職場になります。家が職場になることで家にいなくてはならない事情がある子育て中の人などにとっては非常にメリットがあるといえます。

また、副業として考えている人も休日などに行うことで通勤時間がない新しい仕事に取り掛かることができ、収入を増やすことができるでしょう。家が職場になることは非常に大きいメリットであるといえます。

人間関係などから解放される

普段の仕事で人間関係に悩まされている人にとって家が職場になり人間関係の事故が起きないことも在宅フリーランスのメリットとして挙げることができるでしょう。

しかし、注意点として案件を委託するクライアントとは連絡を密に取る必要があるといえます。フリーランスは受託する案件があることで仕事をすることができます。連絡を密に取ることで仕事の進捗具合などを伝える必要があることを覚えておきましょう。

ペースを自分で決まることができる

案件を進める具合は自分のペースで決まることが可能です。自分のペースで仕事ができるのはとても大きなメリットであるといえるでしょう。

しかし、案件を行う上で期限はつきものです。期限内であれば自分のペースで仕事をすることが可能ですが、必ず期限内に終わらせるようにしましょう。

在宅フリーランスのデメリット

在宅フリーランスのデメリット

次に在宅フリーランスとしての活動をすることでどのようなデメリットがあるかを紹介します。デメリットをしっかりと把握し在宅フリーランスとしての活動を始めましょう。

自己プロデュース力が必要

デメリットとしては、自己プロデュース力が必要であることが挙げることができます。自己プロデュース力が必要な理由としては在宅フリーランスとして活動している人は思っている以上に存在し、その人よりもクライアントにとって理想的な人である必要があるからです。

自己プロデュースをし自分を売り込むことで新しい案件を受注することができるでしょう。また、その仕事がうまくいくと継続して仕事を頼まれる場合があります。案件を受注することができたら1つ1つ丁寧に行うことを心がけましょう。

セルフマネジメントが必要

家が職場になることでいつでも仕事ができる状況になります。そのことでプライベートと仕事の区別がつかずに長時間仕事をしていることになってしまう場合があります。

長時間パソコンの画面を見ることで時間感覚がなくなり、体のリズムが壊れてしまう可能性が高くなってしまいます。

しっかりと計画を立てて自分自身をコントロールするセルフマネジメントを行いフリーランスとしての仕事を行いましょう。

在宅フリーランスおすすめの職種

在宅フリーランスおすすめ職種

実際に在宅フリーランスの活動を始めるにあたってどのような職種があるかおすすめの職種について紹介します。中には、専門的な知識や技術が必要な職種もあるので自分のスキルと相談しながら職種を選ぶようにしましょう。

ライター

ライターは誰でも行うことができます。案件はメディアサイトがある限り絶えることはないでしょう。仕事内容としては記事の作成が主な仕事となります。必要なスキルはタイピングのみです。クライアントによって指示があるので指示に従い案件を遂行することが可能です。

誰でもだきる仕事であるせいかその報酬は他の職種に比べると低いといえます。文字単価で表すと0.8円前後が相場といえるでしょう。仮に文字単価0.8円で5,000文字の案件を行ったとすると、その報酬額は4,000円です。これを高いと見るか低いと見るかはその人次第といえます。

エンジニア

在宅でフリーランスのエンジニアと一概に言ってもプログラマーや、フロントエンジニアwebアプリケーションの開発など多くの種類があります。しかし、基本的にはパソコンで行う業務となり場所を選ぶことはありません。そのため在宅での仕事をすることが可能となります。

エンジニアの仕事内容としては、サイトを作るためのプログラミング言語を操ることが必須であり、中にはAWS(Amazon Web Service)のサーバー環境を開発する案件も多数あります。

エンジニアとして活動するためには専門的な知識や技術が必須となり、知識や技術がない人がいきなり仕事をすることは不可能であるといえます。そのためかそう報酬金額は高く10万円を超えるものが多くあるでしょう。

webデザイナー

在宅のフリーランスの活動としておすすめの職種の一つとしてwebデザイナーを挙げることができます。しかし、エンジニア同様にphotoshopやIllustratorなどを扱うことのできるスキルが必要となります。

エンジニアのように覚える知識もさほどなく扱えるようになるまでは比較的簡単であるといえるでしょう。注意点としては、webデザイナーとしての自己プロデュースをしっかりと行うことが大切であるといえます。

webデザイナーは作品を一目で確認であきるために自己プロデュースをする際にポートフォリオを作成するとクライアントがわかりやすいでしょう。そのために在宅フリーランスでwebデザイナーとして活動を始める時にはポートフォリオを用意しておきましょう。

翻訳家

翻訳家も在宅でできるおすすめの職種の一つです。翻訳は1ワードあたりの報酬が設定されておりその単価はライターよりも倍以上は高いといえます。そのためそのハードルは高く日本語以外に言語を読み書きすることのできる必要があります。

翻訳家として活動するのであれば、TOEICなどの資格を持っておくと英語力が目でわかるために持っておいた方がいいといえます。また、特別な資格を持っておくことで報酬金額が高くなるケースもあるので英語力に関する資格はできるだけ持っておきましょう。

在宅フリーランスで稼ぐことは可能

在宅フリーランスで稼ぐことは可能

在宅フリーランスとして稼ぐことは可能であるといえます。しかし、高収入の案件を考えている場合には、それに見合ったスキルが必要です。特別なスキルが必要のないライターやアンケートモニターなどは報酬金額は低いですが、慣れることですのスピードは上がり数をこなすことができその結果報酬金額も大きくなるでしょう。

在宅フリーランスで稼ぐには、しっかりとそのメリット・デメリットを把握し職種についても詳しく調べた上で取り掛かるようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!