起業するなら知っておきたい融資の種類と特徴を紹介!

融資とは

融資とは

融資とは、金融機関である銀行や信用金庫が法人や個人に対し特定の目的を持って資金を貸し出すことを指します。個人である場合は、自動車や住宅を買うローンまた、個人事業主の人の場合の個人融資が該当します。

また、法人の場合は運転資金や設備資金である資金を貸し出すことを融資と言います。

個人・法人どちらの場合でも金融機関から資金を貸りるためには資金の使用用途や事業計画書などを提出する必要があります。金融機関が返済能力がないと判断してしまうと融資を受けることができません。

融資を考えている人は、金融機関の信頼を勝ち取るために事業の明瞭性や計画性、信頼度を金融機関に認めてもらう必要があることを覚えておきましょう。

投資との違い

投資とは、保有する株式を放出することで資金を調達することを指します。その相手は金融機関ではなく個人投資家やVC(ベンチャーキャピタル)などが投資先となります。

それに比べ、融資は金融機関が融資先となり、返済が前提として資金を貸し出すことを指します。融資と投資とでは、資金の調達方法も返済する義務の有無も違うことを把握しておきましょう。

借金との違い

融資は資金を事業のために貸りるために借金という括りには入るでしょう。しかし、一般的な借金とは生活資金や消費者金融からお金を生活消費のために借りることを指します。

融資は個人・法人に向けた事業資金の為に貸し出す形態を指し、借金とは、個人に向けて生活資金のためにカードローンや消費者金融などからお金を借りることを指します。

返済が大前提

融資について忘れてはいけないことは返済が大前提であることでしょう。融資を利用するためには金融機関との信頼関係が必要です。

融資の利用を考えている人は事業計画書の明瞭性や信頼性、金融機関の審査を通過する必要があることも考え、融資という資金調達法が最善であるかを決めましょう。

融資の種類

融資の種類

ここでは、融資の種類について紹介します。代表的な4つの種類の融資形態とその特徴について紹介します。会社を実際に設立し経営するにあたって融資の存在はとても重要になります。融資の種類と特徴を把握した後に融資を実行するようにしましょう。

証書貸付

証書貸付」とは、銀行や信用金庫である金融機関と「金銭消費貸借契約証書」という書類を取り交わすことで契約を交わす融資の種類となります。

証書貸付の特徴

証書貸付は、1年以上の返済から始まる長期的な融資形態となります。また、本来であれば連帯保証人をつけることが必要ですが、「信用保証協会」を保証につけ融資を利用し資金を貸りることも可能です。

法人で保証協会の保証付きの場合には、運転資金であれば7年以内、設備資金の場合には15年以内の期間の間で返済することが一般的です。

手形貸付

手形貸付」とは、借入用の手形(約束手形)を金融機関に提出することで契約を交わす融資の種類となります。

手形貸付の特徴

手形貸付とは、1年以内の短期的な期間で金融機関と契約を交わす特徴があります。証書貸付に比べ期間が期間が短く事業のつなぎとして調達するのに適していると言えるでしょう。

また、手形貸付の返済方法は基本的に一括であり返済時に多くの資金が必要となることも把握しておかなければいけません。

また、短期借入のために長期的な融資形態である証書貸付に比べると利息負担は少ないことは断片的に見るとメリットとして挙げることができます。

手形割引

手形割引」とは、手形貸付と同様に手形を使用した融資形態を指します。また、手形割引とは手形を期日前に売却することで期日前の利息や手数料を差し引いた金額の資金を調達する融資の種類となります。

手形割引の特徴

手形割引は手形を換金する形をとる融資形態です。証書貸付や手形貸付とは違い資金を手元に届くまでの速度に大きな差があることを把握しておきましょう。

当座貸越

当座貸越」とは、一定限度額を設け自由に資金を貸りることができる融資の種類となります。当座貸越で設けた限度額が決められていますが、金額を利用しなければ返済する必要もないことも当座貸越となります。

当座貸越の特徴

会社を経営する上で突発的に出費が必要になる場合には、当座貸越を活用し資金ぐりを行うことが良いと言えるでしょう。

また、当座貸越の特徴として、継続的に当座貸越を軸にして融資を考えることは避けたほうが良いでしょう。その他の融資に比べると金利も高く依存すると返済が厳しくなると考えたほうが良いといえます。

融資は計画性が重要

融資は計画性が重要

融資は起業し会社を経営していく上で活用しておきたい資金調達方法であると言えるでしょう。しかし、融資を受ける際には会社の現状や金融機関に提出する書類もとても重要であると言えるでしょう。

会社を新設し、資金調達として融資を考えている社長は計画性と融資の種類、融資の返済期間などを将来を見据えた上で実行するようにすると良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!