フリーランスモデルとして活動する為に必要なこととは?

フリーランスモデルとは

フリーランスモデルとは

フリーランスモデルとは、事務所に属さずにフリーで活動するモデルのことを指す言葉です。現在は、SNSやインターネットの普及により事務所に属さずともモデルとしての仕事をすることが可能になりました。

また、事務所に所属していないために自分自身をプロモーションするためのツールとしても「Instagram」や、「YouTube」、「個人メディア」などを駆使して活動しているフリーランスモデルも増えています。

フリーランスモデルになるには

フリーランスモデルになるには

フリーランスモデルになるには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、一般的に紹介することのできるフリーランスモデルとしての仕事の受注方法について紹介します。

フリーランスモデルとして活動するには、仕事を受注しなければ活動することは厳しいと考えて良いでしょう。フリーで活動する「モデル」であるために日々の美容のケアは必須です。

また、一言でフリーランスモデルと言っても「ファッションモデル」や、「デッサンモデル」、「読者モデル」、「スチールモデル」、「サロンモデル」など多くの種類があります。自分のなりたいモデルの将来像を描くことも大事であるでしょう。

オーディションに合格する

オーディションに合格することは仕事を受注できたことを意味します。モデルとして活動するためにクライアントのイメージに沿ったモデルである必要があります。

自分の強みを活かすことができるようなオーディションには積極的に応募することを心がけましょう。オーディションに合格することで次に繋がる仕事も多くあると言えます。

インターネットやSNSが普及している現在であるからこそ行うことのできるネットサーチや、ネット営業などで自分自身をプロデュースすることも行うと良いでしょう。

専門学校に通う

専門学校に通うことでモデルに必要な知識や実践的なスキルを身につけることができます。また、専門学校内で知ることのできるイベントや人脈は大きな武器となると考えて良いでしょう。

また、専門学校や養成スクールに通うことで得ることのできる情報はその場にいないと得ることのできない情報である場合があります。フリーランスモデルとして活動するには、必要な物事を吸収することのできる絶好の機会であるでしょう。

人脈を広げる

人脈を広げるのは、フリーランスモデルとして活動する上で最も大切なことであるでしょう。人脈を広げておくことで表には出ない仕事の話などが来る場合があります。

しかし、そのような話が来るためには「モデル」として魅力的な人である必要性があります。人脈を広げるのも大切ですが、自分磨きも日々行うようにしましょう。

SNSでの営業を行う

Instagram」や「Twitter」などで自分自身をプロデュースすることはモデルとして必須のことのように行なっている人がほとんどです。

特にInstagramは視覚で訴えることができるために自分の色を表現することが可能です。それによりクライアントから連絡が来ることもあります。SNSの自己プロデュースはフリーランスモデルとしては必須事項であるといえるでしょう。

また、SNSのフォロワーの数は目に見える武器でもあります。フォロワーは多い方が良いと考えて良いでしょう。その理由としては、クライアントはより多くの人に商品を見てもらいたいと考えます。

フォロワーが多いモデルをモデルとして仕事をしてもらうことでより多くの人の目に止まる可能性が高くなるからです。

フリーランスモデルであるメリット・デメリット

フリーランスモデルであるメリット・デメリット

ここでは、フリーランスモデルのメリット・デメリットについて紹介します。フリーランスモデルを目指す人はフリーランスモデルの強みと弱みを把握した上で仕事を行うようにしましょう。

フリーランスモデルであるメリット

はじめにフリーランスモデルであることのメリット、強みについて紹介します。

事務所を通さずに仕事ができる

事務所を通さずに仕事ができることはフリーランスモデルとしての最大のメリットとして挙げることができるでしょう。事務所に所属している場合は、事務所に収入が入る仕組みになっていますが、フリーランスモデルとして仕事が入れば収入は100%自分の元に入ってきます。

収入が事務所を通さず自分の元に入ることは大きなメリットであるといえるでしょう。

自分のペースで仕事ができる

フリーランスモデルとして活動すると、自分のペースで仕事をすることができるのもフリーランスモデルのメリットとして挙げることができるでしょう。事務所の方針などの決まりがなく自分のペースで物事を判断、遂行することができます。

しかし、それにはセルフマネジメントや自己プロデュース力が高くある必要があります。フリーランスモデルとして売れるためにもセルフマネジメントや自己プロデュース力は必須の能力であるといえるでしょう。

フリーランスモデルであるデメリット

次にフリーランスモデルであるデメリット、弱みについて紹介します。

マネジメントをする必要がある

フリーランスモデルとして活動することはセルフマネジメントを行う必要があります。通常であれば事務所を通じてマネージャーなどがモデルのマネジメントを行いますがフリーとして活動するフリーランスモデルはマネジメントを自身で行う必要があるでしょう。

フリーランスモデルは仕事に集中するだけでなく、自分のスケジュール管理などを含めたマネジメントも自身で行う負荷がかかることはデメリットとして挙げることができます。

収入が安定しない

フリーランスモデルとして活動するには、収入が安定しないこともデメリットとして挙げることができるでしょう。固定報酬ではないために自分がモデルとして活動し続けなければ収入は入ってくることはありません。

収入が安定しないこともフリーランスモデルであるデメリットとして挙げることができるでしょう。

フリーランスモデルとして活動する為に

フリーランスモデルとして活動するには、多くのライバルから仕事を勝ち取るする必要があります。しかし、「モデル」として売れるようになれば年収が1,000万円を超えることもあるでしょう。

フリーランスモデルとして活動する為に必要なセルフマネジメント力や自己プロデュース力、SNSを利用した営業などを行いモデルとしての仕事を行い夢に近づく努力を日々怠らずに行いましょう。

最新情報をチェックしよう!