雇用形態の種類とメリット・デメリットを紹介!

雇用形態とは

雇用形態とは

雇用形態とは、企業と従業員間に結ばれる雇用契約の採用種別のことを指します。雇用形態には、正社員や契約社員、派遣社員など種類があります。ここでは、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートの4種類の雇用形態についてメリット・デメリットを交えながら紹介します。

正社員

正社員

正社員とは、正社員の雇用形態で働く場合には福利厚生などの手当てが整っている特徴があります。また正社員にもフルタイムで働く正社員と、短時間正社員の2種類に分けることが可能です。

また、雇用期間などは特に決められていない場合が多いでしょう。企業と従業員の直接契約であり、短時間正社員でない限りフルタイムでの労働で働く必要があります。

正社員のメリット

正社員のメリットとしては、社会的の信用が高いことを挙げることができるでしょう。社会人として働く上で社会的信用は高いに越したことはないでしょう。正社員の雇用形態としては大きなメリットです。

正社員のデメリット

正社員のデメリットとしては、残業などの時間の拘束が多いことにあるでしょう。また、企業の事業内容によっては異動や転勤などが発生する場合があります。

契約社員

契約社員

契約社員とは企業と従業員間で結ばれる雇用契約を期限付きで結ぶ働き方をすることを指します。ここでは、実際に契約社員のメリット・デメリットについて紹介します。

契約社員のメリット

契約社員のメリットとして挙げることができるのは、正社員のような異動や転勤がないことです。また、正社員より範囲が小さいですが、福利厚生も整っているのもメリットとして挙げることができるでしょう。

契約社員のデメリット

契約社員は、正社員のように期限に決まりがあるわけではなく、1回の契約で3年を超える労働契約を結ぶことができません。雇用契約に期限があることはデメリットとしてあげることができます。

また、ボーナスや退職金も少ないあるいはでない場合が多いと考えて良いでしょう。また、正社員と比べると社会的信用度は劣ることも契約社員であるデメリットとして挙げることができるでしょう。

派遣社員

派遣社員

派遣社員とは、人材派遣会社と従業員間で雇用契約を結ぶことで派遣場所で仕事をすることを指します。派遣社員として働くには、即戦力として必要なスキル等が必要になることが多いでしょう。

派遣社員のメリット

派遣社員は派遣会社からの派遣先を選択することが可能になります。そのために様々な種類の仕事を行うことが可能になります。これまで行ったことのある仕事を活かすこともできれば、これから新しいことを覚えることも可能になります。

派遣社員のデメリット

派遣社員のデメリットとしては、収入が不安定であることを挙げることができます。派遣社員は基本的に報酬形態を時給制となっており派遣社員として稼ぐことができる収入は月によって差が出るでしょう。

アルバイト・パート

アルバイト・パート

アルバイト・パートは一定条件を満たしていれば社会保険にも加入することができる雇用形態となります。しかし注意点として、学生の人は適用されることはありません。

アルバイト・パートのメリット

アルバイト・パートのメリットとしては、自分で働く日数を決めることができる点でしょう。また、異動や転勤もなく時間を作ることも可能です。学生や副業として働く場合などは、アルバイト・パートとしての働き方がようでしょう。

アルバイト・パートのデメリット

アルバイト・パートのデメリットとしては、収入が安定しない点です。また、アルバイト・パートの場合には、社会的信用度が低いことや派遣社員と同様に報酬形態は時給制であり賃金が安いこともデメリットとして挙げることができます。

雇用形態を理解しよう

雇用形態を理解しよう

社会人の準備期間として学生の間にアルバイトをはじめとした雇用形態で働く経験があるでしょう。自分が企業とどのような雇用形態を結んだ上で働いているかをしっかり理解した上で働くようにしましょう

最新情報をチェックしよう!