アルバイトでも社会保険に入れる?その条件とは?

社会保険とは

社会保険とは

社会保険とは一般的に「健康保険」、「厚生年金保険」、「介護保険」、「労災保険」、「雇用保険」の5種類の保険の形態があります。

また、企業に属することで加入することができる社会保険とは別に個人事業主の人や社会保険加入者以外の人などは国民健康保険に加入しているケースがほとんどになります。

ここでは、企業に属することで加入することができる社会保険について紹介します。また、アルバイトが社会保険に入るにはどのような条件が必要なのかについても紹介します。

健康保険

健康保険とは、企業等に勤める人が加入する公的な保険制度です。病気や怪我などの状態になった際に自己負担額を負担してくれる保険でもあります。

一定条件を超えるような場合であると、アルバイトでも企業の健康保険に保険料を払い加入することが義務付けられるまた、可能になります。

厚生年金保険

厚生年金保険とは国民年金に上乗せされる年金となります。アルバイトが雇用されている企業の社会保険である厚生年金保険に加入する場合には、一定の条件があります。

その条件とは、正規社員の4分の3以上の労働日数を出勤しており、常時雇用している場合には、厚生年金保険の被保険者となります。

介護保険

介護保険とは、その名の通り介護が必要になった時に給付される保険となります。一般的には40歳に達してからの徴収となります。

労災保険

労災保険とは、労働中に起きた事故や病気になった際に労災保険からの給付を受け取ることができる制度のことです。また、アルバイトでも労災保険制度の対象になります。

そのことから、アルバイトでの雇用形態出会っても労災保険制度からの保障を受けることができるでしょう。また、労災保険には、「業務災害」と「通勤災害」の2種類に分別することが可能です。

雇用保険

雇用保険とは、労働者が失業し所得がなくなった際に次の労働先 を見つけるために備える公的保険のことを指します。

アルバイトが社会保険に入る条件

アルバイトが社会保険に入る条件

アルバイトやパートなどの非雇用形態の労働者が社会保険に加入する条件としては、勤務時間や日数が正規社員の4分の3以上を出勤していることが前提の条件として挙げることができます。

また、週の労働時間が20時間であること、月の賃金が8.8万円以上であること、従業員が501名以上の勤務先で働いていること、学生ではないことの条件もあります。

アルバイトとして労働しており勤務先の社会保険に加入したい場合には勤務先のリーダーなどの人から、自分が条件を満たしているかの確認を行うようにしましょう。

社会保険に入るメリット

アルバイトやパートの雇用形態で社会保険に入るメリットとして挙げることができるのは、老後に受け取ることのできる年金額が増えることや、保障制度を受けることも可能である点があります。

また、社会保険に加入することで労働時間や年収の上限を意識することなく働くことが可能です。

社会保険に入るデメリット

アルバイト・パートの雇用形態で社会保険に入るデメリットとしては、給与の手取り額が減る点を挙げることができます。しかし、社会保険に加入することで万が一の事態の時に手厚い保障を受け取ることができるなど備えることが可能となります。

アルバイトで社会保険に加入することは可能

アルバイトで社会保険位加入することは可能

アルバイトやパートの雇用形態で社会保険に加入することは可能です。加入することで得ることのできる物事は大きいでしょう。しかし、そのメリットを受け取ることができるのは一定以上の年収がないと損であると考えた方が良いでしょう。

しっかりと社会保険に加入するメリットとデメリットを考慮した上で加入するかしないかを決断するようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!