起業するにあたって怠ってはいけない分析とは

分析が重要な理由

分析が重要な理由

起業するにあたって行動力は非常に大切ですが、その行動力と同様に大切になるのが「分析力」です。行き当たりばったりで考えついたまま行動することと、行動の根拠にあたる分析を確実に行うことでさらに強く進むことが可能になるでしょう。

ここでは、実際に起業するにあたって必要になる分析の種類とその方法について紹介します。新たに会社を新設する場合などは分析を怠らずに行うようにしましょう。

自社の現状を把握する

分析を行うにあたり自社の現状の状況を分析するのも重要だといえるでしょう。その理由としては、自社の強みや弱みを認識する点や、ターゲット層を再確認することで見落としているものがないかを確認することができます。

また、自社の現状を把握することで今後どのような展開を成し遂げるべきかの道筋のヒントとなるのは間違い無いでしょう。自社の現状を把握することは今後の会社を動かすためにも必須の物事であるといえるでしょう。

競合の相手を分析する

競合相手はどの業種でもいることは事実であるでしょう。パイオニア的な存在のサービスや商品であっても競合と呼ぶ相手はすぐに現れるでしょう。

また、すでにいる状態の場合には、競合の分析を行うことでどのような面で競合との差別化をすることが可能であるかまた、どのような面で違うターゲット層に届けることができるのかを考察することがとても重要であるといえるでしょう。

自社のサービスや商品を競合と差別化するための大前提として自社のサービスや商品がターゲットの求めている価値のものまた、それ以上のクオリティで展開する必要があるでしょう。

ターゲット層の再認識

分析をするにあたってターゲット層の再認識をすることは非常に大切です。自社のサービスや商品をどのターゲット層に向けて発信するのか、また、どのようなターゲット層に向けて発信するのかをし認識する必要があるといえるでしょう。

自社の分析方法

自社の分析方法

ここでは、自社の分析方法を紹介します。自社の数値などを考察をしてオリジナルで現状を分析する方法もあります。また、それ以外にもオリジナルの分析方法がある場合にはとことん分析を行い次の行動に活かすようにしましょう。

VRIO分析

VRIO分析とは、アメリカのジェイ・B・バーニー氏が1991年に提唱した理論です。

VRIOとは「Value(価値)」、「Rarity(希少性)」、「Imitability(模倣可能性)」、「Organization(組織)」の4つの視点から評価することで自社のことを分析することができる理論になります。

SWOT分析

SWOT分析とは「Strength(強み)」、「Weakness(弱み)」、「Opportunity(機会)」、「Threat(脅威)」の4つの要素の頭文字を繋げSWOT分析という名前がついています。

SWOT分析を行うことで会社における外部環境と内部環境を細かく分析することが可能であるといえるでしょう。また、今後の会社の展開の戦略やビジネス機会を導き出すきっかけにもなり得るでしょう。

ペルソナ分析

自社の分析方法の一つとしてペルソナ分析という分析方法があります。

ペルソナ分析とは、実際に自社のサービスや商品をどのようなターゲットに使ってもらえるのかユーザー像を作ることでマーケティング手法にもなります。

また、ペルソナ分析を行うことでサービスや商品を提供する側だけでなく、受ける側の視点を持つことでどのような要因が本質的に求めているかを知ることも可能であります。

競合の分析方法

競合の分析方法

競合の分析は欠かさずに行うことが良いでしょう。似たようなサービスや商品の場合には、自社とどのようなポイントで差別化することができているか、他社との違いは何かなど分析を行うことで気づく点や、知らなくてはいけない点が多くあります。

競合との競争で競っていく上で他社とお互いに高め合う形が理想ですが、そうなることは少ないのが現状であると考えた方が良いでしょう。

自社の自信のあるサービスや商品を必要なニーズに届けるために分析は必須であるといえるでしょう。

今後の展開の為にも分析を行おう

今後の展開の為にも分析を行おう

自社や他社を分析することで今後の展開の進路を明確にすることが可能になります。分析を行わずに行動し始めてしまうと行き当たりばったりの会社になってしまう可能性が非常に高くなります。

しっかりと土台を固めた会社を作る為にも分析は怠らずに行うようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!