アントレプレナーシップとは?必須となるスキルも合わせて紹介!

アントレプレナーシップとは

アントレプレナーシップとは

アントレプレナーシップとは、英語で「entrepreneurship」と訳します。アントレプレナーが注目される背景として様々なニーズの変化また、ニーズの変化を俊敏に読み取り解読することが必要になっている現状があります。

また、グローバル化によりアントレプレナーシップ(起業家精神)を持つ人材の需要が高くなっている背景があります。そのような重要な事柄であるアントレプレナーシップについてここでは紹介します。

アントレプレナーシップとは

アントレプレナーとアントレプレナーシップの大きな違いとしては、「シップ」と言う単語がつくかつかないかで現在そこまで使用する際に差はないと考えていいでしょう。アントレプレナーは「起業家」アントレプレナーシップは「起業家精神」と覚えておくとよいでしょう。

起業家精神

アントレプレナーシップとは、一般的に「企業家精神」や「起業家精神」と説明されることが多いです。ここで紹介するアントレプレナーシップとは「起業家精神」を指します。

また現在の社会を見てみると個人の力は非常に重要となっています。個人の力を発揮するためにも起業家精神(アントレプレナーシップ)を身につけましょう。

シリアルアントレプレナー

シリアルアントレプレナーとは英語の「serial」をアントレプレナーの頭文字につけた言葉です。その意味は、シリアルの意味を取り「連続起業家」指します。

特徴として、事業を設立、発展させ事業が軌道に乗ると売却し次の事業に取り掛かる人を総称してシリアルアントレプレナーと呼びます。シリアルアントレプレナーになるためにはアントレプレナーシップは必須の事項であるといっても過言ではありません。

イントレプレナーシップ

アントレプレナーシップを把握する上で合わせて「イントレプレナーシップ」についても把握しておきましょう。イントレプレナーシップとはアントレプレナーシップの対義語に当たり、「社内起業家」を意味します。

イントレプレナーシップは企業内で新規事業開発や社内の革新、新たな市場の開拓をする際に必要となるスキルでしょう。基本的には、社外ではなく社内で必要となるスキルといえるでしょう。

アントレプレナーシップに求められるスキル

アントレプレナーに求められるスキル

ここでは、アントレプレナーシップに求められるスキルについて5つ紹介します。企業や独立について興味がある人は参考にしましょう。

また、アントレプレナーシップは起業・独立する上で必須となるスキルであると言っても過言ではないでしょう。アントレプレナーシップを身についけるためにも必要なスキルを把握し、アントレプレナーシップを発揮できる人材になりましょう

リーダーシップ

リーダーシップは非常に重要なスキルといえます。自身の中に揺るがない芯を強く持つことでそのスキルは大きくなるでしょう。リーダーシップを発揮すればする程自分の芯からなる考えに共感し、共に働く人が増えるでしょう。

起業し、自分のビジョンの元に会社を新設した思いをさらにレベルアップし自身のリーダーシップスキルに磨きをかけ魅力的になると良いといえます。その上でリーダーシップは必須なスキルであるといえます。

マネジメント能力

マネジメント能力はアントレプレナーシップにとって必須のスキルであるといえます。チーム内のマネジメントによる管理ももちろんですが、自分自身のマネジメントも必要となります。

自分自身の管理をしないことでスケジュールの漏れや、情報のパンクなど多くの被害を浴びることになってしまいます。自分自身のマネジメントも怠らずに行いましょう。

また、自分以上に大切なのがチームのマネジメントです。1人で行動する人は関係ありませんが、チームで行動する人はチームマネジメント能力はとても重要であり、必須となります。共通認識や共通ゴールなど皆のモチベーションをあげるなどの対策をとるなどオリジナルのコンテンツを作成し、対策を取りましょう。

セルフマネジメントに関する記事はこちら:https://supe-rior-media.com/lifehack/518/

創造性

アントレプレナーを発揮する上で必要となるスキルとして「創造性」も挙げることができます。今までにない革新的なサービスやアプリ、人の助けになるようなこと、イノベーションを興すには豊かな創造性が必要です。

独創的なアイディアや想像性で他との差別化を図るのはアントレプレナーを発揮する上で必須となるスキルと言いても過言ではないでしょう。

人脈

事業を進める上で自分1人の力だけで行うには限度があります。そこで、「人脈」が必要になります。自分に協力してくれる人がいればいるほどその力は何倍にも膨れ上がるといえるでしょう。

今からでも始められる人脈を広げる活動は今後怠らずにチャンスがありそうな場があれば積極的に参加するなどの方法をとり、人脈を広げていきましょう。

人的ネットワーク

人脈を広げることは非常に重要ですが、同等に重要なのが人的ネットワークを作ることです。人的ネットワークを作ることによって高い専門知識を持った人やアドバイザーなど事業を進める上で重要な人材と出会うことができるでしょう。

事業は1人で進めるには途方もない労力がかかります。人脈や人的ネットワークを拡げることで自分自身や事業の成長や進化に繋げましょう。

ビジネスノウハウ

ビジネスノウハウとはビジネスモデルを構築、確立する上で必須となるスキルです。起業家精神の意味を持つアントレプレナーシップを活かすためにはビジネスノウハウも必須なスキルといえるでしょう。

また、ビジネスノウハウは生まれ持った才能でまかなえるものではありません。経験を積むことによってそのスキルのレベルは上がるといえます。ビジネスそうハウのスキルを自分のものにするためにも行動し、経験を積みましょう。

アントレプレナーシップを鍛える為には

アントレプレナーシップを鍛える為には

ここではアントレプレナーシップを鍛える為には何が必要かについて紹介します。実際に起業して軌道に乗るまでは計画通り行く人もいますが、計画通りに行かずに失敗する人も少なくありません。

そのような事態を防ぐ為にも自分自身のアントレプレナーシップを鍛えましょう。また、自分だけではなく周りのアントレプレナーシップを鍛えるとチームとしてもとても強力なチームになるでしょう。

多くの意見と出会う

多くの意見と出会うことは多くの人と出会うことがあります。自分が考えるアイディアとは別の視点からの考えを言う人もたくさんいるでしょう。たくさんの意見と出会うことで自分自身の成長に繋がり道を進む際や、問題に当たった時に必要となるでしょう。

アントレプレナーシップを鍛える方法の1つとして多くの意見と出会うのは大きな事柄であるといえるでしょう。

書籍や参考書を読む

アントレプレナーシップとはどのようなものなのか新しい知識を身につける上で大切なのがインプットです。書籍や参考書を読み理解することでその理解度は深まるでしょう。

また、インプットした情報をアウトプットすることでアントレプレナーシップを自分のものにすることができるでしょう。書籍や参考書を読むことはアントレプレナーシップを鍛える上で重要な項目であるといえるでしょう。

インプットに関する記事はこちら:https://supe-rior-media.com/startup/1412/

学生のうちに身につける

大学生に限りますが、幾つかの大学ではアントレプレナーシップに重点をおいた教育が実践されています。大学の授業の一環でアントレプレナーシップを学べるのは非常に効率の良い学び方であるといえるでしょう。

また、大学のうちからアントレプレナーシップを学ぶことで就職した際にもイントレプレナーシップとして応用することもできるでしょう。学生のうちからアントレプレナーシップを身につけることで起業に関心が沸く1つの要因となるかもしれません。

アントレプレナーシップを磨こう

アントレプレナーシップを磨こう

起業するしないに関わらずアントレプレナーシップはグローバル化が顕著に必要となっている現在必要なスキルといっても過言ではないでしょう。

また、アントレプレナーシップを磨くには若ければ若いほど良いといえるでしょう。高校生でも書籍や参考書を買えばアントレプレナーシップについての情報をインプットすることも可能です。すぐにでもアントレプレナーシップを活用できるよう準備をしておきましょう。

最新情報をチェックしよう!