アセットとは?業界・分野別、用語も合わせて解説!

アセットとは

アセットとは

アセットとは英語では「asset」と表記しその意味は、資産や財産となります。辞書を見てみると以下のように記しています。

アセット【asset】

資産。財産。特に、流動資産や個人の金融資産。

出典:大辞林 第三版

アセットとは-コトバンク

ここでは、アセットを分野別で見たときにどのような意味で使用されているかについて解説します。また、アセットを用いた用語についても紹介します。

分野別で見るアセットの意味

分野別で見るアセットの意味

アセット単体で見たときには、上記で紹介した意味となりますが、業界・分野別で見たときには、それぞれ少しずつ意味合いが変わってきます。ここでは、各業界・分野別でみるアセットの意味について解説、紹介します。

会計学

会計学において使われるアセットの意味としては、本来の意味と同様に資産や財産という意味となります。

基本的に会社では、利益をもたらす経済的価値のあるものを指します。意味としては、「資産」として使用されることが多いでしょう。

また、会計学用語では財務会計や簿記において使用される勘定科目の1つとしても資産(asset)として使用れています。この場合では、アセットに含まれる項目として、流動資産や固定資産、繰越資産といった保有する収益を見込むことができる財産として意味が使用されています。

金融・経済用語

金融・経済用語で使用されるアセットの意味としては、現金や預貯金、株式、債券、不動産、有価証券などの換金性が高い資産のことを指します。

水道・土木事業

水道・土木事業では、アセットをアセットマネジメントとして使用されることがあります。土木や水道業界で使われるアセットマネジメントの意味としては、「劣化や損傷等を起こることを予測し最も費用効果の高い維持管理方法を行う」考え方となります。

この考え方としては、公共施設を壊れてから直すのではなく、定期的に維持管理を行うことで公共施設を長持ちさせる中でどのような対策をとれば最も予算制約のなかで施設を計画的・効率的に行うことができるかという考え方です。

IT業界

IT業界でもアセットという言葉は存在します。IT業界では、デジタル化されたものを多くとり使う業界でもあるのでデータやファイルなどのデジタルデータとして保有します。そのデータはとても重要であり、資産となるものであるためアセットとIT業界では呼びます。

また、映像やゲーム制作の分野では、2DGG、3DGGのモデル、アニメーションデータ、効果音などの音声データを総称してアセットとよびます。

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などでも、アセットは使用されます。主に「画像アセット」と呼ばれ、画像のサイズや、画質、編集することを総称することを言います。

web広告事業

web広告事業でもIT業界と似たような意味で使われることが多いです。その意味としては、「ビジネスを行う上での情報やデータベース」です。

また、アセットを活用した動的検索広告があります。動的検索広告とは、web上のコンテンツをwebサイトのコンテンツであるページ単位でターゲティングできる手法のことを指します。

アセットを用いた用語

アセットを用いた用語

アセットを業界・分野別に解説、紹介しましたが、ここでは、「アセット」を用いた用語について紹介します。ここで紹介する用語は「アセットマネジメント」、「ヒューマンアセット」、「デジタルアセット」、「アセットアロケーション」です。

アセットを用いた用語は、それぞれ使用する業界や分野が分かれています。それぞれの意味をしっかりと理解しましょう。

アセットマネジメント

水道・土木事業に関するアセットマネジメントの意味は、上記で解説しましたが、ここでは、金融用語に関するアセットマネジメントについて紹介します。

アセットマネジメントとは、「投資信託」、「投資顧問」の2種類に分類することができます。投資信託とは、投資家から集めた資金を運用して利益を投資家に還元する形態のことを指します。

また、投資顧問とは、投資家に対し「相談」、「助言」、「情報の提供」の方法をとりアドバイスを行うことを指し、アセットマネジメントの業務を行うことを「アセットマネージャー」と呼びます。

ヒューマンアセット

ヒューマンアセットとは、企業から見たときに従業員などのワーカーの人材を資産として捉えた概念のことを指します。企業にとって従業員などのワーカーは資産同様に重要です。

アセット本来の意味である資産や財産の意味と同様の意味として使われていることと同じとなるでしょう。

デジタルアセット

デジタルアセットとは、主にIT業界で使用されることが多いです。デジタルアセットは、デジタルデータとして保管されている資産のことを指します。

また、ゲーム・映像・音楽分野などでも同様の意味で使用されることが多いでしょう。

アセットアロケーション

アセットアロケーションとは、アセット(資産)、アロケーション(配分)の意味を理解していればその意味は理解しやすいでしょう。

詳しく解説をすると、資産運用する際に投資資金を様々な形の資産として保有することで損失が出た時のリスクを軽減する目的があります。また、リスクの軽減だけではなくリターンの増加も目的の1つです。

アセットの意味を理解しよう

アセットの意味を理解しよう

アセットは各業界・分野で使いかたが少しずつ変わってきますが、根幹の意味である「資産」、「財産」の意味は変わらないといえます。各業界・分野で資産や財産と呼ぶものは違うことから意味合いが少しずつ変わって来るのでしょう。

自身と関係のある業界・分野ではどのようなアセットの使われ方を理解しスキルアップを目指しましょう。

最新情報をチェックしよう!