トップマネジメントの組織における重要性とは?

トップマネジメントとは

トップマネジメントとは

トップマネジメントとは、「top(トップ)」と「management(マネジメント)」を組み合わせた言葉で、その意味は、「最高経営(者)層」と呼ばれています。

トップマネジメントは組織にとってどのような役割を担っているのかまた、重要性はどの程度のものでしょうか。トップマネジメントの基礎知識を踏まえながら身につけましょう。

ISOによる定義

スイスのジュネーブに本部を置く国際標準化機構(International Organization for Standardization)によるとトップマネジメントとは、『最高位で組織を指揮し管理する人又は人々の集団』と定義しています。

トップマネジメントは組織で発揮される

トップマネジメントはISOが定義している通り、組織で発揮されるものとなります。組織内で発揮されるものであるからこそその重要性はミドルマネジメント、現場で働く人(ロアーマネジメント)にも響くために非常に重要であるといえます。

組織をより強化するためにも最高経営者層は、指揮管理が非常に重要であると同時に自社の経営についても深く探求しなければいけません。

リーダーシップの必要性

最高経営者層は、常にミドルマネジメント、現場で働く人々をリードしていく立場です。そのためにトップマネジメントには、リーダーシップは必要であると言えるでしょう。

【関連記事】 リーダーシップは全員が持つべきスキル?

トップマネジメントは、組織の成功や成長を手にするためにも前を見ることが非常に重要です。そのために、トップマネジメントにしかできない仕事は何かを最高経営者層が把握しておく必要があると言えるでしょう。

トップマネジメントに必要なスキルも自身や組織の成長、躍進に繋がれことであるために把握しておく必要があるといえます。

トップマネジメントに必要なスキル

トップマネジメントに必要なスキル

トップマネジメントには必要となるスキルがあることを把握しておきましょう。アメリカの経営学者でありハーバード大学教授のロバート・カッツ氏が提唱した3つのスキルについてここでは紹介します。

トップマネジメントには欠かせないコンセプチュアルスキルをはじめとした、テクニカルスキルヒューマンスキルを理解することで必要となるスキルを把握しましょう。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、複雑な物事や情報などを概念化し本質を捉える能力です。企画や戦略といったビジネスでは非常に重要なことを行うための力、スキルとなります。

コンセプチュアルスキルは、問題の解決策を見つけるための分析を行う能力や、革新的なアイデアを生み出すことができる能力など様々な要素からなる大きな力といえます。

そのために、コンセプチュアルスキルは、トップマネジメントにおいて欠かすことのできない非常に重要なスキルであるといえると共に、最重要視されるスキルであるといえます。

テクニカルスキル

テクニカルスキルとは、活動において専門的な技術知識を持ち、活用することのできる業務遂行能力です。業務遂行能力は企業の社員にとっては非常に重要なものとなり、多くの企業では、より早く理念や業務に沿ったテクニカルスキルを身につけてもらうために新人研修などの人材育成に力を入れています。

そのために、新入社員には、最も重要なスキルであると言えるでしょう。社内で昇進を目指すためにもテクニカルスキルをいち早く身につけ業務を適切に行えるようにしましょう。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは、対人関係能力とも呼ばれ対人関係を良好に保つために必須となるスキルとなります。特に組織で活動する場合にはヒューマンスキルの需要は高いといえるでしょう。

理由としては、1人1人が抱えている問題は違うといえます。部下に情報や知識を一方的に伝えることはコミュニケーションが成立しておらず、ヒューマンスキルが備わっていない人のコミュニケーション方法であるといえるでしょう。

部下の1人1人と向き合いコミュニケーションを行うことで信頼関係が生まれ誰もが発言、意見することができる良い組織の雰囲気を作ることができ、メンタル面も裕福になるといえるでしょう。

トップマネジメントの役割

トップマネジメントの役割

トップマネジメントは、最高経営者層であるために組織が成功や成長をものにするためにも役割を把握しておく必要があります。ここでは、トップマネジメントの役割について解説します。

事業目的、戦略の検討

トップマネジメントは、企業のトップに当たる人たちのことを言います。そのために事業の目的、多くの分析の検討をする必要があると言えるでしょう。

また、トップマネジメントが掲げる事業目的や戦略をミドルマネジメント、ロアーマネジメントに伝達する必要があります。トップマネジメント層でしっかりと共有認識として理解、把握しておかなければ伝える内容に不備や行き違いが生まれ組織内で混乱を招く原因にもなります。

しっかりとミドルマネジメント、ロアーマネジメントの存在がいることで組織が成り立っていることを再認識し、情報を伝達することを心がけましょう。

組織内の基準設定

組織内の基準の設定もトップマネジメントの役割の1つです。経営指針や組織内の基準など多くの基準を設定する必要があります。また、組織内に行動指針などを示すことでより説得力のある基準となるでしょう。

より生産性の高い行動をトップマネジメントが設定をすることで組織全体の生産も上がるといえます。しかし、注意点として従業員がついて来ることのできないような行動を設定するのは避けたほうが良いでしょう。

組織の拡大・維持

組織が存続するかどうかは、現在組織に関係している人たちに委ねられています。そのトップに当たる最高経営者層は、次の世代にもバトンを渡されるように組織を維持する必要があると言えるでしょう。

また、組織を拡大する組織開発も非常に重要なトップマネジメントのミッションであるといえます。単に、大きくするのではなく深く根を張るように地盤を固めながら組織開発を行うことを心がけましょう。

渉外活動

事業目的や、戦略、行動指針など組織にとって基盤となる事項を決めているトップマネジメントが渉外活動を行うのが最も良いでしょう。その理由として、組織の現状の把握を一番している且つ、相手側と踏み込んだ話題の決定を下すことができるからです。

危機に対する責任、対処

事業を進める上でリスクマネジメントを施していても危機やトラブルに遭遇することがあります。組織の重大な問題であればあるほどトップマネジメントが先頭に立ち正しい対処を施す必要があるといえるでしょう。

トップマネジメントの重要性

トップマネジメントの重要性

トップマネジメントは組織に置いて非常に重要な存在であり、役割を担っています。また、多くのスキルを持ち合わせていないとその立場は務まらないためにトップマネジメントの位置についている人たちは組織にとって非常に重要な人材であることは間違い無いでしょう。

ップマネジメントになるためにも、多くのスキルや行動力、イノベーションが必要となります。今から就職活動などをする人はトップマネジメントの位置に着き多くの責任や組織の向上を意識した仕事をするためにもはじめにテクニカルスキルを磨きましょう。

トップマネジメントを機能させるために

トップマネジメントを機能させるために

トップマネジメントの重要性を理解した後に、トップマネジメントを機能させるために組織内の意思疎通や、組織内のチームリーダーの設定を行うことで従業員全員が共有認識を持つことができます。

共有認識を持つことで組織全体のベクトルが同じ方向に向き組織全体の力をより大きくすることができるでしょう。

トップマネジメントは組織の指標

トップマネジメントは組織の指標

トップマネジメントは組織において事業目的、経営戦略など重要な項目の決定を行います。そのために、実際にトップマネジメントが正確な情報や知識をミドルマネジメント、ロアーマネジメントに伝達する必要があるといえるでしょう。

トップマネジメントが決定した項目に沿ってミドルマネジメント、ロアーマネジメントは行動します。組織の指標であることを自覚し、組織の成功や成長に励みましょう。

最新情報をチェックしよう!