ミドルマネジメント(中間管理職)が企業の鍵を握る!?

ミドルマネジメントとは

ミドルマネジメントとは

ミドルマネジメントとは、中間管理職とも呼ばれ、本部長(事業部長)や部長、次長、課長、係長の役職が該当します。また、上司に当たる経営層と部下に当たる一般社員との橋渡しを行う重要な役職となります。

経営層と一般社員との橋渡しの役割を担っているために実際に現場で業務を遂行する社員に経営層で決定された情報を正確にまた、理解できるように伝達する必要があるといえます。

中間管理職とは

ミドルマネジメントは経営のことを理解して現場で業務を遂行する社員に伝達する必要があり、現場で業務を遂行している社員の現状把握をし経営層に伝達する必要もある非常に重要な役割も担ってます。

ミドルマネジメントが企業にとって最適な行動を取るか取らないかまた、ミドルマネジメントの役割を自身が理解しているかいないかは企業の鍵を握るポイントの1つであるでしょう。

ミドルマネジメントの役割

ミドルマネジメントの役割

企業にとって鍵を握る重要な役割を持つミドルマネジメントですが、具体的にはどのような役割があるでしょうか。

ミドルマネジメントの役割を理解する上で経営層の意味を指す言葉である「トップマネジメント」、役職につかない一般社員の意味を指す言葉「ロアーマネジメント」を把握しておきましょう。

【関連記事】トップマネジメントの組織における重要性とは?

トップマネジメントのサポート

トップマネジメントとの関係面からミドルマネジメントの役割を見るとミドルマネジメントは、トップマネジメントのサポートの役割があります。

トップマネジメントが打ち出した事業計画や戦略、意志をしっかりと理解した上で汲み取る必要があります。また、ロアーマネジメントの現状を把握している為に、現場で実際に導入する際にはどのような選択肢がベストであるかをトップマネジメントと決定する必要があると言えるでしょう。

ロアーマネジメントへの伝達・指揮

ロアーマネジメントの関係面からミドルマネジメントの役割を見るとミドルマネジメントはロアーマネジメントに対し正確に情報の伝達を行い正しい方法で遂行されているかを指揮する役割があります。

トップマネジメントとロアーマネジメントのクッションの役割を果たすミドルマネジメントにとって中心的に業務を遂行しているロアーマネジメントに対し、関係を密にしコミュニケーションを取りやすい環境構築を築くことが組織の成長・成功につながる為ロアーマネジメントの伝達・指揮も重要な役割といえるでしょう。

ミドルマネジメントの課題

ミドルマネジメントの課題

ミドルマネジメントは、トップマネジメントとロアーマネジメントの関係の板挟みの位置にある為に役割が幅広くあります。また、企業コンプライアンスに対する意識の高まりからミドルマネジメントを担う人材は貴重な存在となります。

メンタル面

トップマネジメントとロアーマネジメントの板挟みになる位置となるミドルマネジメントは、双方の意見や要求を解消する必要があります。全ての意見や要求を鵜呑みにするわけにはいかない為にその解決法を探り伝える必要があるといえます。

時には、現場の理解をトップマネジメントに理解してもらえないこともあるでしょう。また、チップマネジメントの意志や計画、戦略を現場が理解してもらえないこともあるといえます。その為に、ミドルマネジメントには大きなストレスが降りかかるポジションであるといえるでしょう。

【関連記事】ストレス解消法まとめ6選!|ストレスの種類を紹介

時間不足

ミドルマネジメントは上下のパイプラインの役割、新規ミドルマネジメントの育成、現場の指揮、業務と多くの事柄をこなす必要があります。その為に勤務時間では時間が足りないケースも珍しくありません。

効率的に仕事を回すことのできるプランを作ることや、上下とのコミュニケーションが取りやすい職場環境構築などを積極的に行うことで自分自身だけではなく、組織全体として働きやすくそして、効率的・生産性の高い組織として活動することができるでしょう。

ミドルマネジメント育成のポイント

ミドルマネジメント育成のポイント

ミドルマネジメントはその役割の重要性などの要因や課題の増加により人材不足が深刻な問題となっています。ミドルマネジメントを育成するポイントをここでは解説します。

起業・独立する際、はじめは1人で全てを行おうと考えている人は組織的な考えをする必要はありませんが、将来組織として活動する可能性が少しでもある人はミドルマネジメントの育成のポイントを把握しておきましょう。

十分な育成時間

ミドルマネジメントを育成するにあたって十分な時間をかけて育成することは非常に重要なポイントです。十分な時間をかけ各企業のミドルマネジメントの役割や働きを理解させ組織の成長・成功につながる貴重な人材を育成しましょう。

また、育成者と将来のミドルマネジメントを担う人との相性も非常に重要です。相性が良ければ良いほど理解度は深まり、育成時間も短縮できるでしょう。逆に、悪いと将来のミドルマネジメントを担う人にとって教養環境はどんどん悪化します。

強要環境をよくする解決策としては、育成期間に将来のミドルマネジメントに定期的にアンケートや途中報告を育成者以外の人材が行うことで感じている不満や不安、不明点などが明確となるでしょう。

メンタルケア

ミドルマネジメントを担う人材にとってメンタルケアは非常に重要です。ストレスマネジメントを行うことで当事者自身もストレスと向き合い原因の探求と解決、人事部や経営陣は環境の改善などストレスの原因を探し、1つ1つ解決していきましょう。

そのようにすることで当事者のストレスマネジメントも上手くなり、実際にミドルマネジメントの業務を行う際にも役に立ち、組織の成長・成功につながるでしょう。

雰囲気の良い職場の構築

ポイントの1つとして、雰囲気の良い職場環境を構築することも挙げることができます。高校や大学などとは違い職場は年齢層がバラバラです。職場の環境が悪いと、意見を自分の中に閉まってしまい貴重な意見が出なくなってしまう悪循環が生まれてしまいます。

役職や年齢を問わずに職場では、意見をしっかりと伝えることができコミュニケーションも取りやすい環境の構築をすることでミドルマネジメントとしての役割の負担も大きく軽減される結果、組織としてもベクトルが同じ向きを向き一体感のある組織となるでしょう。

目標や目的を明確にする

ミドルマネジメントの目的や組織に対しての目標を明確にすることもミドルマネジメントの育成にとっては重要なポイントです。当事者がミドルマネジメントとしての目標や目的を明確にすることで成長イメージを描きやすくなるでしょう。

また、目標や目的は短期・長期の分類をする方法が良いといえます。曖昧な期間での目標ではなく期間をしっかりと設定することで一連の流れを作ることができるのと同時に目標や目的を達成した達成感を味わうことができます。

企業にとって鍵を握る存在にであるミドルマネジメントにとって達成感を得ることができるか否かは非常に重要なポイントです。仕事に対する達成感を得ることができる為にも数字や根拠を明確にした上で短期的、長期的な目標や目的の設定を行うと良いでしょう。

ミドルマネジメントは重要なキーとなる存在

ミドルマネジメントは重要なキーとなる存在

ミドルマネジメントは組織にとって必要不可欠な存在です。その為に重要なキーパーソンのポジションでもあるのです。その為に、ミドルマネジメントは自身の役割をしっかりと理解しするのと同時にトップ層は働きやすい環境の構築を共同で行うことが結果的に組織の団結力や成長、一体感を生む要因となるでしょう。

最新情報をチェックしよう!