サテライトオフィスとは?種類別にメリットを紹介!

サテライトオフィスとは

サテライトオフィス,とは

サテライトオフィスとは、オフィス形態の一つで会社の本拠地とは別の場所に拠点を設置するオフィス形態です。サテライトの由来としては、「会社の本拠地を中心としその周りにサテライト(衛星)のように存在するオフィス」という意味からサテライトオフィスと呼ばれています。

「支社」との違い

サテライトオフィスと似たオフィス形態として「支社」があります。支社との違いとしては、組織として業務を行うことを目的としているために会社や組織としての機能を備えているのに対し、サテライトオフィスは、「多様な働き方に対応するために必要最低限の設備を備えているオフィス形態」です。

そのために、支社とサテライトオフィスは本拠地以外のオフィスとしては同意ですが、設置目的の意味で少し異なるでしょう。また、支社よりも規模が小さいものがサテライトオフィスである場合が多いとも言えます。

サテライトオフィスの種類

種類,サテライトオフィス

サテライトオフィスの中には、「都市型サテライトオフィス」、「郊外型サテライトオフィス」、「地方型サテライトオフィス」の3つに大きく分類することができます。ここでは、それぞれの特徴について紹介します。

また、都市型・郊外型の場合には、さらに「職住近接型」、「顧客近接型」、「シェア型」に細かく分類することができます。

都市型サテライトオフィス

都市型サテライトオフィスとは、都市部に営業活動や、作業する為に帰社することなく仕事ができる為に置かれるサテライトオフィスを指します。

営業先から本社へ戻る移動よりも都市型サテライトオフィスがあることにより移動時間を削減できるなどのメリットを期待することができます。

また、地方に本社を構える企業が都市部に営業活動やプロモーションを行う拠点として設置することもあると言えます。

郊外型サテライトオフィス

郊外型サテライトオフィスとは、ベッドタウンをはじめとした郊外にサテライトオフィスを構えることを指します。

郊外型サテライトオフィスを設置することでベッドタウンから通勤する通勤時間を短縮できる点や、育児や介護との両立などのワークライフバランスを充実させることを期待することができるでしょう。

地方型サテライトオフィス

地方型サテライトオフィスとは、地方でアルカラのメリットを活かす為に、地方にサテライトオフィスを構えることを指します。

地方型サテライトオフィスを設置することで都市部には少ない自然に囲まれた環境で仕事ができることや、地方にオフィスを設置することでのBCP対策も行うことができると言えます。

サテライトオフィスの契約形態

契約形態,サテライトオフィス

サテライトオフィスには、大きく分類すると2つの契約形態に分類することができます。ここでは、2つの契約形態「専用型」、「共用型(シェア型)」について紹介します。

専用型

専用型とは、企業が従業員のために自社専用で設置するサテライトオフィスです。従業員のみが利用することができる為にセキュリティ面などは安心して利用できると言えるでしょう。

また、専用型のサテライトオフィスが存在することで会議や作業する場所の選択肢が増えることは時間や場所にとらわれずに仕事ができるといったメリットもあるといえます。

共用型(シェア型)

共用型とは、1つの企業でサテライトオフィスを設置するのではなく、1つのサテライトオフィスの中に複数の個人や組織、会社が存在するサテライトオフィスのことを指します。

サテライトオフィスを設置する企業のメリット

メリット,サテライトオフィス

ここでは、企業が実際にサテライトオフィスを置くことでどのようなメリットを期待できるでしょうか?ここでは期待することのできるメリットについて紹介します。

都市型・郊外型サテライトオフィスの場合

都市型・郊外型サテライトオフィスの場合には、以下のメリットに期待することができるでしょう。

  • 通勤時間・移動時間の削減により、効率化、生産性の向上
  • 交通費をはじめとした費用の削減
  • 育児や介護と仕事との両立の実現

生産性の向上

都市型・郊外型サテライトオフィスを設立することで従業員の移動時間を短縮することができるなどの移動時間・通勤時間を大幅に短縮できることができるでしょう。

また、移動時間や通勤時間が大幅に短縮できるおかげで短縮した時間を仕事に充てることができ、1日の労働時間も減少させることが可能にすることができるとも言えます。

コストの削減

都市型・郊外型サテライトオフィスを設立することで支社を設立するよりも費用を抑えオフィスを開設することができると言えるでしょう。また、通勤時間・移動時間が大幅に短縮できる為に交通費などの費用も抑えることができます。

育児や介護との両立

主に職住近接型サテライトオフィスを設置することで通勤時間を削減することができ、育児や介護との両立の実現、ワークライフバランスの充実を期待することができるでしょう。

育児や介護を生活の中心に置くことができるライフスタイルには、職住近接型サテライトオフィスのようなフレキシブルな働き方が適しているとも言えます。

地方型サテライトオフィスの場合

地方型,サテライトオフィス

都市型や郊外型ではない地方型の場合には、どのようなメリットに期待することができるでしょうか?ここでは、地方型サテライトオフィスを設置することで発生するメリットについて紹介します。

人材の確保

地方の地域にオフィスを設置することでアプローチする人材の幅を広げることができるでしょう。その為に、地方から出ることのできない眠った優秀な人材などの獲得も期待することができます。また、人材の確保だけではなく新しい顧客へのアプローチも可能になると言えるでしょう。

地方創生

地方型サテライトオフィスを設置することで東京の一極集中する人口増加により、地方の人口減少に歯止めを効かせることが少しでもできるでしょう。

また、自然に囲まれた環境で仕事をすることで、ストレスからの解放や気分転換もしやすい環境づくりもすることが容易になると言えるでしょう。

BCP対策

自然災害などの緊急時に本社が機能不可能になった場合に地方にサテライトオフィスを設置しておくことで事業の機能バックアップとなり、会社全体の機能が停止するなどのリスクを回避することができます。

サテライトオフィスの企業事例

企業,サテライトオフィス

ここでは、サテライトオフィスを実際に設置している企業について紹介します。

「@terrace」日立グループ

日立グループは、東京八重洲に「@terrace」を2017年に設置しました。日立グループ全従業員が利用可能であり、最新のAI製品やIT機器を導入しているなど環境が整っているサテライトオフィスです。

また、社内外で61拠点のサテライトオフィスが設置されており、従業員の働きやすさやIT環境を完備し、従業員の時間を効率的に活用し最大限の成果をあげることを目的としています。

「Sansan神山ラボ」Sansan株式会社

Sansan株式会社では、徳島県神山町に「Sansan神山ラボ」を設置しました。地方型のサテライトオフィスを設置したことで職住近接型を築くことができ、メリットを発生することを成功させている企業の1つです。

サテライトオフィスによる働く場の多様化

サテライトオフィス

サテライトオフィスを設置することで働く場所が1つではなくなることになるでしょう。これは、働き方が多様化している現在に沿った形のオフィス形態であると言えるでしょう。

また、サテライトオフィスを設置することで期待することのできるメリットを把握し知識としてサテライトオフィスを知りましょう。

最新情報をチェックしよう!